« 【雑学】細井和喜蔵『女工哀史』と富岡製糸場 | トップページ | 【温泉】嶽温泉の縄文人の宿は豪快な炭火焼がうまい(★★★★) »

2006/10/07

【観光】弘前のレトロな洋風建築と最勝院五重塔を訪ねる

P9190019 暴風雨のなか岩手山に登り藤七温泉彩雲荘で疲れを癒したぽん太とにゃん子は、今日は岩木山に登る予定でした。しかし、日本海を北上してきた台風13号が、今日の午後に青森に最接近するという予報に恐れをなし、弘前見物に切り替えました。弘前の観光名所はいろいろありますが、こんかいは洋館巡りをしてみました。
 津軽藩の城下町であった弘前は、明治以後多くの外国人教師や伝道者を受け入れ、たくさんの洋館が建てられました。戦災を免れたため、そうした洋館がいくつも残っています。写真は旧弘前市立図書館で、明治39年に造られたルネッサンス様式の建物です。P9190027_1そのほかの洋館の案内は、たとえばこちらの社団法人弘前観光コンベンション協会のページをご覧下さい。
 こちらは最勝院五重塔です。日本最北の五重塔だそうで、重要文化財に指定されています。1667年に竣工されたものだそうです。

|

« 【雑学】細井和喜蔵『女工哀史』と富岡製糸場 | トップページ | 【温泉】嶽温泉の縄文人の宿は豪快な炭火焼がうまい(★★★★) »

旅・宿・温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【観光】弘前のレトロな洋風建築と最勝院五重塔を訪ねる:

« 【雑学】細井和喜蔵『女工哀史』と富岡製糸場 | トップページ | 【温泉】嶽温泉の縄文人の宿は豪快な炭火焼がうまい(★★★★) »