2017/09/07

【演劇】痛ましいアル中共依存夫婦がつかむハッピーエンド 「喝采」加藤健一事務所

 以前に牛先生がぽん太に勧めていた「加藤健一事務所」の芝居を観てきました。演目は「喝采」です。

 下北沢の本多劇場に足を踏みいれたのは何十年ぶりでしょうか。なつかし〜な〜。こんなに小さかったっけ。ぽん太が大きくなったのか? んなわけないhappy01

 ちょっとふっくらした竹下景子さんを久々に見れて嬉しかったです。加藤健一以下、みな芝居がうまいですね〜。大和田伸也のバスのきいた声も、芝居に彩りを与えてました。

 上演時間は、休憩15分をはさんで2時間40分の長丁場。
 前半は、かつての名優・現在はアル中のダメダメ男のフランク(加藤健一)と、なんとか彼が自信を取り戻して立ち直れるようにと甲斐甲斐しく尽くす妻のジョージー、フランクの嘘を信じ込んでジョージーがフランクをダメにしていると思い込んでいる演出家のバーニーの、3人のやりとりが中心。
 なんか典型的なアル中の家庭というか、教科書に載っているようなどろどろの共依存の関係を見ているようで、精神科医のぽん太にはちょっと疎ましかったです。なんか、休日にまでこんなの見たくない。

 後半はちょっと笑いも織り込んだりして、最後はフランクがブロードウェイで喝采をあびるというハッピーエンド。
 まあ、結果としてうまくいったからいいけど、普通はフランクとジョージーはずるずると滑り落ちていって、最後には離婚というパターンだよな〜などと思いました。

 しかし舞台としてはとっても楽しめました。繰り返しになるけど一人ひとりの俳優さんの演技が素晴らしかったです。ぽん太が普段見ている野田秀樹の芝居とはまったく異なるセリフ劇で、世の中にはいろいろな芸術活動をしているひとたちがいて、それぞれにファンがついてるんだな〜などと思いました。

 ストーリーとしては、前半はバーニーの視点からジョージーを悪者に描いておいて、後半で「実ハ」にしたら盛り上がるんじゃないかと思いましたが、歌舞伎の見過ぎか?
 実際は、フランクのために尽くしているのに、フランクの嘘を信じたバーニーに悪者扱いされるジョージーの気持ちが見所になるんでしょうけど、だとするとジョージー役の竹下景子はちょっと優しすぎたか。もっと暗さもある女優さんがよかったのかもしれません。

 ぽん太はジョージーの振る舞いを、フランクとの「共依存」における「アル中の妻」と感じたのですが、にゃん子から見ると、「夫のために献身的に尽くす妻のおかげで、ようやく幸せを得られた」と受け止めているようでした。見る人によって受け止め方はさまざまですね。

 ぽん太としては、演劇において「共依存」が描かれていることに興味を感じたので、作者のクリフォード・オデッツについてウィキペディアで調べて見ると、クリフォード・オデッツ(Clifford Odets、1906年 - 1963年)は、アメリカ合衆国のユダヤ人劇作家。スタニフラフスキー・システムを取り入れた進歩的俳優集団のグループ・シアターに参加。1934年にはアメリカ共産党に加わり、劇作家に転じて社会主義的の作品を発表。
 をを、なんとフランシス・ファーマーと一時不倫関係にあったと書いている。映画『女優フランシス』の主人公の、精神障害になってロボトミーをされたとかされてないとかいう女優ですね。年代を見比べると、精神医療施設に強制収容される以前のようですね。

 こんかいの舞台の原作は、1950年に初演されたThe Country Girl。1954年に同じタイトルで映画化され、グレイス・ケリーがジョージーを演じて評判になったようです。この映画が日本で公開された時のタイトルが「喝采」だったんですね。

 ところで、アルコール依存症の医療の歴史ってどうなってるんでしょう。共依存やアルコール依存者の妻といった概念はいつ頃確立したのでしょうか。ぽん太は残念ながらよく知りません。ぐぐってみると、AA(アルコール・アノニマス)は1935年にアメリカでできたようですね。そのうちアルコール依存症治療の歴史をみちくさしてみたいと思います。

