« 自立支援医療(精神通院医療)に関するQ&Aが東京都のホームページに掲載されています | トップページ | 【温泉】白布温泉の西屋は築190年の茅葺きの母屋が見事!(★★★★★) »

2006/11/15

子持山の十二山神と子持神社

Pb030055_1 先日ブログに書いたように、群馬県の子持山の山頂には「十二山神」が祀ってありました。十二山神というのは初めて聞いた名前だったのですが、早速調べてみました。
 『日本の神様読み解き事典』(川口謙二編著、柏書房、1999年、488ページ〜490ページ)によりますと、いわゆる山の神のことを「信州や越後では十二様・十二山の神様などといい、各月の十二日を十二講の日として祀る」と書いてあります。子持山は群馬県ですが、確かに新潟には近い位置にあります。なぜ十二という数字が出てきたのかについては、ある地域の民間信仰では山の神が「年に12人の子供を産む女神」だったりすると書いてありますが、関連は定かではありません。

Pb030061 子持山の南には「子持神社」(地図)があり、林道をさらに奥に入った7号橋のところに「子持神社奥ノ院」(地図)があります。Pb030044子持神社は境内も以外と広く、建物も、屋根が金属で葺き直されてはいるものの、能舞台なども備えていてけっこう立派です。子持神社に関しては、ネット上にはあまり有効な情報がないのですが、案内板によると、木花開耶姫命(このはなさくやひめのみこと)を御祭神としているようです。Pb030059木花開耶姫命は女性の神様で、お父さんである大山祇神(おおやまつみのかみ)とともに、神道における「山の神」として知られています。木花開耶姫命は富士山の神様であることで有名で、富士山本宮浅間大社の御祭神でもあり、全国各地にある浅間神社は、木花開耶姫命をお祭りしています。子持山の南の稜線上に「浅間」という名前のピークがあるのは、これと関連しているのでしょう。

|

« 自立支援医療(精神通院医療)に関するQ&Aが東京都のホームページに掲載されています | トップページ | 【温泉】白布温泉の西屋は築190年の茅葺きの母屋が見事!(★★★★★) »

思想・宗教」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74997/12694168

この記事へのトラックバック一覧です: 子持山の十二山神と子持神社:

« 自立支援医療(精神通院医療)に関するQ&Aが東京都のホームページに掲載されています | トップページ | 【温泉】白布温泉の西屋は築190年の茅葺きの母屋が見事!(★★★★★) »