2018/02/09

【バレエ】なんか感動!コジョカル/トルーシュ、ノイマイヤー「椿姫」ハンブルク・バレエ団2018年来日公演

 うんにゃ〜、素晴らしかったです。
 「椿姫」の全幕は、以前にパリ・オペラ座の来日公演で観て感動しましたが、本場ハンブルクのはさらに凄いですね〜。劇的表現が半端なく、観ていて感情が揺さぶられます。思わず目がうるうるしてしまいました。

 コジョカル、お顔が可愛らしい上に、踊りもうまいし、演技力も抜群。イギリスで鍛えられた演技力に、さらに磨きがかかった感じ。例えば最後の方で、もはや関係が悪化したアルマンと出会って、アルマンが腰をかがめるシーン。マルグリットは目の前にある愛するアルマンの髪に思わず手を伸ばしますが、髪に触れた瞬間、はっと気づいて手を引っ込めます。こうした小さな演技に、ぽん太の胸は締め付けられ、目からは涙ぼろぼろです。

 対するアルマン役のアレクサンドル・トルーシュは、コジョカルと比べるとちょっと物足りなかったです。ガラで黒のパ・ド・ドゥだけ観たとしたら、もっとこってりと踊って欲しいと思ったでしょうけど、全幕で観ると、若くてウブでまっすぐな青年というキャラクターで、これはこれで悪くないのかもしれません。

 リアブコとアッツォーニ、「マノン・レスコー」の劇中劇で頑張っておりました。ちょっとおどろおどろしい感じの踊り方で、良かったです。

 ハンブルク・バレエ団は主役だけでなく、コールドに至るまで全員が、常に感情を意識して踊っている気がします。踊りが言葉のように思えます。

 ノイマイヤーの振り付けも、言うまでもなく素晴らしかったです。例えば第1幕は、オケは、ショパンのピアノ協奏曲第2番を全楽章通して演奏しているだけですが、それが椿姫のストーリー展開に当てはまっていて、さらに音楽の細かいニュアンスが登場人物の気持ちの微妙な変化に対応していて、それが振り付けで表現されている、そんなことがなぜ可能なのか、ぽん太にはまったく理解できませんた。
 一方で、アルマンの父親がマルグリットに別れて欲しいという重々しい場面では、明るく愛らしいプレリュード第17番が使われたりして、裏をかかれたりしました。
 「一夜の代金」を、オペラみたいに舞台の中央で叩きつけたりしないところもいいですね。アルマンからそっと封筒を受け取ったマルグリットが、愛する彼がどんな手紙をくれたんだろうかと気が急いて、指を震わせながら封筒を開けて手紙を読もうとしている様子も泣けました。

 「椿姫」のアレクサンドル・デュマ・フィスの原作と、ヴェルディのオペラ、ノイマイヤーのバレエなどの関係については、以前の記事(【バレエ】デュポン/モロー「椿姫」パリ・オペラ座バレエ団)で触れました。

 使われている曲はWikipediaに出てますね。第3幕で使われてた聞いたことのないオケとピアノの曲、「ポーランド民謡による大幻想曲イ長調」ですか。

「椿姫」
アレクサンドル・デュマ・フィスの小説に基づく

2018年2月8日
東京文化会館

音楽: フレデリック・ショパン
振付・演出: ジョン・ノイマイヤー
美術・装置: ユルゲン・ローゼ 

NBS公式サイトの公演案内

◆主な配役◆
マルグリット・ゴーティエ:アリーナ・コジョカル(ゲスト・アーティスト)
アルマン・デュヴァル:アレクサンドル・トルーシュ
ムッシュー・デュヴァル(アルマンの父):カーステン・ユング

マノン・レスコー:シルヴィア・アッツォーニ
デ・グリュー:アレクサンドル・リアブコ

プリュダンス:菅井円加
ガストン・リュー:ヤコポ・ベルーシ
オランプ:フロレンシア・チネラート
公爵:ダリオ・フランコーニ
伯爵N:コンスタンティン・ツェリコフ
ナニーヌ(マルグリットの侍女):パトリシア・フリッツァ