 そういえばフランシス・ファーマーは、オデッツと不倫関係にあった少し後から、ひょとしたら同じ頃から、酒に溺れていったわけで、「喝采」が作られた1950年は奇しくもファーマーが精神医療施設から7年ぶりに退院した年。この劇のテーマとなんらかの関係があるかもしれません。
 


加藤健一事務所 vol.99
「喝采」

「喝采」加藤健一事務所公演情報

作:クリフォード・オデッツ
訳:小田島恒志、小田島則子
演出:松本祐子

下北沢・本多劇場

加藤健一
竹下景子
浅野雅博(文学座)
林次樹(Pカンパニー)
寺田みなみ
山路和宏(青年座)
大和田伸也

美術 乘峯雅寛
照明 古宮俊昭
音響 青蔭佳代
衣裳 竹原典子
ヘアメイク 馮啓孝
舞台監督 笹原久義

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/08/25

【バレエ】中身のぎっしり詰まった贈り物 《ルグリ・ガラ〜運命のバレエダンサー〜》 Bプログラム

 日本のバレエファンに愛され続けるマニュエル・ルグリ。今回の舞台は、芸術監督を務めるウィーン国立バレエ団に加え、英国ロイヤルのヌニュス、ムンタギロフ、ボリショイのスミルノワ、チュージン、そしてパリオペ元エトワルのゲランや、盟友のパトリック・ド・バナ、スペインのエレナ・マルティンなど、若手から錚々たる面々までを率いてのガラ公演でした。
 しかも全部で16演目。いつもより早い18:30開演で、一回の休憩を挟んで、終了が22:00!見応えがありました。ほとんど寝ずにhappy01見ることができました。

 まずはしばらくルグリと仲間たちの練習風景やステージの動画が流れてから、公演が始まります。一つひとつの演目の前に、プロジェクターで演目やダンサーの案内が表示されるという仕組み。普通は公演が始まると暗くてチラシが見えないので、何て演目で誰が踊ってるのかわからくなったりすることが多いので、ありがたいです。ただ、演目案内のときの打楽器を使った激しい音楽は、なんだか格闘技のイベントの選手紹介みたいで、ちょっと違和感を持ちました。

 さて、感想ですが……ううう、演目が多すぎて、ひとつ一つをよく覚えてないweep。印象だけを書きます。

 『エスメラルダ』は、ナターシャ・マイヤーがとっても顔が小さくて、キュートでした。

 『I have been kissed by you...』は、幕が開くと、恰幅のいい怖〜いオバさんが、ゴージャスな衣装を着てポーズをとってます。初めて見ましたが、この人がエレナ・マルティンとのこと。しばらくすると、スカートの裾から手がニュ〜っと伸びて来て、バナがあわられるという趣向。あまり踊りらしい踊りはなく、バナが舞台とオケピの境に腰掛けたり。そのうちオケピの方に降りようとし始めたのでびっくりしたら、ちゃんと蓋がしてあった様子。当たり前か。天井からいくつもの椅子が吊り下げられたセットも悪くなかったです。
 切れ目なく『...Insede the Labyrinth of Sollitude』に移行。ダンサーはジェロー・ウィリック。怪我のため来日できなくなったダヴィデ・ダトの代役ですが、これがとってもよかった。体がよく動いて踊りそのものもうまかったけれど、勢いと若々しさが感じられました。何回も続いたカーテンコールは、「代役お疲れさん」という意味ではなく、すばらしい踊りに感動してのものだったと思います。ぽん太が彼の踊りを見るのは初めて。今後が期待できます。
 バナの振り付けもよかった。なんかドラマというか、物語性が出てきましたね。

 『海賊』はルグリの振り付け。会場の入り口でもらったチラシの中に、来年ウィーン国立バレエがルグリ版「海賊」全幕をやるという情報がありました。見に行きたいです。本日は第2幕のアダージョで、例の有名なやつではないので、元々の振り付けがどうだったかよくわからず、比較ができませんでした。
 ポラコワは東洋っぽい体の動きもあって良かったですが、チェリェヴィチコと間が合わなかったのか、ちょっとリフトがもたついてる気がしました。

 『Whirling』は黒い衣装で踊ったやつだっけ、悪くはなかった気がするけど、あまり覚えてにゃい。

 『Movements of the soul』を自ら振り付けて踊ったニキーシャ・フォゴは、ちょっと黒人の血が入った感じですが、ぐぐってみるとスウェーデンの生まれらしい。ぽん太は初めて見ました。キュートでコミカルな振り付けが、彼女の雰囲気に似合ってました。

