« 朱円ストーンサークル | トップページ | 武甲山はあづい、あづい »

2005/07/26

上武佐ハリストス正教会

_1 北海道旅行(2005年7月)の途中でたまたま近くを通ったぽん太は、上武佐(かみむさ)ハリストス正教会にみちくさしました。
 場所は知床半島と根室半島のまんなかあたりで、中標津空港の近くです。
 キリスト教といえば、普通はカトリックやプロテスタントを思い浮かべると思いますが、これらのローマを中心としたキリスト教は西方教会と呼ばれます。これに対しコンスタンチノープル(現在のイスタンブールですね)を中心としたキリスト教があり、東方正教会あるいはハリストス正教会と呼ばれます。ロシア、東欧、ギリシャに信者が多く、ハリストスというのはキリストのギリシャ語あるいはロシア語読みからきているそうです。
 日本のハリストス正教会信仰は、1861年に聖ニコライ大主教が函館のロシア領事館の司祭として日本に来たときから始まったそうです。現在どのくらいの信徒が日本にいるのかが気になりますが、日本正教会の公式ホームページには書かれていません。あるページでは約3万人とされています。ちなみにカトリックは約50万人、プロテスタントが約30万人と書いてあります。別のページでは、一時は3万人に達したが徐々に減っていると書いてありますので、きっとそんなもんでしょう。
 ハリストス正教会で一番有名な教会は、東京の神田にあるニコライ堂でしょう。また、函館で観光客がよく訪れる函館ハリストス教会も有名ですね。

_2 で、上武佐ハリストス正教会は、写真のような小さなかわいい教会です。建物は昭和53年に建てられたものだそうです。鍵が掛かっていて、なかは見学できませんでした。隣に民家があり、おそらく教会の管理者の家だと思うのですが、窓越しに人影が見えましたが、声をかけることはしませんでした……。
 ところが家に帰ってネットで調べてみて、ぜひともなかを見せてもらえばよかったと後悔しました。というのも、山下りん作の12大祭イコンがあるからです。
 イコンというのはハリストス正教会で用いられる絵のことです。英語ではiconですから、パソコンのアイコンと同じ単語です。パソコンのアイコンは、さまざまな機能や操作を文字ではなく絵でわかりやすく表したものですよね。ハリストス正教会のイコンは、キリストや聖人の姿、聖書のなかの物語、教会の歴史的出来事などをわかりやすく描いたものです。信徒のなかには文字が読めないひとたちも大勢いましたから、そういうひとたちにキリスト教の教えを布教するのに役立ったのだと思います。それ以外にもイコンの役目はいくつかあるようですが、詳しく知りたい方はこちらをどうぞ。
 さて、山下りんは江戸末期の1857年に笠間藩(現在の茨城県笠間市)に生まれました。画家を目指して上京しましたが、生活の見通しが立たないでいたところ、日本人のイコン画家を育てたいというニコライの意向に応じて、1881年(明治14年)ロシアに留学しました。やがて帰国した山下りんの描いたイコン画は、国内のあちこちのハリストス正教会に納められています。山下りんについて詳しく知りたい方は、山下りん研究会のホームページをどうぞ。上武佐ハリストス教会にあるイコンも見ることができます。
 上武佐ハリストス正教会に関しては、北方領土問題に翻弄されたクリル人の悲しい物語もあるようです。

|

« 朱円ストーンサークル | トップページ | 武甲山はあづい、あづい »

旅・宿・温泉」カテゴリの記事

コメント

司祭様からご返事がいただけるとは光栄です。
計画していたわけではなくふらりと立ち寄ったので、あらかじめ連絡して内部を見せていただくことができず残念でした。次の機会にはよろしくお願いします。
ぽん太は東方正教会になぜか関心があり、これまで白河、修善寺、豊橋などの教会も見に行ったことがあります。豊橋では山下りんのイコンを見せていただきました。
釧路教会のホームページ、拝見させていただきました。なんか、信徒さんたちが和気あいあいとしていて、楽しそうな雰囲気ですね。
これからも気が向いたらぽん太のブログに遊びにきて下さい。

投稿: ぽん太 | 2005/09/04 09:20

ぽん太さんはじめまして。
上武佐にいらしてくださったのですね。
お声をかけて下さればよかったのに…(^_^;)
上武佐教会には司祭は常駐しておらず、月に一度、釧路から巡回して土日の祈祷を行っております。
またお越しになる機会がありましたら、是非どうぞ。
釧路教会のHPでも紹介していますので、お時間ありましたらご覧下さい。
温泉と旅行記が面白そうなので、これからゆっくり読ませて頂こうと思っています(^-^)それでは。


投稿: 釧路ハリストス正教会司祭 | 2005/08/31 17:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 上武佐ハリストス正教会:

« 朱円ストーンサークル | トップページ | 武甲山はあづい、あづい »