« 阿寒湖温泉の巨大ホテルの間のちっちゃな民宿桐(★★★) | トップページ | 【温泉】養老牛温泉の湯宿だいいちは、もてなしの心が嬉しかった »

2006/07/21

【登山】雄阿寒岳山頂から雌阿寒岳を見る

 雌阿寒岳を門前払いされたぽん太とにゃん子は、阿寒湖温泉・民宿桐で一泊した翌日、雄阿寒岳にチャレンジしました。

M0607041【山名】雄阿寒岳(1370.5m)
【山域】北海道
【日程】2006年7月4日
【メンバー】ぽん太、にゃん子
【天候】快晴
【コース】滝口登山口(8:21)…雄阿寒岳山頂(12:01-12:32)…滝口登山口(15:14)
【マイカー登山情報】登山口に十数台停められるスペースあり。
【見た花】コケイラン(初)、イチヨウラン(初)、エゾクサイチゴ(初)、ササバギンラン、ミヤマハンショウヅル、ウコンウツギ、ハクサンチドリ、シロバナハクサンチドリ、イソツツジ、イワウメ、ミネズオウ、ヒメイチゲ、チシマヒョウタンボク、コヨウラクツツジ、コミヤマカタバミ、クルマバツクバネソウ、ナルコユリ、ギンリョウソウ、ツバメオモト、チゴユリ、マイヅルソウ、ゴゼンタチバナ

P7040064P7040079P7040103
コケイランイチヨウランエゾクサイチゴ

P7040111 雄阿寒岳は、阿寒湖の東側に位置します。雌阿寒岳は現在も噴火しているため、頂上付近が火山礫地帯となっていますが、雄阿寒岳は山頂まで緑に覆われています。そのため花の種類では負けるようですが、樹林帯のなかで見つけたコケイランとイチヨウランは可憐で美しく、ぽん太は初めて見ました。ヘビイチゴに似た白い花は、シロバナノヘビイチゴに似ていますが、この花はどの図鑑を見ても、東北以南にしかないと書いてあります。ネットで調べたところ、エゾクサイチゴらしいのですが、形態的にどこが違うのかよくわかりません。
P7040215 登り始めは深い樹林帯のなかの道ですが、5合目あたりで見晴らしが開けます。少し雲がかかってきてしまいましたが、阿寒湖の向こうに雌阿寒岳が見えました。あっちにも登りたかった!なお、この山の合目の標識は、5合目までの間隔が異様に長いので、ペース配分に注意が必要です。
 頂上からは、遥か彼方に斜里岳、羅臼の山々が見えました。

ぽん太の過去の記事へのリンク
梅雨を逃れて斜里岳の花(2005/07/13)
羅臼岳も花だらけ(2005/07/16)

|

« 阿寒湖温泉の巨大ホテルの間のちっちゃな民宿桐(★★★) | トップページ | 【温泉】養老牛温泉の湯宿だいいちは、もてなしの心が嬉しかった »

登山・ダイビング・アウトドア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【登山】雄阿寒岳山頂から雌阿寒岳を見る:

« 阿寒湖温泉の巨大ホテルの間のちっちゃな民宿桐(★★★) | トップページ | 【温泉】養老牛温泉の湯宿だいいちは、もてなしの心が嬉しかった »