 『ジゼル』はヌニュス、ムンタギロフの英国ロイヤル・ペア。ヌニュスのジゼルは、非人間的な妖精という感じではなく、深い悲しみを抱いているように見えました。

 ついでスミルノワ、チュージンのボリショイ・ペアによる『ファラオの娘』。これはもう落ち着いて見てられますな。

 第一部の〆はゲランとルグリの『ランデヴー』。よくわかりませんが、昔の恋人同士の久々の出会い、みたいなローラン・プティらしい悲哀とペーソスを感じる踊り。ゲランとルグリ、素晴らしとしか言いようがありません。この表現力は、歳をとって衰えるどころか、ますます円熟味を増している感じ。

 『タランテラ』はフォゴとウィリックた楽しくリズミカルに踊りました。テクニックもばっちし。

 マイヤーとフェイフェルリックが、後半ではコンテ作品の『Mozart à é」を踊りましたが、振り付けがあまり面白くなかったです。

 ゲランとルグリの『フェアウェル・ワルツ』は以前に世界バレフェスで見たようですが、今回も堪能。男女の恋の様々な駆け引きと感情の動きを、大人の踊りで見せてくれました。

 『白鳥の湖』から黒鳥のグラン・パ・ド・ドゥは、なんと1964年ウィーン版のヌレエフ振り付け!先日の「バレエ・スプリーム」で、後のバ・ド・トロワ版のヌレエフ振り付けを見ましたから(ロットバルトがいなかったけど)、これで新旧ふたつのヌレエフ版を見れたことになります。
 ポラコワは悪くなかったですが、ちょっと可愛らしい振付のヌレエフ版よりも、普通のプティパ=イワーノフ版の妖艶な黒鳥の方があってるかも。32回転もバランス崩してちょっと短めでしたかね。チェリェヴィチコは背が低めで、ポラコワの王子役はちょっと気の毒。ジャンプの大きさも感じられませんでした。ヌレエフ版は、ポーズや線の美しさがないと難しいですね。

 『Factum』は、マルティンのフラメンコ的な動きと、バナ独特の動きとの、コラボが面白かったです。

 スミルノワとチュージンの『ジュエルズ』より”ダイヤモンド”は、安心して見れましたが、ちと疲れてきて眠くなってしまいました。

 前半で悲しみをたたえた『ジゼル』を踊ったヌニュスが、今度は『ドン・キホーテ』。スペイン的な突き抜けた明るさはないけど、元気で可愛らしい感じ。グラン・フェッテで4回転入れてなかった?

 オオトリはルグリの『Moment』。舞台上のピアノの生演奏をバックにした踊り。最初は太極拳みたいな動きから始まりました。ルグリの表現力のある動きが、ブゾーニ編曲のバッハとよく合ってました。滝澤志野のピアノも、音楽のタメ具合など、とてもルグリと息があってましたが、あとでチェックしたらウィーン国立バレエ団の専属ピアニストとのこと。う〜ん、息があってるわけです。

 3時間があっという間。最後は会場全体がスタンディング・オベーション。ルグリもいつまで踊ってくれるかわからないし…。中身がぎっしり詰まった贈り物だったな〜などと思いながら、猛暑のなか帰途につきました。

《ルグリ・ガラ〜運命のバレエダンサー》
2017年8月23日
東京文化会館

公式サイト

Bプログラム

1)『エスメラルダ』
  音楽:C.プーニ
  振付:M.プティパより
  出演:ナターシャ・マイヤー、ヤコブ・フェイフェルリック

2)『I have been kissed by you…』
  音楽:M.リヒター
  振付:H.マルティン、P.d.バナ
  出演:エレナ・マルティン、パトリック・ド・バナ

 『…Inside the Labyrinth of solitude』
  音楽:T.ヴィターリ
  振付:P.d.バナ
  出演:ジェロー・ウィリック

3)『海賊』第2幕よりアダージョ
  音楽:L.ドリーブ
  振付:M.ルグリ
  出演:ニーナ・ポラコワ、デニス・チェリェヴィチコ

4)『Whirling』
  音楽:P.グラス
  振付:A.ルカーチ
  出演:ニーナ・トノリ、ジェームズ・ステファン

5)『Movements of the Soul』
  音楽:バルバトューキ、K.ディクソン、M.スタイン
  振付:ニキーシャ・フォゴ
  出演:ニキーシャ・フォゴ

