« JR峠駅はヤバイです−−付録:中野不動尊 | トップページ | 能登半島の旅ーー渚ドライブウェイ、気多大社、折口信夫の墓 »

2005/11/06

福満虚空蔵尊はまさに「虚空」だった

 すっかり旅行記のブログになってしまいました。みなさんお元気ですか?ぽん太です。

PA200013 福島県の奥土湯にある幕川温泉の水戸屋旅館(@ニフティ温泉のぽん太のクチコミはこちら)をあとにしたぽん太とにゃん子は、会津の柳津(やないづ)に向かいました。
 柳津には圓蔵寺(えんぞうじ)というお寺があり、福満虚空蔵尊が祀られています(地図はこちら)。日本三大虚空蔵尊のひとつだそうです。PA200008虚空蔵尊が祀られている菊光堂は、只見川に臨む断崖の上に建ち、日本離れした奇観をなしています。
 絶壁に造られた石段を登ると、立派な山門があります。
PA200009 山門をくぐると、なぜか牛のお出迎えです。なんでも菊光堂を建立するおり、どこからともなく現れた牛が手助けをし、完成の暁には姿を消してしまったという故事が伝わっているそうです。会津の民芸品として有名なあかべこは、ここが発祥の地だそうです。
PA200355 牛だけでなく虎もおりました。十二支守り本尊の信仰では、虚空蔵菩薩は丑年と寅年の守り本尊と言われています。守り本尊の信仰の由来はぽん太はよく知りませんが、昭和になってから流行した俗信だと書いてあるホームページがありました。
 さて、三大虚空蔵尊のひとつとはどんな立派な仏さまなんだろうかと思いながら菊光堂に入りましたが、おやおやどこにも見当たりません。祭壇の奥の箱のなかにいらっしゃるのだと思いますが、扉は固く閉ざされていました。なんだか拍子抜けです。まさに「虚空」といった感じです。
 ところで虚空蔵尊って何だ?疑問に思ったぽん太は、さっそく本屋に行って瓜生中『知識ゼロからの仏像鑑賞入門』(幻冬社、2004年)を買ってきました。
 それによりますと、虚空蔵菩薩はサンスクリット語でアーカーシャ・ガルバ。アーカーシャは「虚空」すなわち「どこまでも広がる空間」の意味で、広大無辺な仏の智慧と慈悲を表し、ガルバは「蔵(母胎)」で、それを優しく包み込んでいることを示すのだそうです。密教で発達した菩薩だそうで、この菩薩を本尊として、例えば弘法大師も若い頃行ったという求聞持法(ぐもんじほう)という修法を行うと、超人的な記憶力を得ることができるそうです。
 三大虚空蔵尊の残り二つは、茨城県東海村の大満虚空蔵尊、千葉県天津小湊町の能満虚空蔵尊だそうです。圓蔵寺の言い伝えによれば、唐の高僧から霊木を授かった弘法大師が帰国後それを三つに分けて海に投げ入れたところ、茨城、千葉、柳津に流れ着いたといいます。しかし、海沿いにある茨城、千葉はわかりますが、山の中の柳津になぜ霊木が流れ着いたのか、ぽん太にはどうしても理解できません。
 また「三大虚空蔵尊」は他の説もあるようで、伊勢朝熊、京都嵐山、静岡県焼津市と書いてあるものもあります。

PA200012 圓蔵寺の近くにある元祖岩井屋のあわまんじゅうは、とてもおいしいです。お店を埋め尽くすレトログッズに店主のこだわりが感じられます。

|

« JR峠駅はヤバイです−−付録:中野不動尊 | トップページ | 能登半島の旅ーー渚ドライブウェイ、気多大社、折口信夫の墓 »

旅・宿・温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 福満虚空蔵尊はまさに「虚空」だった:

« JR峠駅はヤバイです−−付録:中野不動尊 | トップページ | 能登半島の旅ーー渚ドライブウェイ、気多大社、折口信夫の墓 »