2019/06/14

【歌舞伎】つっころばしのじゃらじゃらから一気に悲劇へ・仁左衛門の「封印切」2019年歌舞伎座昼の部

 本日は昼の部の鑑賞。お目当はもちろん仁左衛門の「封印切」。こちらが公式サイトです。
 先日の夜の部の三谷歌舞伎では若い女性がいっぱいでしたが、本日の昼の部は、いつもの客層に戻ってました。

 仁左衛門の「封印切」は、ぽん太は初めてだと思います。少なくともこのブログを検索しても出てきません。これまで見たのはほとんど藤十郎でした。
 仁左衛門の忠兵衛は、出だしは完全につっころばし風。梅川とのやりとりもなよなよデレデレして、滑稽というか、喜劇風でさえあります。そこまでやるかという感じで、見ていて微笑んでしまいます。藤十郎の場合は、この辺りは節度をもって演じて、大阪はんなり風の情感を醸し出してました。
 こんな調子では、八右衛門とのやりとりや、最後の死への旅立ちはどうなるんだろうと心配になりましたが、そこは仁左衛門、芸と格好良さで、一気に悲劇へと突き進んで行きました。
 愛之助の八右衛門は、ぺらぺらとリズミカルに滑稽に話すのではなく、やや抑えた芝居的でシリアスな演技。藤十郎の忠兵衛は、テンポ良いやり取りの中でカーッと頭に血が上って封印を切ってしまう感じでしたが、仁左衛門の場合は、八右衛門の悪口に対する怒りや、自分が馬鹿にされるのを見ている梅川の苦しみに対する思い、治右衛門やおえんの手前でのメンツなどの様々な心理が読み取れました。
 茶屋で梅川と二人きりになった忠兵衛が外の様子を伺う時、仁左衛門の表情は、冒頭のつっころばしの忠兵衛とは同一人物とは思えない厳しい表情でした。
 久々に素晴らしい舞台を堪能できました。

 「寿式三番叟」では、幸四郎と松也が元気いっぱいに三番叟を踏みました。

 「女車引」は、魁春、雀右衛門、児太郎の華やかな踊り。「車」は出てこないんですね。

 吉右衛門の「梶原平三誉石切」は、明るくおおらかで暖かみがありました。



六月大歌舞伎

歌舞伎座
2019年6月13日

昼の部

一、寿式三番叟(ことぶきしきさんばそう)
  松本幸四郎・尾上松也 三番叟相勤め申し候
    三番叟  幸四郎
    三番叟  松也
    千歳  松江
    翁  東蔵

二、女車引(おんなくるまびき)
    千代  魁春
    八重  児太郎
    春  雀右衛門

三、梶原平三誉石切(かじわらへいぞうほまれのいしきり)
  鶴ヶ岡八幡社頭の場
    梶原平三景時  吉右衛門
    大庭三郎  又五郎
    俣野五郎  歌昇
    梢  米吉
    大名山口十郎  桂三
    同 川島八平  松江
    同 岡崎将監  種之助
    同 森村兵衛  鷹之資
    囚人剣菱呑助  吉之丞
    奴萬平  錦之助
    青貝師六郎太夫  歌六

四、恋飛脚大和往来(こいびきゃくやまとおうらい)
  封印切
    亀屋忠兵衛  仁左衛門
    傾城梅川  孝太郎
    丹波屋八右衛門  愛之助
    阿波の大尽  由次郎
    槌屋治右衛門  彌十郎
    井筒屋おえん  秀太郎

| | コメント (0)

2019/06/13

【歌舞伎】犬ぞりが見どころ!三谷幸喜の「風雲児たち」は2019年6月歌舞伎座夜の部

 歌舞伎座六月大歌舞伎は、久々に昼の部と夜の部の両方を鑑賞することにしました。昼の部は仁左衛門の「封印切」がお目当。そして夜の部は、三谷幸喜の新作の通しです。
 まずは夜の部から。こちらが公式サイトです。


 原作はみなもと太郎の漫画とのこと。みなもと太郎というと、ぽん太は『ホモホモ7』しか知りませんが、こんな漫画も描いていたのか……。なになに、現在も連載中? なんと、まだ生きてたのか! 現在72歳やて。ぜ、ぜひともお元気で……。


