« 【ダイビング】八丈島でウミウシ探し | トップページ | 【ヴォイツェク・レンツ】ビューヒナーと精神医学 »

2007/11/19

【登山】八丈富士に登るが何も見えず

 八丈島ダイビングの最終日、八丈島の最高峰である八丈富士に登りました。登り始めは曇りでしたが、お鉢巡りの途中で雨が降り出し、風も強くてびしょびしょになりました。しかし、八丈島固有の花も見られたので良かったです。
 八丈島に来たときは、空港に観光案内やハイキング地図のパンフレットが置いてあるので、それをお持ちになるといいでしょう。

八丈富士【山名】八丈富士(854.3m)
【山域】伊豆諸島
【日程】2007年11月3日
【メンバー】ぽん太、にゃん子
【天候】曇りのち雨
【コース】八丈富士登山口(9:09)…山頂(10:08)…(お鉢巡り)…八丈富士登山口(10:53)
【マイカー登山情報】登山口周辺に路駐可
【参考リンク】
八丈島総合ポータルサイト

八丈富士登山道 登山口付近に車を停め、登山道に入ります。写真のような階段が延々と続きます。
ナンバンギセル もう季節は秋ですが、花がちらほらと咲いていました。見たことのない花です。ナンバンギセルという名です。
ノコンギク ノコンギクです。白くて地味な花です。
ハチジョウアザミ 秋の山につきもののアザミですが、ただのアザミにあらず。八丈島固有種のハチジョウアザミだそうです。
イズノシマダイモンジソウ ん? ダイモンジソウか? 似ていますが、ちょっと花びらの幅が広いようです。イズノシマダイモンジソウという花だそうです。
ハチジョウアキノキリンソウ これも普通のアキノキリンソウのようですが、固有種のハチジョウアキノキリンソウだそうです。
センブリ まったく初めて見る花ですが、センブリだそうです。漢方薬では胃腸薬として使われます。
八丈富士お鉢巡り ガスが強まり、途中から雨模様となりました。せっかくのお鉢巡りですが、何も見ません。噴火口の中に下りて行く道もありますが、今回は省略しました。ぽん太は以前に行ったことがありますが、噴火口の跡の「小穴」に面して浅間神社があり、そこには丸い石がいくつも備えてあります。子供が何歳だかになったときに、海岸の丸石を担ぎあげ、この神社に備える風習があったそうです。また、もう一方の道を行くと、小さな池があるのです。

|

« 【ダイビング】八丈島でウミウシ探し | トップページ | 【ヴォイツェク・レンツ】ビューヒナーと精神医学 »

登山・ダイビング・アウトドア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【ダイビング】八丈島でウミウシ探し | トップページ | 【ヴォイツェク・レンツ】ビューヒナーと精神医学 »