« 虫除けのディートに関して厚労省から通知が出たよ | トップページ | 平ケ岳…人も車もガス欠です »

2005/10/04

青柳いづみこ『ピアニストが見たピアニスト』ーーテグレトールによる聴覚異常をみちくさする

 青柳いづみこの『ピアニストが見たピアニスト 名演奏家の秘密とは』(白水社、2005年)を読んでみました。リヒテルやミケランジェリ、アルゲリッチなどの6人のピアニストの演奏と人となりを描いた本ですが、とてもおもしろく読めました。「ポリーニの場合はひとつひとつの音をダイヤモンドのように輝かせるが、リヒテルは一ブロックの音をわしづかみにして弾く。タッチは手前に引く。グローブのような掌全体で走句をつかみとってしまうような弾き方だ」(20ページ)というような記述は、著者自身がピアニストであるからこそ書けるものだと思います。この本を読むと、これまで何度も聞いていたCDに新たな発見をすることができるでしょう。
 またアルゲリッチのドキュメンタリー・フィルムの撮影の下りでは、「アルゲリッチは昼夜逆転しているから、撮影は真夜中だった」(105ページ)などとさらりと書かれています。精神科で「昼夜逆転」などと言おうものなら上を下への大騒ぎですが、さすがに天才芸術家の世界はすごいな〜とぽん太は感動しました。

 さて本書には、リヒテルが後年になって聴覚障害を起こしたことが書かれています。1974年頃、リヒテルの絶対音感に狂いが生じて、音程が1音から2音高く聞こえるようになったそうです。またこの頃リヒテルはあるフレーズが頭の中で鳴り続けるという症状に悩まされていて、薬を飲んでも改善せず、逆に薬を止めたことによって次第に治まったそうです。
 リヒテルの聴覚異常の原因がなんだったのか、ぽん太にはわかりませんが、みなさんは薬の副作用でも聴覚異常が起きることを知ってますか?では、ちょっとみちくさしてみましょう。

 カルバマゼピン(商品名テグレトール)という薬があり、てんかんや躁病、統合失調症、三叉神経痛などの治療などで使われるのですが、この薬の服用によって、音階が正確につかめなかったり、音が大きく聞こえたりすることがあるのです。それは、当時の厚生省が出していた、医薬品副作用情報N0117(1992年11月)に書いてあります。
 そこには症例が2人あげられています。一人目はてんかんの11歳の女性ですが、カルバマゼピンを投与して2週間後ぐらいから、「ピアノのレッスン時にキーを間違えても気づかない、音階を正確につかめない」という聴覚異常が現れ、薬を減量したところ改善したそうです。二人目はてんかんの10歳の女性で、耳鳴りやチャイムの音が大きく聞こえるなどの聴覚異常が出現しましたが、そのまま薬の投与を続けたところ、数週間後に改善したとのことです。カルバマゼピンと聴覚異常との因果関係は明らかではないけれども、薬の減量で改善したケースもあるので関係は否定できないとしています。

 現在のテグレトールの添付文書の副作用の項には、「聴覚異常(耳鳴、聴覚過敏、聴力低下、音程の変化等)」と書かれています。

 医学雑誌にあたってみると、紺野衆の論文(紺野衆:カルバマゼピン投与により半音低下の聴覚異常が出現したてんかんの一例.日本内科学会雑誌 94(4): 759-762, 2005.)が、過去の報告例25例のレビューもあげていて便利です。25例中23例が日本の報告だそうで、日本人において絶対音感に対する関心が高いからだろうと述べています。25例中18例が音程が低く聞こえ、1例では高く聞こえたというので、音程が高く聞こえたリヒテルとは反対の傾向が認められます。またカルバマゼピン以外の薬によるこのような副作用の報告は見つからなかったそうです。
 専門的になりますが、カルバマゼピンによって音程が変化する機序に関しては、1、聴覚異常をきたした症例のABR所見が正常なことから、抹消の聴覚伝導路の障害ではなく、認知レベルの障害ではないかという説、2、カルバマゼピンが大脳辺縁系に作用して知覚の失調を引き起こしたのではないかという説、3、コルチ器官の外有毛細胞に影響するためではないかという説などがあると書かれています。
 また藤本らによると(藤本礼尚、他:カルバマゼピンの副作用である聴覚異常の電磁図による3例の検討. 日本生体電磁気学会誌 18(1): 254-255, 2005. )(学会抄録のpdfファイルはこちらの「一般演題06」を見て下さい)、カルバマゼピンによって音程の低下が見られた患者3人にABRとMEGを行ったところ、ABRに変化は認められなかったが、MEGでN100mが外側前方に偏倚していたといいます。これは一次聴覚野の局在において、音程の低下に合致する現象です。これらの結果から藤本らは、カルバマゼピンが一次聴覚野に作用して聴覚異常を来したと結論しています。
 しかし、ホントのところどうなのかは、まだまだ検討が必要でしょう。ぽん太もカルバマゼピンを処方した患者さんに今後は注意深く聞いてみたいと思っています。

|

« 虫除けのディートに関して厚労省から通知が出たよ | トップページ | 平ケ岳…人も車もガス欠です »

精神医療・福祉」カテゴリの記事

コメント

 パキシルの減薬による音程変化に関して、発売元のグラクソ・スミスクラインに問い合わせてみました。今のところ、そのような報告はないとのことです。もしそのような症状があるとすれば、副作用報告を行うことが望ましいようです。主治医の先生に副作用を伝えるといいと思います。
 副作用報告に着いては、例えば下記のサイトをご覧ください。
http://www.info.pmda.go.jp/fukusayou/menu_fukusayou_attention.html

投稿: ぽん太 | 2009/05/26 22:31

パキ子さん、コメントありがとうございます。
ぽん太もパキシルはけっこう処方しているのですが、音程が下がって聞こえるという患者さんからの訴えは、これまでありませんでした。
医学論文を検索してみたのですが、ひっかかってきません。あまり知られていない副作用なのかもしれません。
パキシル等のSSRIを減量すると、さまざまな症状が出現する場合があることが知られています。添付文書(いわゆる公式の説明書)には、「知覚障害(錯感覚、電気ショック様感覚、耳鳴等)」というのがあります。この一環として、音程の変化が出てくる可能性はあるような気がします。
またSSRIの減薬に伴う症状は、急激に減らしたときに起りやすいのですが、徐々に減らした場合でも起きることがあります。
貴重な情報をありがとうございました。関連する論文などが見つかったら、またご報告申し上げます。

投稿: ぽん太 | 2009/04/21 09:55

私はパキシルの減薬時、(ゆっくりと減薬したのに)

「音程が半音下がって聞こえる」

になりました。これは説明書にもかかれていません。
が、ネット上で多くの人が苦しんでいます。

先生、どう思われますか?
お返事ください。

投稿: パキ子 | 2009/04/18 02:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74997/6248681

この記事へのトラックバック一覧です: 青柳いづみこ『ピアニストが見たピアニスト』ーーテグレトールによる聴覚異常をみちくさする:

« 虫除けのディートに関して厚労省から通知が出たよ | トップページ | 平ケ岳…人も車もガス欠です »