 三谷歌舞伎ということで、いつもと客層が全然違って、若い女性が多かったです。

 肝心のお芝居は、前半はちょっとダレてて、「ええっ?三谷幸喜ってこんなもの?」という感じでしたが、犬ぞりが出てきたあたりから面白くなってきました。一斉に背景の幕の下からハスキーちゃんたちが出てきて可愛かったです。やんちゃな子犬たちなのか、盛んにじゃれあっていて、一部ではどんどん乗っかって団子みたいになってましたな。ホントに三階さんたち、何でもできますね〜。

 ラックスマン親子を二役で演じる八嶋智人が出てくると、とたんにテンポが良くなりました。さすがです。
 やっぱり、歌舞伎と演劇ではセリフ術が違うんですね。前半がダレてるように感じたのも、そのせいかも。
 対して歌舞伎陣が本領を発揮したのは、大黒屋光太郎と、脚が壊疽を起こした庄蔵、ロシアに留まることを決めた愛之助のやりとり。歌舞伎というのは、矛盾に引き裂かれた人間たちの叫びで、観客を泣かせる芸なんだなと、再認識いたしました。

 猿之助の庄蔵は、得意の大絶叫。エカテリーナはゴージャスなおばさんみたいで良かったです。松也が黒縁メガネのスーツ姿で巧みな口上。磯吉って、いったい誰が演じてるんだろうと思って見ていたら、幸四郎の息子の染五郎でした。いつの間にか大きくなってたのね。でもなかなかカッコいいです。
 男女蔵の小市、折れたマストで頭を打って認知能力を失った男性を好演。高麗蔵のアグリッピーナ、おもちゃ箱からマトリョーシカが飛び出てきたみたいで可笑しかった。こんな一面もあったのねん。白鸚のポチョムキン、歌舞伎よりぜんぜんいいです。

 第三幕だけ大向こうさんがひとり入ってました。よくこんな芝居でタイミングよく声をかけられるなと思いましたが、意外と歌舞伎の間で演じられているのかもしれません。
 歌舞伎の構成要素として大向こうが大切と言われても、これまで実際のところ、ぽん太にはよくわからなかったのですが、現代劇に大向こうが入ることで、その重要性がよくわかりました。大黒屋光太夫が、「さては新蔵は、庄蔵とともにロシアに残るために、洗礼を受けたんだな」と気がつくための間(ま)に、「高麗屋!」と大向こうが入ったのですが、実に見事なタイミングでした。


六月大歌舞伎

2019年6月12日
歌舞伎座

夜の部

  みなもと太郎 原作
  三谷幸喜 作・演出
  三谷かぶき
月光露針路日本(つきあかりめざすふるさと)
風雲児たち
  大黒屋光太夫  幸四郎 
  庄蔵/エカテリーナ  猿之助
  新蔵  愛之助
  口上  松也
  キリル・ラックスマン/アダム・ラックスマン  八嶋智人
  マリアンナ  新悟
  藤助  廣太郎
  与惣松  種之助
  磯吉  染五郎
  勘太郎  弘太郎
  藤蔵  鶴松
  幾八  松之助
  アレクサンドル・ベズボロトコ  寿猿
  清七/ヴィクトーリャ  宗之助
  次郎兵衛  錦吾
  小市  男女蔵
  アグリッピーナ  高麗蔵
  ソフィア・イワーノヴナ  竹三郎
  九右衛門  彌十郎
  三五郎/ポチョムキン  白鸚

| | コメント (0)

2019/06/12

【温泉】こんなところに秘湯中の秘湯が!赤滝鉱泉@栃木県矢板市(★★★★★)付:八方台のレンゲツツジ

Img_2737

 那須温泉や塩原温泉で知られた那須塩原市の南に位置する矢板市は、ともすれば素通りしてしまいがいちですが、どっこい個性的ないくつかの鉱泉宿があります。こんかいは、以前に泊まった小滝鉱泉(【温泉】東京から車で2時間で秘湯の味わい・小滝鉱泉(★★★★))の近くにある、赤滝鉱泉にお世話になりました。宿泊日は6月上旬です。
 この宿、ホームページはありませんので、じゃらんのページにリンクしておきます。電話番号は、こちらを参照してください。宿泊料は7~8千円だったかな?

