« 【登山】暴風雨の岩手山で修行する | トップページ | 【雑学】細井和喜蔵『女工哀史』と富岡製糸場 »

2006/09/29

【温泉】八幡平の秘湯、藤七温泉彩雲荘は夕食時のパフォーマンスで大笑い(★★★★)

P9190002 岩手山からぼろぼろの状態で下山してきたぽん太とにゃん子は、冷えきった体を温めるべく、藤七温泉彩雲荘に宿を借りました。
P9190004 藤七温泉は、八幡平を巡るアスピーテラインの見返峠の近く、標高1400メートルの高所にある一軒宿の秘湯です。もちろん電気は自家発電、電話は衛星電話です。
P9190001 建物は素朴な山の宿風で、廊下もうねうねと歪んでいますが、冬は数メートルの雪に覆われるという条件のもとでは仕方ありません。部屋もこざっぱりしていて気持ちいいです。
P9180010 お湯は白濁した強酸性のお湯で、もちろん源泉掛け流し、泉温が高いので加水はしているそうです。そしてなんといっても、素朴で開放感あふれる混浴露天風呂が最高です。ぽん太が泊まった日は雨でしたが、天気がよければ景色もすばらしいことでしょう。男女別の風呂も木のぬくもりが心地よいです。
P9180009 食堂でいただく夕食も、地元の山菜やキノコ、豆腐など、素朴で美味しかったです。そして日帰り入浴の人は絶対に見れないのが、夕食のときのパフォーマンスです。従業員の方が、地元の方言を駆使して、宿の紹介や周囲の観光案内など、おもしろおかしく語ってくれます。みな大爆笑でした。
 素朴な宿と料理、豪放闊達なお湯と露天風呂、くつろげるすばらしい宿です(2006年9月宿泊)。

|

« 【登山】暴風雨の岩手山で修行する | トップページ | 【雑学】細井和喜蔵『女工哀史』と富岡製糸場 »

旅・宿・温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【温泉】八幡平の秘湯、藤七温泉彩雲荘は夕食時のパフォーマンスで大笑い(★★★★):

« 【登山】暴風雨の岩手山で修行する | トップページ | 【雑学】細井和喜蔵『女工哀史』と富岡製糸場 »