« 【書と絵】黒彩 Black+Color 岡庭呑石・田村吉康共作展@石川画廊 | トップページ | 【居酒屋】なんばの山三(やまさん)は日本酒好きが集う庶民的な店(★★★★) »

2006/11/04

【宿】京都の町家の片泊まり宿「佐々木」でくつろぐ(★★★★)

Pa250025 京都の「町家」は、間口が狭くて奥行きが深いうなぎの寝床のような建物で、奥に中庭があったりします。何でも昔、間口の幅によって税金がかけられたため、このような建物が造られたのだそうです。Pa250017詳しくは例えばこちらの京都町家資料館のホームページを参照して下さい。
 で、「片泊まり」とは、一泊朝食つきの宿のことで、最近はB&Bともいいますね。B&Bといっても「もみじまんじゅ〜」の漫才師ではなく(というか、みんなこっちを知らないか……)bed and breakfastのことです。Pa250022と、とにかく一泊朝食つきのことを、京都では片泊まりというのです。で、なんで京都に片泊まりという伝統があるかというと、夕食は祇園や先斗町のお茶屋に繰り出していくからなのです。
 で、今回ぽん太とにゃん子がとまったのは、京都東山にある佐々木です。Pa250037祇園や先斗町、木屋町に歩いて行ける立地がうれしいです。木造3階の建物は、もとはお茶屋だったとのこと。美しく保存されているとは言えず、ちょっとボロくなっているところもあるのが残念ですが、京町家の風情を十分に堪能できます。女将は気さくでよくしゃべり、もてなしの気持ちが伝わってきます。朝食もとてもおいしかったです(2006年10月宿泊)。

|

« 【書と絵】黒彩 Black+Color 岡庭呑石・田村吉康共作展@石川画廊 | トップページ | 【居酒屋】なんばの山三(やまさん)は日本酒好きが集う庶民的な店(★★★★) »

旅・宿・温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【宿】京都の町家の片泊まり宿「佐々木」でくつろぐ(★★★★):

« 【書と絵】黒彩 Black+Color 岡庭呑石・田村吉康共作展@石川画廊 | トップページ | 【居酒屋】なんばの山三(やまさん)は日本酒好きが集う庶民的な店(★★★★) »