演奏:東京フィルハーモニー交響楽団
指揮:マルクス・レーティネン
ピアノ:ミハル・ビアルク、オンドレイ・ルドチェンコ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/02/08

【オペラ】楽しいけれどもどことなく既視感が……「こうもり」新国立オペラ

 新国立の「こうもり」、ぽん太はこのプロダクションは4回目の鑑賞。楽しくて流麗な素晴らしいオペレッタだけど、ちょっと飽きてきた感があります。
 歌手も同じ人が多いし……。アイゼンシュタインのアドリアン・エレート、アデーレのジェニファー・オローリン、ファルケ博士のクレメンス・ザンダー、アルフレードの村上公太、ブリント博士の大久保光哉と、みな前回と同じ。フロッシュはフランツ・スラーダが戻ってきました。指揮のアルフレート・エシュヴェも前回と同じ。
 もちろん皆わるくはないんだけど、でもちょっと変えて欲しい気もしました。

 新しいところでは、ロザリンデのエリーザベト・フレヒルが、オーストリア生まれでウィーン・フォルクスオーパーで歌ってるだけあって、歌も演技も素晴らしかったです。チャールダーシュも堂々としておりました。先日「薔薇の騎士」でオクタヴィアンを歌ったステファニー・アタナソフが、オルロフスキー公爵。なかなかの美形でしたが、絶対笑わない変人の暴君ぽさには少し欠けました。フロッシュのフランツ・スラーダは悪くはありませんが、特に印象が残りませんでした。
 
 個人的には、可愛らしくて、歌も演技も愛嬌たっぷりのジェニファー・オローリンのアデーレが気に入りました。
 
 とはいえ、一年の幕開けを大いに楽しむことができました。


オペラ「こうもり」/ヨハン・シュトラウスⅡ世
Die Fledermaus / Johann Strauss II

2018年1月28日
新国立劇場、オペラパレス

新国立劇場公式サイトの公演情報

指 揮:アルフレート・エシュヴェ
演 出:ハインツ・ツェドニク
美術・衣裳:オラフ・ツォンベック
振 付:マリア・ルイーズ・ヤスカ
照 明:立田雄士
再演演出:アンゲラ・シュヴァイガー
舞台監督:髙橋尚史

ガブリエル・フォン・アイゼンシュタイン:アドリアン・エレート
ロザリンデ:エリーザベト・フレヒル
フランク:ハンス・ペーター・カンマーラー
オルロフスキー公爵:ステファニー・アタナソフ
アルフレード:村上公太
ファルケ博士:クレメンス・ザンダー
アデーレ:ジェニファー・オローリン
ブリント博士:大久保光哉
フロッシュ:フランツ・スラーダ
イーダ:鵜木絵里

合唱指揮:三澤洋史
合 唱:新国立劇場合唱団
バレエ:東京シティ・バレエ団
管弦楽:東京交響楽団

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/01/27

【歌舞伎】新染五郎の義経がいいね。2018年1月歌舞伎座夜の部

 一月の歌舞伎座は、白鵬、幸四郎、染五郎の三大襲名疲労公演。ぽん太とにゃん子は夜の部を観劇。
 ちっちゃかった金太郎くん、いつの間にか大きくなりました。でも先日見たテレビでは、仏像フィギュアを集めていて、吉本新喜劇で乳首ドリルが人気の吉田裕のファンで、家で紙で舞台背景を作って人形を並べて劇を演じるのが趣味など、ちょっと変な人のようです。
 かなり細面でひょろっとしていて、これまでの高麗屋と違う雰囲気の役者になりそうです。今後が楽しみですね。

