« 佐野ラーメン岡崎麺/佐野厄除大師 | トップページ | 【療養の宿】釜沼温泉大喜泉(★★★) »

2006/08/12

【入院3週間待ち】認知症の老人が入院できません

 今年の4月頃、70歳前後の男性のAさんが、娘さんにつれられて当院を受診しました。Aさんは娘さんと二人暮らしでした。何年か前から記憶力が低下して、認知症の症状が現れていましたが、最近になって頻繁に興奮するようになったので、精神科を受診することにしたというのです。
 診察室ではとてもおちついて紳士然とした応対をしていたAさんですが、家では些細なことで怒りだして騒いだり、娘さんが「物を盗った」と大声で責め立てたりし、さらに夜昼かまわず何時間も騒ぐので、娘さんもほとほと疲れ切っている状態でした。
 とりあえず少量の抗精神病薬などでAさんの興奮を鎮めようとしたのですが、うまくいきません。その間に娘さんはどんどん参って来ます。強い薬でとりあえず鎮静をかける方法もあるのですが、ひとつ大きな問題がありました。というのはAさんは糖尿病を患っていて、娘さんが毎日自宅でインシュリンを注射している状態だったのです。鎮静をかけて食事がとれなくなったりしたら、血糖値が下がりすぎて低血糖発作を起こす可能性があります。食事の量に応じてインシュリンの量を調整するなどという芸当は素人の娘さんにはできません。これはもう外来では無理で、入院して血糖値等をモニターしながら、精神科の薬を調整するしかありません。ということで入院先を探すことになりました。
 さて、ぽん太が開業している東京都では、9カ所の老人性認知症専門病棟が整備されています。そのうち近いところに電話してみたのですが、現在ベッドに空きがなく、入院予約も何人かいるので、3週間ぐらいしないと入院できないとのこと。絶句です。その次に近い病院に電話してみると、そこも3週間待ちでした。ゴールデンウィーク前という事情もあるのでしょうけれど、とても3週間外来で引っ張れる状態ではありません。
 東京都の9カ所の老人性認知症専門病棟の一覧表は、こちらの中部総合精神保健センターのページの一番下に出ていて、「ベッド空き待ち人数」と「入院までのおおよその日数」も書かれています。本日の情報を見てみると、お盆休みの最中のためかだいぶ待ち日数が長いようで、早くて10日、長くて30日、平均すると20.4日となっています。
 さて、3週間も待てないので、そのまた次に近いところに電話してみると、こんどは入院を拒否されました。体が弱ったお年寄りが多い病棟で、興奮が激しいAさんを引き受けるのは無理だというのです。
 では、老人性認知症専門病棟ではなく、一般の精神病棟に入院させればいいではないかと思う方もいるかもしれませんが、一般の精神病棟では、認知症のために身の回りのことが自分でできないAさんを、なかなか引き受けてはくれません。また、いわゆる「精神病院」は内科的な管理ができないところが多いので、そういうところには、糖尿病でインシュリン注射を行っているAさんはやはり入院できません。
 極めつけはそのまた次に近い某病院。病棟は空いているが、一度娘さんが病院に来て、主治医と会ってほしいとの返事。場所がちょっと遠く、疲れ切っている娘さんでしたが、入院できるという言葉に望みをかけて、重い体を引きずって某病院を訪れました。ところが、娘さんの話しによれば、その医者は娘さんに対して、「入院すると認知症が悪化し、へたすると寝たきりになる。入院などさせない方がいい」と言ったというのです。それだったら最初から入院を断ればいいじゃないですか。それに「認知症が悪化し」「寝たきりになる」とは、この医者は自分の病棟でいったいどんな医療を行っているのでしょうか。娘さんはすっかり医療不信に陥り、落胆してしまいました。ケアマネージャーさんが自宅を訪問してみたら、Aさんと娘さんが昼間から枕を並べて寝ていたそうです。
 結局しかたなく、3週間待ちのところ2カ所に予約をかけ、強めの向精神薬で鎮静し、インシュリンの量を減らして様子をみることにしましたが、約1週間後に高血糖発作を起こして救急車で総合病院に運ばれました。しかし搬送先の救急病棟から、同じ病院の精神科病棟に入院できたのは、なんとも皮肉な結末というか、不幸中の幸いでした。
 日本では入院が必要になってもすぐには入院できないんだ、ということを頭に入れておく必要があります。しかも現在の医療改革は、さらに医療の予算を削って医療の質を下げようとしているのです。

|

« 佐野ラーメン岡崎麺/佐野厄除大師 | トップページ | 【療養の宿】釜沼温泉大喜泉(★★★) »

精神医療・福祉」カテゴリの記事

コメント

明日香さん、コメントありがとうございます。
残念ながらぽん太はタヌキの精神科医なので、人間は診ておりません……というのは冗談ですが、ぽん太は匿名でこのブログを書いているので、まことに申し訳ありませんが、クリニック等の情報をお教えすることはできません。
このブログでは、極めて個人的なことや、時に不謹慎なことも含め、診察室では絶対言わないようなこと、患者さんに読まれたら困るようなことまで書いております(そこに明日香さんは「人間味」を感じられたのかもしれませんが……)。もしぽん太の身元がばれてしまったら、恥ずかしくてブログに書きたいことも書けなくなるし、真面目くさった顔で診察することもできなくなってしまいます。そのような理由で、誠に申し訳ありませんが、クリニックは内緒にさせて下さい。
手術や治療薬によって、さまざまな精神症状が出ていらっしゃるとのこと、とても不安だろうと思います。お力になれずに申しわけありませんが、よいお医者さんに巡りあって、無事に困難を切り抜けられるますよう、心から祈っております。

投稿: ぽん太 | 2011/02/06 18:43

ポン太先生、じつは私今精神科医を探しているのです。
1年前に乳がんの手術(初期)をしまして今は薬を飲んでの治療なのですが、それをきっかけに、今まで軽く出ていた病状(リウマチ熱、下垂体の分泌異常、欝の様な適応障害、トラウマがあり抜け出せない、等の症状があり、がん治療の為の薬もあと4年以上飲み続けなければいけないため、それぞれの分野のドクターを真剣に探しています。

出来ましたらポン太先生のような人間味のあるドクターに診ていただきたいのですが、クリニックの情報が一切分からないので、このコメント欄にメールさせていただきます。
ご迷惑でなければクリニックの住所と予約方法を教えたいただきたいのですが。こうするより他に先生にコンタクトできる手立てが無いので切にお願いいたします。

asuka@lava.net 明日香

投稿: 明日香 | 2011/02/05 18:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74997/11399688

この記事へのトラックバック一覧です: 【入院3週間待ち】認知症の老人が入院できません:

« 佐野ラーメン岡崎麺/佐野厄除大師 | トップページ | 【療養の宿】釜沼温泉大喜泉(★★★) »