« 【観光】弘前のレトロな洋風建築と最勝院五重塔を訪ねる | トップページ | ロシアのチェチェン紛争を告発していたポリトコフスカヤさん殺される »

2006/10/08

【温泉】嶽温泉の縄文人の宿は豪快な炭火焼がうまい(★★★★)

P9190063 弘前で洋館と五重塔を観たぽん太とにゃん子は、岩木山のお膝元の嶽温泉(だけおんせん)にある縄文人の宿に泊まりました。
P9190030 残念ながら嶽温泉の雰囲気は、いなかの温泉という感じでちょっと寂れていますが、そのなかにあって縄文人の宿は民芸風で風情があります。客室は母屋に3室、離れが2室とこじんまりしており、離れにはそれぞれ専用の露天風呂があるそうですが、ぽん太の泊まった日は残念ながら離れがふさがっていて、母屋の宿泊となりました。とはいえ、落ち着きのある民芸調の部屋で、とてもくつろげました。
P9190036 母屋の内湯は青森ヒバ造りでぬくもりがあります。二つの浴槽があり、一方はうす濁りで、他方は真っ白に湯の花が舞いますが、同じ源泉の温度を変えているだけだそうです。酸性の湯ですが硫黄臭はありません。もちろん源泉掛け流しで、湯量は豊富です。
P9190082 夕食は、魚介類や山の幸を、囲炉裏の炭火で自分で焼いていただきます。山のふもとで魚介類は一見不自然に思われますが、青森は海の幸の宝庫であることも忘れてはなりません。花咲ガニやホタテ、カキ、サザエなど、食べきれないほどです。それから嶽きみ(だけきみ)と呼ばれるトウモロコシがちょうど旬で、とても甘くておいしかったです。最近は全国的に知られてきたようです。
 ご主人も優しくて親切です。
 浴室の雰囲気と濃厚なお湯、豪快な炭火焼の得点が高く、4点です(2006年9月宿泊)。

|

« 【観光】弘前のレトロな洋風建築と最勝院五重塔を訪ねる | トップページ | ロシアのチェチェン紛争を告発していたポリトコフスカヤさん殺される »

旅・宿・温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【温泉】嶽温泉の縄文人の宿は豪快な炭火焼がうまい(★★★★):

« 【観光】弘前のレトロな洋風建築と最勝院五重塔を訪ねる | トップページ | ロシアのチェチェン紛争を告発していたポリトコフスカヤさん殺される »