« 【登山】朝日岳はもう秋の気配でした | トップページ | 【山形観光】大井沢の大栗、山寺、そば吉里吉里、出羽桜酒造、山居倉庫 »

2007/09/08

【温泉】古寺鉱泉朝陽館は鄙び度満点(★★★★★)

 山形県は朝日岳からずぶぬれへとへとの状態で下山したぽん太とにゃん子は、登山口にある古寺鉱泉朝陽館(こでらこうせんちょうようかん)に宿を借りました。

古寺鉱泉朝陽館 森に囲まれ渓流に面した鄙びの宿です。建物が渋いです。まさにぽん太の好みです。公式ホームページはないようですが、たとえばこちらのはしご湯のすすめ/古寺鉱泉 朝陽館や、山の温泉ガイド/ランプの宿、山菜料理「古寺鉱泉 朝陽館」などをご参照下さい。車で行く場合は、山形自動車道の月山ICから約1時間で、道路はだんだんと細くなりますが、きれいに舗装されています。駐車場から徒歩3分で宿に着きます。
古寺鉱泉朝陽館 風雪に耐え、ペンキもはげ、歪みも出ていますが、時間だけが作り出すことのできるすばらしい味があります。
古寺鉱泉朝陽館 温泉は内湯がひとつだけ。入口に札を下げて、男女交代で入ります。広い浴室に、簡素なコンクリートの浴槽があります。浴槽は二つに分かれていて、写真の奥が源泉、手前は薪で加温してあります。加温してあるほうに入り、暑くなってきたら源泉をバケツでいれてうめるというのが、ここの入浴スタイルです。加温あり、加水なしの源泉掛け流しという分類になりましょうか? 源泉に直接入ってみたい気もしますが、源泉の温度は12.7度とのことで、とても無理です。鉄錆色をした非常に濃厚なお湯で、なめると甘塩っぱくて粉っぽいです。源泉は屋外で雨ざらしになっておりますので、お湯をなめすぎないよう注意しましょう。
古寺鉱泉朝陽館 夕食は食堂でいただきます。メインのイワナのお刺身に、さまざまな地元の山菜料理が加わり、素朴ですが新鮮でとってもヘルシーです。
古寺鉱泉朝陽館 部屋もいたってシンプル。鍵もなければテレビもありません。掃除が行き届いていて不潔感はなく、とっても気持ちが落ち着きます。フトンは宿の人が敷いてくれますが、浴衣やタオルはありません。
古寺鉱泉朝陽館 朝食です。これまたシンプルですが、ご飯もお味噌汁もおいしゅうございました。また、宿のひとたちのおもてなしも素朴で暖かくて気持ちがよかったです。
古寺鉱泉朝陽館 基本的には高級な山小屋と考えるべきで、電気も夜10時に消灯。朝は登山客が4時頃から出発して行きます。ですから、飲んで騒いでという目的には不向きです。お風呂も一カ所に交代で入りますから、ひとりで何度も入浴するのは困難です。秘湯とは名ばかりの高級旅館も多いなか、本当の秘湯を味わいたい方にはお勧めです(2007年8月宿泊)。

|

« 【登山】朝日岳はもう秋の気配でした | トップページ | 【山形観光】大井沢の大栗、山寺、そば吉里吉里、出羽桜酒造、山居倉庫 »

旅・宿・温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【登山】朝日岳はもう秋の気配でした | トップページ | 【山形観光】大井沢の大栗、山寺、そば吉里吉里、出羽桜酒造、山居倉庫 »