6)『ジゼル』
  音楽:A.アダン
  振付:J.ペロー/J.コラリ
  出演:マリアネラ・ヌニェス、ワディム・ムンタギロフ

7)『ファラオの娘』
  音楽:C.プーニ
  振付:P.ラコット
  出演:オルガ・スミルノワ、セミョーン・チュージン

8)『ランデヴー』
  音楽:J.コスマ
  振付:R.プティ
  出演:イザベル・ゲラン、マニェル・ルグリ

9)『タランテラ』
  音楽:L.M.ゴットシャルク
  振付:G.バランシン
  出演:ニキーシャ・フォゴ、ジェロー・ウィリック

10)『Morzart à 2』より
  音楽:W.A.モーツァルト
  振付:T.マランダン
  出演:ナターシャ・マイヤー、ヤコブ・フェイフェルリック

11)『フェアウェル・ワルツ』
  音楽:F.ショパン、V.マルティノフ
  振付:P.d.バナ
  出演:イザベル・ゲラン、マニュエル・ルグリ

12)『白鳥の湖』より黒鳥の
  グラン・パ・ド・ドゥ
  音楽:P.I.チャイコフスキー
  振付:R.ヌレエフ(1964年ウィーン版)
  出演:ニーナ・ポラコワ、デニス・チェリェヴィチコ

13)『Factum』
  音楽:K.コルホー
  振付:H.マルティン、P.d.バナ
  出演:エレナ・マルティン、パトリック・ド・バナ

14)『ジュエルズ』より“ダイヤモンド”
  音楽:P.I.チャイコフスキー
  振付:G.バランシン
  出演:オルガ・スミルノワ、セミョーン・チュージン

15)『ドン・キホーテ』
  音楽:L.ミンクス
  振付:M.プティパ
  出演:マリアネラ・ヌニェス、ワディム・ムンタギロフ

16)『Moment』
マニュエル・ルグリ ソロ
(世界初演)
  音楽:J.S.バッハ/F.ブゾーニ
  振付:N.ホレツナ
  出演:マニュエル・ルグリ
  ピアノ:滝澤志野

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/08/23

【スイーツ】濃厚な抹茶パフェ 茶寮翠泉・高辻本店(京都市)

Img_5419
 5月の奈良・京都旅行の〆はスイーツで。こんかい選んだのは茶寮翠泉(さりょうすいせん)。高辻本店にお邪魔しました。公式サイトはこちら、食べログはこちらです。

Img_5425
 繁華街から少し離れたところにありますが、前の道路の交通量はけっこうあり、静かな雰囲気ではありません。ちょっと古めのビルの一階に入っておりますが、外観は京町家風、内装は和モダンといった感じ。

Img_5418
 ぽん太は狙いの抹茶パフェを選択。「翠泉パフェ」という名前です。
 抹茶味のどら焼きやフリアン、わらび餅など、このお店で出している抹茶スイーツがほとんど乗った一品です。
 しかも、抹茶味がかなり濃厚。こりゃ抹茶好きにはたまりませんな。

 にゃん子は冒頭の写真の生抹茶ゼリーアイスを選択。こちらは抹茶味の蜜をかけていただきます。ひと口もらったら、美味しかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/08/20

【仏像】ちとインドっぽい美仏の如意輪観音様/願徳寺(京都)

Img_5413

 美仏の国宝・如意輪観音で有名な願徳寺は、京都の西のはずれにある小さなお寺で、道路も細くて行きにくいです。観光客でごった返す市内とはまったく異なる静寂に包まれています。門も閉ざされており、通用口のインタホンで拝観を申し出ると、住職さんが扉を開けてくれます。


【寺院名】天台宗 仏華林山 宝菩提院 願徳寺
【公式サイト】公式サイトは見つからないので、京都観光NAVIのページにリンクしておきます。
kanko.city.kyoto.lg.jp
【住所】京都府京都市西京区大原野南春日町1223-2
【拝観】2月以外は拝観可だが、住職さんがいないと閉まってたりするようなので、事前連絡が無難。拝観料500円。
【仏像】
・如意輪観世音半跏像(木造菩薩半跏像) カヤ一木造 素地 像高88.2cm 平安時代前期 貞観時代 国宝! 写真は上記の京都観光NAVIに小さめだけどあり。
・木造薬師如来立像 木造漆箔 像高110.3cm 平安時代後期 藤原時代 重要文化財 写真


