« ビューヒナーの時代の精神医学の状況は? | トップページ | ビューヒナーが使った精神医学用語について »

2007/05/21

【トルコ旅行(2)】世俗主義のイスラム教

 ゴールデンウィークにトルコを旅行してきたぽん太です。
 さてトルコがイスラム教国だということはぽん太も知っていたのですが、イスラム教というとイラクやイランなど、近頃はちょっと物騒なイメージがあります。さらにぽん太の頭のなかには、オスマン帝国が「コーランか剣か」という合い言葉のもとに他国を侵略した歴史が印象に残っており、現代のトルコも敬虔なイスラム教国かと思っておりました。

トルコの女性 しかし実際に行ってみてわかったのですが、トルコ人のイスラム教信仰は、日本の仏教信仰ほどではありませんが、かなり緩やかです。まっくろくろづくめで目だけだしている女性はほとんど見かけませんでしたし、ベールをかぶった女性も地方の特定の町では多く見かけましたが、イスタンブールなどの都会では多くはありませんでした。
メッカへの巡礼 帰りにイスタンブールの空港で見た、メッカへの巡礼に出かけるひとたちです。白い布をまとった男性は、イスラム教徒というよりは、ソクラテスなどの古代ギリシア人のように見えました。
 ガイドさんの話しでは、トルコでは、厳しい戒律を守る敬虔なイスラム教徒から、ベールもかぶらなければお祈りもしないひとまでさまざまだそうです。歴史的には、アタチュルクが1923年にトルコ共和国を建国したとき、政教分離の原則をしき、それが現在にまで受け継がれているそうです。
 そういえばトルコ旅行の直前、トルコ大統領選に関するニュースが流れていました(トルコ大統領選きょう第1回投票 与党、穏健派を擁立2007/04/27 産經新聞)。親イスラム教の与党が次期大統領として同党のギュル氏を候補者として擁立したことから、世俗主義派の野党や軍部が懸念を表明しているとのものでした。そのときはニュースを読んでも意味が実感できませんでしたが、世俗主義というのが政教分離を意味するということを初めてぽん太は知りました。ググってみて、フランスや、パレスチナのファタハが世俗主義だと知って驚きました。ただガイドさんの話しでは、今回の大統領選の問題は、単なるイスラム派と世俗派の対立に還元できない、複雑な関係だそうです。
トルコの街 今回の対立に関して、野党派は窓からトルコの国旗を下げて、意思標示をしていました(ホントはもっとたくさん国旗があったのですが、いい写真がありませんでした)。
 世俗主義のトルコでは信教の自由が認められていますが、人口の99%がイスラム教徒です。イスタンブールはその昔、東ローマ帝国の首都コンスタンチノープルだったというのに、キリスト教徒がほとんどいないなが不思議です。そういえば以前にギリシャを訪れたとき、ギリシャは1829年までオスマン帝国に支配されていたのに、国民のほとんどがギリシャ正教で、モスクが見当たらないことに疑問を持ったことがあります。ググってみると、第一次大戦後にトルコとギリシャのあいだに生じた希土戦争の終結後に結ばれたローザンヌ条約で住民交換が行われ、約100万人のギリシャ正教徒がトルコからギリシャへ、約50万人のイスラム教徒がギリシャからトルコに移住し、両国の宗教の単一性が高まったのだそうです。
メヴラーナ博物館 コンヤにあるメヴラーナ博物館です。イスラム神秘教のひとつメヴレヴィー教団の創始者のメヴラーナ・ジェラールッディン・ルーミーの墓があります。
回旋舞踏人形 この宗派は旋回舞踏で有名です。とりあえずYouTubeのこちらの動画へリンクをしておきますが、リンク切れの場合は、こちらのYouTubeのmevlanaでの検索結果で見つかるでしょう。
ゼルベの谷 奇岩で有名なカッパドキアには、3世紀半ばにローマ帝国の迫害を逃れた修道士たちが住み着きました。写真のゼルベの谷では、シメジ一本につき修道士一人が穴を掘って住んでいたそうです。
洞窟教会 カッパドキアのギョレメ野外博物館には、12世紀頃に描かれたフレスコ画が残る、キリスト教の洞窟教会があります。イスラム教徒によって、顔が削り取られています。
アヤソフィア イスタンブールには、ブルーモスクをはじめ、たくさんのモスクがあります。写真はアヤソフィアで、もともとはビザンチン帝国時代の教会でしたが、オスマン帝国時代にモスクに改築されました。
トルコの墓地 最後に、ちと見づらいですが、トルコの墓地です。トルコでは土葬が行われているそうです。

|

« ビューヒナーの時代の精神医学の状況は? | トップページ | ビューヒナーが使った精神医学用語について »

旅・宿・温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【トルコ旅行(2)】世俗主義のイスラム教:

» ユーチューブ [ユーチューブ]
ユーチューブ [続きを読む]

受信: 2007/05/21 22:56

« ビューヒナーの時代の精神医学の状況は? | トップページ | ビューヒナーが使った精神医学用語について »