 さて、最初の演目は、「双蝶々曲輪日記」の「角力場」。愛之助が山崎屋与五郎と放駒長吉の二役を演じました。なんか愛之助のつっころばしは、なよなよした可愛らしさよりも、滑稽さが優っていて、なんかヘンなヤツでした。笑いましたけど。

 口上は、参加者(?)が多かった上、三人そろっての襲名だったせいか、面白い話を披露する人が少なかったのがちと残念。録音が入っていたので、よけいに変なことを言いづらかったのかもしれません。左団次と東蔵が、白鴎と同じ小学校出身という話で盛り上がってました。

 「勧進帳」は、幸四郎の弁慶に、染五郎の義経。幸四郎は、荒事っぽい豪放さがついてきましたね〜。お父さんの、まるで呪文のような節回しやねちっこい演技とは違って、すっきりとストレートな演技でした。弁慶の気迫と緊迫感は伝わってきましたが、もう少し様式性がってもいいような気も。最後の幕外では、観客席に向かってのお辞儀(?)を浅くして、拍手が起きないようにしてました。以前に地方公演で見た白鴎の弁慶で、観客の手拍子に合わせて飛び六方で引っ込んだのを思い出しました。
 義経の染五郎、白塗りするとなかなかの美形です。育ちのよさに変な人系のおっとりさが加わって、高貴さがあります。さらにはかなさが漂い、判官御手の哀しさなど、素晴らしい義経でした。
 吉右衛門の富樫にはただただ脱帽。細かい演技が素晴らしいです。例えば「こは先達の荒けなし」での泣き出しそうな表情。幸四郎の打擲はいまいち迫力がありませんでしたが、吉右衛門の表情から、いかにそれが激しいものであったかが推測されました。そのあと涙を隠して引っ込むまでの一連の演技も、主君を打つ弁慶、打たれる義経に対する思い、義経一行を見逃すことで当然自分は切腹することになるという決意など、様々な思いが見て取れました。
 四天王が鴈治郎、芝翫、愛之助、歌六というご馳走。
 長唄の里長が元気がなく心配。「判官御手」も他の人でした。でも里長が唄った「実に実に」の節回しには聴き惚れました。

 最後は踊りで明るくめでたく締めました。
 「相生獅子」では孝太郎がのキビキビした踊りが相変わらず素晴らしい。
 「三人形」は「古風」な踊りだそうで、「丹前六方」という動きがあるらしいけど、よくわからず。又五郎のタップダンスのような踊りが面白かったです。


  歌舞伎座百三十年
  松本幸四郎改め 二代目 松本白 鸚
  市川染五郎改め 十代目 松本幸四郎 襲名披露
  松本金太郎改め 八代目 市川染五郎

壽 初春大歌舞伎

歌舞伎座
平成30年1月24日

公式サイト
http://www.kabuki-bito.jp/theaters/kabukiza/play/541


夜の部

一、双蝶々曲輪日記(ふたつちょうちょうくるわにっき)
  角力場

  濡髪長五郎  芝翫
  藤屋吾妻  七之助
  仲居おたけ  宗之助
  茶亭金平  錦吾
  山崎屋与五郎/放駒長吉  愛之助


   二代目松本白 鸚
二、十代目松本幸四郎 襲名披露 口上(こうじょう)
   八代目市川染五郎

  幸四郎改め白鸚
  染五郎改め幸四郎
  金太郎改め染五郎
  幹部俳優出演


三、歌舞伎十八番の内 勧進帳(かんじんちょう)

  武蔵坊弁慶  染五郎改め幸四郎
  源義経  金太郎改め染五郎
  亀井六郎  鴈治郎
  片岡八郎  芝翫
  駿河次郎  愛之助
  常陸坊海尊  歌六
  の左衛門  吉右衛門

  
四、上 相生獅子(あいおいじし)
  下 三人形(みつにんぎょう)

〈相生獅子〉
  姫  扇雀
  姫  孝太郎

〈三人形〉
  傾城  雀右衛門
  若衆  鴈治郎
  奴  又五郎 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/01/26

