« 【ヴォイツェク・レンツ】ビューヒナーと精神医学 | トップページ | 【精神医学】河原俊雄「G・ビューヒナー研究 殺人者の言葉から始まった文学」をさらにみちくさする »

2007/11/30

【ダイビング】冬が訪れた安良里・黄金崎ビーチを潜る

 11月下旬、ぽん太とにゃん子は安良里にダイビングに行ってきました。水温も22度と、この時期にしては珍しい暖かさのはずでしたが、ちょうど西高東低の強い冬型の気圧配置となり、冷たい北西の風が吹きまくってボートはクローズド。二日とも黄金崎ビーチとなりました。気温は14度、水温も初日は21度、二日目は19度とどんどん下がり、名物のネジリンボウ君も出が悪かったです。
 サービスは安良里ダイビングサービス・タツミ。アットホームで魚に詳しく、スタッフがみな潜るのが大好き。ちょくちょくお世話になっているサービスです。ランチの海鮮丼もお勧めです。
 で、今回見た魚のうちからいくつかをご紹介します。

メイチダイ幼魚@安良里 メイチダイの幼魚です。ぽん太は初めてお目にかかりました。
アオスジテンジクダイ@安良里 アオスジテンジクダイです。これも初見参です。名前の通り顔にある青い筋が美しいです。
ミジンベニハゼ@安良里 おなじみミジンベニハゼ君が、おきまりの空き缶でハイポーズ。かわいいですね。
ネジリンボウ@安良里 ネジリンボウ君です。2日間で4本潜って、顔を出していたのはたったのこれ一匹。でも、かなり近くまで寄らせてくれました。
トラフケボリダカラガイ@安良里 おなじみトラフケボリダカラガイ。阪神ファンは大喜びです。
ササハゼ@安良里 今年はササハゼが多いとのことです。ぽん太は初めて見ました。ちょっと大きくて、体は茶色で渋いですが、目の下の青い線がチャーミングです。
ヤマドリ@安良里 おなじみヤマドリですが、ピントがあったので載せときます。
ホウセキハタ幼魚@安良里 ホウセキハタの幼魚です。初めてお目にかかりました。水温が急に下がったためかナーバスになっていて、なかなか写真を撮らせてくれませんでした。

|

« 【ヴォイツェク・レンツ】ビューヒナーと精神医学 | トップページ | 【精神医学】河原俊雄「G・ビューヒナー研究 殺人者の言葉から始まった文学」をさらにみちくさする »

登山・ダイビング・アウトドア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【ダイビング】冬が訪れた安良里・黄金崎ビーチを潜る:

« 【ヴォイツェク・レンツ】ビューヒナーと精神医学 | トップページ | 【精神医学】河原俊雄「G・ビューヒナー研究 殺人者の言葉から始まった文学」をさらにみちくさする »