 矢板インターから車で約30分。宿手前に「この先4WD以外進入禁止」の看板がありますが、ぽん太の車は一応4WDなので、柵をどかして突っ込みました。急なジグザグ道で、カーブでは切り返しも必要でした。4WD以外の車の人は、この坂を3分ほど歩いてくだらなくてはいけません。

 Img_2732

 入り口の上に掲げられた案内板。享保年間に発見されて近在の人が利用しておりましたが、次第に湯治に来る人が増えたため宿泊所が作られました。明治になって旅館法が制定されるにあたり、赤滝鉱泉として登録されたそうです。とうことで建物の一部(冒頭の写真に写っている、正面と右の建物)は、元々は江戸末期のものだそうです。
 何棟かの建物があって、部屋数も多いようで、昔は結構な賑わいだったことが想像できます。
 現在は普段は老夫婦が住んでいて、客の予約が入ると娘さんが手伝いにくるようです。

Img_2701

 猫ちゃんがおりました。ここがお気に入りの場所のようです。

Img_2693

 喧嘩して猫パンチをくらったのか、右目の上に傷があります。

Img_2700

 おどおどしたワンちゃんもおります。

Img_2705

 時代劇にでも出てきそうな階段と廊下です。

Img_2704

 昔の湯治用の台所でしょうか。現在は洗面所と物置として使われております。

Img_2706

 窓側の廊下にそって障子が並ぶ、昔ながらの作りの建物です。

Img_2695

 こちらが今回泊まったお部屋。江戸時代までは遡りませんが、かなり古い建物だそうです。天井が低く、鴨居から上の高さがほとんどありません。床の間に、ちゃんと書院窓も付いてますね。床柱もなかなか立派です。
 畳や障子は新しくなっていて、汚い感じはまったくありません。正面の壁も、新しく張り替えられています。

Img_2717

 現代アートを思わせる蛍光灯のヒモ。緑のリボンや麻縄が結び付けられ、一番下に5円玉が付いています。昔の下宿によくあった? でも、5円玉はつけなかったよね。

Img_2698

 お隣の部屋に、すでに布団が敷かれておりました。
 浴衣が見当たらなかったのですが、帯だけあったので聞いて見たところ、出してくれました。そのあとタオルがないのに気がつきましたが、また言いに行くのも気が引けたので、持ち合わせを使いました(前日泊まった宿から持ってきたやつ)。
 テレビはありますが、昔懐かしい100円入れるタイプ。携帯は通じません。ワイファイはルータが置いてあったので、パスワードを聞いたら押してくれるのかもしれません。ぽん太とにゃん子は、テレビなし、携帯ワイファイなしの一夜を過ごしました。近頃はやりのデジタルデトックスですな。

Img_2713

 こちらが浴室です。鉱泉の雰囲気たっぷりの小さな浴槽。定員1名。カランからお湯は出ず、もちろんシャワーもありません。小さな固形石鹸があるだけなので、シャンプー等も持参したほうがいいでしょう。

Img_2715

 奥の赤いバルブを開くと、源泉が出てきます。源泉は無色透明で、ちょっと酸っぱいですが、硫黄味はまったくありません。浴槽にたまっているお湯は、鉄色の薄濁りになってます。

Img_2703

 温泉分析書です。泉質は、単純酸性・鉄冷鉱泉。Ph3.2と酸性ですが、硫黄臭がまったくないのが珍しいですね。また、ぽん太は鉄味はあまり感じませんでした。泉温は13.2度です。

Img_2725

 加熱方式は「マキ」です。熱めに沸かしてくれるので、源泉でうめて入ります。ということで、言ってみれば源泉掛け流しですね〜。温泉力はあると思います。

Img_2716

 風呂から出たら、ビールを飲んで夕食を待ちます。おつまみは柿ピー。でっかい栓抜きが、なんか懐かしいですね。

Img_2719

 夕食です。肉じゃが、天ぷら、お造り、ワラビ、ごま豆腐など。宿の娘さんの手作りの、家庭料理です。あと、ご飯がとっても美味しいです。
Img_2727

 こちらが朝食です。シャケがふっくらしていて美味しかったです。

 