【バレエ】プライベート感あふれる上質なステージ「ル・グラン・ガラ2018」

 ダンサーがわずか5人で、音楽も録音テープ、全体にちょっと短い公演でしたが、とても見応えがありました。かなり質の高い舞台だったと思います。これでもう少し小さいホールだったら良かったのに。

 ぽん太とにゃん子、今回は1回の前から8列目という良い席でしたhappy01
 ただシアターオーブは、1回席が7列目までフラットなので注意が必要。6,7列目の人たちは舞台が見づらそうで、頭を左右に振りながら見てました。
 渋谷ヒカリエの上にあるこのホールは、なかなかオシャレですし、チケットの半券があると飲食店のサービスがあるのもうれしいです。ただ動線が狭いので、公演終了後はエレベーターやエスカレーターが大混雑になります。

 ついでに文句を言うと、これは主催者に対してですが、演目や出演者の情報が入場者にまったく配られないのはいかがなものでしょうか。プログラムを購入しないと、演目さえわかりません。コピー1枚でいいので、配って欲しいです。
 それから音楽を流すスピーカーの質が悪すぎます。ヴァグナーの壮大な音楽を、歪んだ音で聴くのは苦痛です。
 改善のほど、よろしくお願い申し上げます。


 最初の演目は「ヴェーゼンドンク歌曲集」。ヴァグナーの歌曲に合わせて、ジェルマン・ルーヴェ、ユーゴ・マルシャン、オニール八菜が踊りました。ルーヴェとマルシャンが八菜と官能的な踊りを繰り広げ、時に男性二人が同性愛っぽささえ漂わせるという振り付け。マンチーニの振り付けは、コンテではあるけれど奇を衒わず、オシャレな雰囲気でした。休憩時間にホワイエでお客さんから写真をせがまれてました。カテコでも登場しました。
 三人のダンサーのなかでは、体の動かし方や線の美しさなど、ルーヴェが抜きん出てました。

 休憩後はガニオとジルベールの「トリスタンとイゾルデ」。
 こうして続けてみると、動きといい雰囲気といい、若手とは全然違いますね〜。やっぱり素晴らしいです。
 2年前の「月夜に煌めくエトワール」公演で一部を観ておりますが、全幕公演は今回が日本初演だそうです。
 音楽は、ヴァグナーの楽劇「トリスタンとイゾルデ」の、序曲、愛の二重唱(の終わり)、愛の死。
 美術は、背後に大きな布が斜めに張られるというシンプルなものだが、船の帆を思わせて、なかなか美しかったです。途中で纏ったキラキラ光る薄いベールが、まるで液体のようでした。
 物語としては、男女に愛が芽生え、激しく燃え、最後は死を迎えるというもので、ちょっと「ロミジュリ」と被っている気がしました。もちろん初々しい「ロミジュリ」とは異なり、大人の愛ですが……。「トリスタンとイゾルデ」を題材にするのなら、「愛イコール死」という究極の官能的な世界を描いて欲しかったです。
 二回の幕間で投影される映像が、毛穴まではっきり見える皮膚の拡大や、口腔内のアップがあって、ちょっと生々しかったです。ほかの奥様、お嬢様方は、さすがに引いたんじゃないのかな?ジルベールの旦那の写真家ジェームス・ボルトが撮影したものらしいです。
 そういえば、ガニオがジルベールの腕をべろ〜と舐めるみたいな振り付けも、ちょっと引いたな〜。

 
 とはいえ全体としては、最初に書いたように、こじんまりしながらとってもオシャレな、素晴らしいパフォーマンスでした。

ル・グラン・ガラ  ー Le Grand Gala 2018 ー

2018年1月11日
東急シアターオーブ

TBSの公式サイト
http://www.tbs.co.jp/event/parisopera-gala/


「ヴェーゼンドンク歌曲集」(世界初演)

