« 【登山】羊蹄山は花!花!花! | トップページ | 【赤ウニ】積丹の新生の生ウニ丼はまいう〜(★★★★★)【白ウニ】 »

2007/07/25

【温泉】ニセコ昆布温泉の鯉川温泉旅館はレトロな風呂と手の込んだ夕食が最高(★★★★★)

 羊蹄山で花を満喫したぽん太とにゃん子は、ニセコ昆布温泉鯉川温泉旅館に宿泊です。羊蹄山の東側には、スキー場とオーストラリア人で有名なニセコが山塊をなしています。その南側山麓には有名な温泉がいくつもありますが、ニセコ昆布温泉はそのひとつです。

ニセコ昆布温泉鯉川温泉旅館 こちらが鯉川温泉旅館のホームページです。車道から少し入ったところにあり、宿の前には大きな池もあって、静かな雰囲気です。宿の外観は、こざっぱりとしております。
鯉川温泉旅館 この宿の特色は、レトロ感溢れる内風呂です。正面の壁にあるタイルのモザイクがいい味を出しています。
鯉川温泉旅館 浴槽は二つに分かれていて、奥は熱く、手前はややぬるめになっています。源泉の泉温は65.8度ですから、けっこう熱いです。お湯は茶褐色に濁っていて、鉄錆色のオリが舞います。鉄味があり、塩っぱくて薄甘く、いい味しています。昆布だしに味が似ているから「昆布温泉」という名がついたのかと思って従業員に聞いてみたところ、アイヌ語から来ているとか、アイヌ人が昔コンブを干していたとか、いろいろな説があり、はっきりとはわからないのだそうです。
鯉川温泉旅館 お湯の注ぎ口です。錆色の析出物が歴史を感じさせます。湧出量は毎分185リットル(!)と豊富で、もちろん源泉掛け流しです。
鯉川温泉旅館 こちらは新しく造られた露天風呂。こちらは少し加水しているそうです。滝を見ながらの露天は気持ちよいですが、内風呂にはかないません。
鯉川温泉旅館 夕食は二の膳でいただく部屋食です。ちょっと目には地味で少なく見えますが、普通の料理に見えて、魚のウニソースがけなど、実は手が込んでいます。とても美味しく、お腹いっぱいになりました。酒好きの中高年のぽん太とにゃん子にとっては、最高のごちそうでした。
 レトロな浴室と濃厚なお湯、おいしいお料理が高得点で、全体評価は5点満点です(2007年7月宿泊)。

|

« 【登山】羊蹄山は花!花!花! | トップページ | 【赤ウニ】積丹の新生の生ウニ丼はまいう〜(★★★★★)【白ウニ】 »

旅・宿・温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【温泉】ニセコ昆布温泉の鯉川温泉旅館はレトロな風呂と手の込んだ夕食が最高(★★★★★):

« 【登山】羊蹄山は花!花!花! | トップページ | 【赤ウニ】積丹の新生の生ウニ丼はまいう〜(★★★★★)【白ウニ】 »