Img_2667

 宿からほど近くにある八方台のツツジを見に行きました。こちらの開花情報が見やすいです。

Img_2681

大間々駐車場のあたりでレンゲツツジが満開でした。小間々のトウゴクミツバツツジの大木は、完全に散っておりました。

| | コメント (0)

2019/06/05

【山菜・温泉】山菜採り体験プランは楽しくて美味しい! 六日町温泉いろりあん(新潟県南魚沼市)

Img_2593

 ぽん太とにゃん子が春になると山菜を食べに訪れる「いろりあん」。5月中旬に行ってきました。こちらが公式サイトです。
 今年はただ食べるだけではなく、初めて「山菜採り体験プラン」を選んでみました。宿泊の翌日山菜採りをし、温泉で汗を流し、昼食のお蕎麦をいただくというプランです。参加するまでは山菜採りなんて面白いのかな、と思っていたのですが、山菜採り名人に教えてもらいながらいろいろな山菜をいっぱい採ることができて、とても楽しかったです。

★楽天トラベルからの予約は右のリンクをクリック

 

Img_2580

 お料理はいつもの山菜料理。焼き魚やお造りもあります。

Img_2585

 今年の山菜しゃぶしゃぶは、こごめ、うるい、のぜりでした。

Img_2588

 山菜天ぷらも欠かせません。ふきのとう、タラの芽、根曲がり竹です。

 これだけでも十分ですが、今回は翌日の山菜採りのお楽しみが待ってます。

 9時ごろ宿をバスで出発し、近くのスキー場(ムイカ スノーリゾート)の上部に連れてってもらい、山菜を採りながら2時間ほどかけてゲレンデを下っていきます。
 わらび、うど、木の芽(アケビのつるの新芽)、たけのこ、ざくろの新芽、ふきなど、食べきれないくらい採れました。のんびり山菜狩りをしている写真も取りたかったのですが、山菜名人がどんどん先へ行って次々と山菜を見つけるので、写真を撮る暇がありませんでした。

Img_2595 Img_2596

  山菜採りが終わったら、宿までバスで送ってもらい、お風呂に入って汗をながしてから、お蕎麦と山菜天ぷらをいただきました。

 あ〜楽しかった。来年も山菜採りプランにしようっと。

 家に帰ってからも山菜料理を満喫できました。

| | コメント (0)

2019/06/04

【仏像】密教彫刻の世界/東京国立博物館本館

 東寺展を観たついでに寄りました。小さな企画展でしたが、初めて見る仏さまばかりで、重文もいっぱいありました。しかも一部をのぞいて写真もオーケー。さすが東京国立博物館です。

20190509_165320

 重文の十一面観音菩薩立像は、中国の唐時代に作られた檀像の仏さま。頭でっかちでインド風のお顔。お腹を突き出しております。奈良の談山神社に伝わったものだそうです。

20190509_165411

 こちらは和歌山県は那智勝浦で出土した飛鳥時代の金銅仏。日本の十一面観音の最古例だそうです。

 千葉・小松寺の重文の十一面観音さまは写真撮影禁止。写真は下のリンクからご覧ください。鎌倉時代の鋳銅製です。坐像で4臂のお姿が、十一面観音としては珍しいです。銅板を打ち抜いて作ったという光背が装飾的で見事です。


20190509_165400  

 石川県白山市の十一面観音坐像は金銅製で、もとは懸仏(かけぼとけ)だったそうです。鎌倉らしい美しいお姿ですね。

20190509_165432

 鎌倉時代の如意輪観音菩薩坐像は、色が黒くて目つきが鋭い。隅っこに座ってなんか悪巧みをしてるように見えます。

20190509_165455

 重要美術品の不動明王は平安時代の作。全体に肉付きがよく、頬から顎もふっくらしており、腰のひねりも強くて、ちょっと色っぽい不動明王さま。オリジナルのものかどうかぽん太にはわかりませんが、裳(スカート)の模様がとても綺麗です。

