« 【江戸】永井荷風も有馬屋敷跡を探検していた | トップページ | 【医療格差】精神病院への強制入院も金次第? »

2007/03/23

【テレマークスキー】冬の戸隠の森を歩く

戸隠 ぽん太とにゃん子は、戸隠に歩くテレマークスキーに行ってきました。戸隠はなだらかな起伏がある広々として美しい樹林が広がり、滑るテレマークスキーが苦手なにゃん子も楽しむことができます。ぽん太が冬の戸隠に来たのは4〜5回目ですが、何度来ても飽きることはありません。こんかいは暖冬で雪があるか心配だったのですが、ちょうど寒波がやってきて夜中に10センチほど雪が積もったので、二日目は誰のトレールもない純白の雪原を歩くことができました。

【山名】---
【山域】戸隠
【日程】2007年3月7日〜8日
【メンバー】ぽん太、にゃん子
【天候】(3/7)曇りのち雪、(3/8)曇り時々雪
【コース】(3/7)奥社入口(14:38)<<随神門<<奥社入り口(15:58)
(3/8)森林植物園入り口(9:44)<<鏡池<<森林植物園入り口(11:47)
【マイカー登山情報】奥社入り口、森林植物園入り口ともに除雪された駐車場あり。

随神門 3月7日に戸隠に到着したのは午後2時すぎ。奥社入り口から参道の右手の林を、奥社目指して歩きました。ここ数日の暖かさでくさった雪が、この日の寒さでクラストして、ちょっと歩きにくかったです。でも、今シーズン初のオフピステで、ぽん太はうれしくてしかたがありません。樹々の間をぬって雪原を自由に歩き回ります。整備されたゲレンデでのスキーとはまったく違った楽しさです。
戸隠山 随神門でテルモスのお茶を飲んでお菓子を食べました。戸隠の岩壁がまるで墨絵のように見えました。帰りは参道の反対側の雪原を戻りました。
 その日の夜は、以前のブログ「【旅館】戸隠の中谷旅館はこころが落ち着く宿(★★★)」(2007/03/19)に書いた中谷旅館に宿泊。とてもゆったりできました。
戸隠 翌日は森林植物園入り口に車を停め、鏡池を目指しました。戸隠は夜間に降り積もった新雪で被われ、誰もトレースもなく、とても静かで清らかで美しかったです。往きは平地を通って行きました。暖冬のためか木道が見えており、またあちこちに雪解け水のせせらぎが姿を現していました。鏡池ももう氷が溶けているのではないかと思いましたが、一面に雪に覆われていました。鏡池を眺めながらおにぎりを食べ、みそ汁を飲みました。鏡池帰りは丘を越えてショートカットしました。 峠を越えたところで沢の右側を行くのがコツです。こうした起伏があるコースは、エッジのないクロカンよりもテレマークが楽です。
 午後は戸隠スキー場で滑り、その夜は角間温泉の越後屋に泊まりました。角間温泉については、日を改めてご報告いたします。

|

« 【江戸】永井荷風も有馬屋敷跡を探検していた | トップページ | 【医療格差】精神病院への強制入院も金次第? »

登山・ダイビング・アウトドア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【テレマークスキー】冬の戸隠の森を歩く:

« 【江戸】永井荷風も有馬屋敷跡を探検していた | トップページ | 【医療格差】精神病院への強制入院も金次第? »