« 【ダイビング】安良里の沖の根は伊豆とは思えない魚群 | トップページ | 【福祉】「親なき後」という考え方は間違いだった »

2007/10/22

【沖縄】やんばる(山原)を旅する

 慶良間でダイビングをする予定だったぽん太とにゃん子ですが、台風10号の影響で慶良間行きの船(クイーンざまみ)が欠航する可能性があるということで、本島で1日過ごすことになりました。そこでレンタカーを借りて、やんばるを一周することにしました。
 やんばるとは、沖縄本島の北部地域を指しますが、うっそうとした森が広がり、多くの貴重動物が棲息しています。

慶佐次湾のヒルギ林 慶佐次湾のヒルギ林です。ヒルギとはマングローブのことで、国の天然記念物に指定されています。なかなか立派です。以前にパラオでマングローブを見たことがありますが、日本では初めてです。
ヤンバルクイナ観察小屋 さて、やんばるといえば「ヤンバルクイナ」。次に訪れたのはヤンバルクイナ観察小屋です。ヤンバルクイナといえば、ごく最近の1981年に発見され、世界中でやんばるにしか棲息していない飛べない鳥です。国の天然記念物に指定されていますが、個体数は現象の一途をだとり、絶滅危惧種に指定されています。このヤンバルクイナ観察小屋は、ヤンバルクイナの棲息地域の一部をフェンスで囲んで天敵から保護し、3台の観察カメラを通して運が良ければヤンバルクイナのライブ映像を楽しめるというものです。
 胸をわくわくさせながら行ってみると、観察小屋は、ゴルフ場の隣りにある小さなプレハブで、なんか、がっかりだよ!という感じです。ところがモニターを見てみると、なんとヤンバルクイナが映っています。しばらく水浴びをして去って行きました。や〜見れてよかったです。
辺戸岬 沖縄の最北端の辺戸岬(へどみさき)です。断崖絶壁に波が打ち寄せるダイナミックな景観です。
ヤンバルクイナ展望台 辺戸岬の近くにあるヤンバルクイナの格好をした展望台です。なかなかキッチュで悪くありません。なんか寂れて汚れていましたが、ちゃんと整備をすれば、観光客には受けそうな気がします。

古宇利大橋 やんばるから戻り、古宇利大橋を渡って古宇利島に行ってきました。古宇利橋は2005年2月に開通したばかりです。
古宇利島ポットホール 古宇利島の北側にあるトケイ浜には、ポットホール(甌穴)と呼ばれる穴のあいた奇岩があちこちにあり、不思議な景観を呈しております。写真も、なんだかサルバドール・ダリの絵のようです。場所はちょっとわかりずらいです。
 台風の影響による海のうねりもおさまってきたようです。明日は慶良間に渡ってダイビングです。

|

« 【ダイビング】安良里の沖の根は伊豆とは思えない魚群 | トップページ | 【福祉】「親なき後」という考え方は間違いだった »

旅・宿・温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【ダイビング】安良里の沖の根は伊豆とは思えない魚群 | トップページ | 【福祉】「親なき後」という考え方は間違いだった »