20190509_165500

 こちらの鎌倉時代の不動明王様は、どっしりと直立。布の表現がとても見事です。

 運慶の孫にあたる康円の最晩年の作の愛染明王は、写真撮影禁止(下にリンクしてあります)。運慶のようなダイナミックさには欠けますが、細かく装飾的に美しく作り込まれています。重文です。

20190509_165110

 今回の展示作品のなかで最も目を引く色鮮やかな仏さま。赤い彩色や、身にまとった装飾品、裳に施された截金など、非常に美しいです。

 光得寺の大日如来は、運慶の作とも言われているもので、すでに何回かお目にかかっています。

20190509_165144

 平安時代の大日如来は、けだるそうで、衣紋の彫りも浅く、平安後期の定朝様のお姿。

20190509_165210

 南北朝時代の千手観音様は、装飾的で、細長いお顔、ブロックを積み上げたような造形など、この時代の特徴を表しております。

 鎌倉時代の十一面観音様は、プロポーションも良くないし、衣紋の彫りもぎこちない感じがします。
 
 そのほか、中国やチベットの仏像がいくつか展示されておりました。

 

【展覧会名】密教彫刻の世界
【博物館名】東京国立博物館 本館14室

【公式サイト】https://www.tnm.jp/modules/r_free_page/index.php?id=1957
【住所】東京都台東区上野公園13-9
【拝観日】2019年5月9日
【拝観】開催期間:2019年3月19〜6月23日
【仏像】・展示作品リスト

  ◎重要文化財 ○重要美術品 ◆初拝観

◎◆ 十一面観音菩薩立像 1躯  木造、素地 中国 奈良・多武峯伝来  像高42.4cm 唐時代・7世紀  C-304
 ◆ 十一面観音菩薩立像 1躯  銅造、鍍金 和歌山県東牟婁郡那智勝浦町那智山出土  像高30.9cm 飛鳥時代・7世紀  北又留四郎氏他2名寄贈 E-14848
◎◆ 十一面観音菩薩坐像 1躯  銅造 像高60.5cm 鎌倉時代・13世紀  千葉・小松寺蔵 写真
 ◆ 十一面観音菩薩坐像 1躯  石川県白山市白山比咩神社境内出土  鎌倉時代・13世紀  C-1052
 ◆ 不空羂索観音菩薩立像 1躯  鎌倉時代・13世紀  奈良・法隆寺蔵
 ◆ 如意輪観音菩薩坐像 1躯  鎌倉時代・13世紀  C-1883
○◆  不動明王立像 1躯  平安時代・12世紀  東京・大田区蔵
 ◆ 不動明王立像 1躯  鎌倉時代・13世紀  個人蔵  
◎◆ 愛染明王坐像 1躯  康円作  鎌倉時代・文永12年(1275)  京都・神護寺蔵  写真
◎◆ 愛染明王坐像 1躯  鎌倉時代・13世紀  C-1858
◎ 大日如来坐像 1躯  鎌倉時代・12~13世紀  栃木・光得寺蔵
◎◆ 大日如来坐像 1躯  平安時代・11~12世紀  C-311
 ◆ 千手観音菩薩坐像 1躯  南北朝時代・14世紀  C-306
 ◆ 十一面観音菩薩立像 1躯  鎌倉時代・13世紀  C-331 写真
 ◆ 八臂十一面観音菩薩立像 1躯  中国 清時代・17~18世紀  TC-271
 ◆ 馬頭尊立像 1躯  中国 清時代・18~19世紀  TC-293
 ◆ ヴァジュラバイラヴァ父母仏立像 1躯  中国 清時代・17~18世紀  東ふさ子氏寄贈 TC-723
 ◆ チャクラサンヴァラ父母仏立像 1躯  中国・チベットまたはネパール  15~16世紀  服部七兵衛氏寄贈 TC-192  

| | コメント (0)

«【仏像】立体曼荼羅のほとんどが観れる!特別展「国宝 東寺-空海と仏像曼荼羅」(東京国立博物館)