振付:ジョルジオ・マンチーニ
音楽:リヒャルト・ワーグナー
出演:ジェルマン・ルーヴェ、ユーゴ・マルシャン、オニール八菜


「トリスタンとイゾルデ」(全幕日本初演)

振付:ジョルジオ・マンチーニ
音楽:リヒャルト・ワーグナー
出演:ドロテ・ジルベール、マチュー・ガニオ


「スペシャル・フィナーレ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/01/25

【歌舞伎】松也ってなんでもできるのね。2018年1月浅草公会堂・第1部・第2部

 なんかブログを書くのがだんだん面倒になってきた今日この頃です。
 恒例の新春浅草歌舞伎の感想を手短にご報告。今年も1部・2部を通しで観劇しました。

 今回はやっぱり松也が目立ちました。才能があるんですね〜。
 「元禄忠臣蔵」の「御浜御殿」では綱豊卿。風格と大きさがあって、それらしく見えました。真山青果作の対話劇ですが、セリフの強弱、緩急、間の取り方など、とても上手でした。また独特の歌い上げるような台詞回しも、うまくこなしてました。
 もし海老蔵が同じ役をやったら、たぶん何回か吹き出してしまうと思うので、松也はなかなかのものです。
 巳之助との丁々発止の掛け合いも、息が合っていて良かったです。

 また第2部の「引窓」の濡髪長五郎も、殿様から一転して、人を切って逃げ延びる相撲取りを、それらしく演じおりました。いろいろな役がつつがなく出来るんですね。今後が楽しみです。
 歌昇の南方十次兵衛は、人の良さと優しさが感じられましたが、なんか歌舞伎っぽくない印象がありました。歌女之丞の熟練の演技が舞台を引き締め、悲しみを誘っておりました。

 「鳥居前」は、隼人くんが佐藤忠信実は源九郎狐。カッコイイだけではなく、力強さと大きさが出てきました。

 「操り三番叟」は種之助が、若々しい力強い踊りを見せてくれました。

 「京人形」は新悟がすらりとして美しかったです。「御浜御殿」の江島も悪くなかったです。巳之助も巧み。


新春浅草歌舞伎

浅草公会堂
平成30年1月10日

http://www.kabuki-bito.jp/theaters/other/play/545


第1部

お年玉〈年始ご挨拶〉
  中村 米吉
  

一、義経千本桜(よしつねせんぼんざくら)
  鳥居前

 佐藤忠信実は源九郎狐  中村 隼人
 源義経  中村 種之助
 静御前  中村 梅丸
 逸見藤太  坂東 巳之助
 武蔵坊弁慶  中村 歌昇


  真山青果 作
  真山美保 演出
二、元禄忠臣蔵(げんろくちゅうしんぐら)
  御浜御殿綱豊卿

 徳川綱豊卿  尾上 松也
 富森助右衛門  坂東 巳之助
 御祐筆江島  坂東 新悟
 中臈お喜世  中村 米吉
 上臈浦尾  中村 歌女之丞
 新井勘解由  中村 錦之助

第2部

お年玉〈年始ご挨拶〉
  中村 歌昇


一、操り三番叟(あやつりさんばそう)

 三番叟  中村 種之助
 千歳  中村 隼人
 後見  中村 梅丸
 翁  中村 錦之助


  双蝶々曲輪日記
二、引窓(ひきまど)

 南与兵衛後に南方十次兵衛  中村 歌昇
 女房お早  中村 米吉
 平岡丹平  坂東 巳之助
 三原伝造  中村 隼人
 母お幸  中村 歌女之丞
 濡髪長五郎  尾上 松也


  銘作左小刀
三、京人形(きょうにんぎょう)

 彫物師甚五郎  坂東 巳之助
 京人形の精  坂東 新悟
 娘おみつ実は義照妹井筒姫  中村 梅丸
 女房おとく  中村 種之助
 奴照平  中村 歌昇

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«【海外旅行】アメリカナイズ前にキューバ訪問(1) まずは日程のご案内