« 【蕎麦】駒ヶ根市の丸富のしらびそそばはいい香り(★★★★★) | トップページ | 由比のくらさわやで桜えびを堪能(★★★★★) »

2007/06/14

【温泉】付知峡度合温泉旅館は秘湯ムード満点のランプの宿(★★★★★)

 久々に温泉に泊まるゆとりができたぽん太とにゃん子は、むかしの雑誌に出ていた度合温泉旅館に予約を入れました。秘湯ムード満点のランプの宿です。
 渡合温泉の公式ホームページはこちらで、Yahoo!地図はこちらです。
 地図を見るとわかるように、中津川から下呂温泉に行く途中にあり、宿の北側にある尾根を越えたところは王滝村で、木曽御嶽山の麓となります。これまで行ったことがないところなので、とっても楽しみです。
 この宿は一般車通行禁止の林道の奥にあるので、自家用車で直接行くことはできません。近くの道の駅「花街道付知」に車を停め、そこから送迎車で宿に向かいます。

渡合温泉旅館 ゲートを開けて林道に入って行きます。林道の途中で車を停めて滝をみたりしながら、約30分ほどで宿に到着です。
渡合温泉旅館 山小屋のようなシンプルな建物ですが、細かいところに気が行き届いていて、洗練された感じがします。
渡合温泉旅館 玄関の天井にはランプがずらりと吊るされています。夜十時で発電機が止まると、あとはランプの灯りだけになります。
渡合温泉旅館 部屋もシンプルですが、とても落ち着きます。縁側のガラス戸を開けて、ガスにけぶる山並みを見ていると、とてもいい気持ちです。もちろんテレビなどはありません。
渡合温泉旅館 浴室はこじんまりとしておりますが、窓の外の緑が見事です。お湯は無色透明であまり特徴はありません。源泉の泉温が10.5度と低いので、沸かし湯です。浴槽は木曽五木のひとつコウヤマキ製で、五右衛門風呂のように底から加熱する仕組みになっています。
渡合温泉旅館 食事は地元の山の幸がいっぱい。山菜の天ぷらがとてもおいしかったです。
渡合温泉旅館 岩魚の骨酒を注文しました。ん? 岩魚がなんか小さいようですが……。なんとご主人が自分で釣ってきた天然物だそうです。器の模様が、まるで岩魚が清流を泳いでいるように見えます。
渡合温泉旅館 翌日はうれしいことに天気予報がはずれて太陽が顔を出しました。手前のピンクはクリンソウです。
渡合温泉旅館 車で送ってもらって、林道に沿う遊歩道を歩きました。明治時代は木材の切り出しのために使われた道だそうで、古い石垣が見えます。
渡合温泉旅館 数年前におきたという崖崩れの跡が生々しく残っていました。このために林道が一般車通行止めになってしまったそうです。
渡合温泉旅館 「裏木曽」とも呼ばれるこのあたりは、杉や檜など針葉樹の天然林が見られます。植林と違って、針葉樹と落葉樹が混ざっており、見たことのない美しさでした。

 さて恒例の採点ですが、お湯が源泉掛け流しでないのがマイナスで4点かな〜などと思ったのですが、そんなみみっちい減点法ではなく、今回の旅がどれほど満足できたかで考えてみると、美しい自然、おいしい食事、秘湯の味わい、宿のご主人と奥さんの暖かいおもてなしなどどれも大満足で、文句なく5点満点です。部屋にテレビがなく、トイレも汲取式でかまわないという秘湯好きには、絶対におすすめです(2007年5月宿泊)。

|

« 【蕎麦】駒ヶ根市の丸富のしらびそそばはいい香り(★★★★★) | トップページ | 由比のくらさわやで桜えびを堪能(★★★★★) »

旅・宿・温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【温泉】付知峡度合温泉旅館は秘湯ムード満点のランプの宿(★★★★★):

« 【蕎麦】駒ヶ根市の丸富のしらびそそばはいい香り(★★★★★) | トップページ | 由比のくらさわやで桜えびを堪能(★★★★★) »