 如意輪観音さまは上の写真の本堂(=収蔵庫)に安置されております。
 いつもの六臂で立膝に頬づえをついたお姿とは異なり、二臂で、右足を下ろした半跏踏下坐(はんかふみさげざ)、というか、左足も組んでないので遊戯坐(ゆげざ)と言うのか、とにかくゆったりとして座り方です。ちょっとバタ臭いお顔で、衣紋がまるでバラの花びらのように渦を巻いていて、全体にインドっぽい雰囲気。目に黒い石が埋め込まれているのも珍しいです。表情は精悍で厳しい感じに見えるのですが、試しに天井のライトを消してみると、とっても柔和で慈悲深いお顔になります。
 このようなお姿でも如意輪観音なんかいな?と思ってぐぐってみると、石山寺の秘仏の如意輪観音が、同じように二臂で遊戯坐のようです。

 薬師如来さまの方は、衣紋が古風な印象で、生粋の日本の仏様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/08/19

【仏像】丈六の阿弥陀如来、珍しい四臂の坐像の十一面観音、ヨボヨボの僧形文殊菩薩など/法金剛院(京都)

Img_5410

 5月下旬、ぽん太とにゃん子は洛西にある法金剛院に行きました。
 法金剛院は仏像だけでなく、庭園でも有名なようです。平安末期の池泉回遊式浄土庭園で、蓮の花の時期は参拝客で賑わうようですが、この時期は花菖蒲が見頃でした。

【寺院名】律宗 五位山 法金剛院
【公式サイト】なさそうなので、京都観光Naviのページにリンクしておきます。
kanko.city.kyoto.lg.jp
【住所】京都府京都市右京区花園扇野町49
【拝観】年末を除き毎日拝観可能。拝観料500円。
【仏像】
・本尊・阿弥陀如来(木造阿弥陀如来坐像) 坐高2.27m 平安後期 重要文化財 写真
・僧形文殊菩薩 一木造 平安時代 重要文化財 写真
・地蔵菩薩(金目(かなめ)地蔵菩薩) 一木造 平安時代 重要文化財 写真
・十一面観世音菩薩(厨子入木造十一面観音坐像) 鎌倉時代 重要文化財 写真

Img_5411
 こちらが法金剛院の境内です。こじんまりと落ち着いた雰囲気ですね。

Img_5405
 仏像はこちらの収蔵庫に祀られております。

 ご本尊の木造阿弥陀如来坐像は、丈六の大きな仏様。いわゆる定朝様で、古くは平等院・法界寺とともに定朝の三阿弥陀といわれていたそうです。平等院の阿弥陀様と比べると、ちょっとずんぐりむっくりした感じ。顎が玉のように丸くなってます。台座の蓮の花弁に細かい装飾が施されています。

 十一面観音様は、お座りになっており、腕は4本という珍しい像容。端正ですっきりしたお姿で、細かく作り込まれた光背や、身にまとった装飾品がとても繊細で美しいです。厨子(これも重文)に描かれた絵もすばらしく、作られた当初はさぞかし見事だったことでしょう。

 僧形(そうぎょう)文殊菩薩も、僧の姿をした年老いてヨボヨボの文殊菩薩で、ちょっと見たことないお姿です。首のあたりのスジスジが凄いです。供を従えて意気揚々と布教のために海を渡っていた若き文殊菩薩も、年取ってこんな姿になってしまったのか、という感じ。ウィキペディアによると、禅宗では剃髪して座禅をした姿の文殊菩薩がまつられるそうですが、このお寺は律宗だし。なんだかぽん太にはよくわかりません。
 

Img_5406
 収蔵庫の奥の建物に安置された地蔵菩薩さまは、秘仏で通常は非公開ですが、たまたま(?)公開しいて、参拝することができました。目に金箔が貼られていたことから、金目(かなめ)地蔵と呼ばれるそうです。
 ちょっとずんぐりして、様式的な衣紋に古さが感じられるお地蔵様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«【仏像】快慶作十大弟子。定慶の六観音像もすばらしい/千本釈迦堂大報恩寺(京都)