« 【音楽】年末の渋谷を疾走するシフの『第九』(新日本フィルハーモニー交響楽団2007年『第九』特別演奏会/12月23日、オーチャードホール) | トップページ | 【温泉】忠治温泉「旅籠 忠治館」は上州の雰囲気があふれる宿(★★★★) »

2007/12/26

【蕎麦】「手打蕎麦 車家」の「おせいろ」は細打ちだけど香りが強い(★★★★★)

手打蕎麦 車家 雑誌などで見て、以前から気になっていた八王子の「手打蕎麦 車家」に、先日ぽん太とにゃん子は行ってきました。こちらが車家の公式サイトです。場所は京王堀之内の近く、野猿街道沿いにあります。場所としては、バイパスにありがちなチェーン店や大型店が立ち並ぶ地域ですが、会津の只見地方の民家を移築したという建物は、そこだけ時代が違うかのようです。
手打蕎麦 車家 席は、座敷と椅子席があります。天井の高いこの部屋は、クラシックモダンな調度品がよく似合います。
おせいろ@手打蕎麦 車家 鴨せいろがお勧めのようですが、冬になってちとメタボ気味のぽん太は、基本メニューの「おせいろ」を選択。細打ちながら腰が強く、食べると強い蕎麦の香りが口一杯に広がります。ツユは鰹節系の濃い味ですが、甘くはなく、強い蕎麦の香りをキリリと支えます。
手打蕎麦 車家 食器類やお盆も風情があり、接客もレストランのようできびきびして、気持ちがいいです。ぽん太の巣穴からも近いので、ちょくちょく来てみたいお店です。

|

« 【音楽】年末の渋谷を疾走するシフの『第九』(新日本フィルハーモニー交響楽団2007年『第九』特別演奏会/12月23日、オーチャードホール) | トップページ | 【温泉】忠治温泉「旅籠 忠治館」は上州の雰囲気があふれる宿(★★★★) »

酒と食」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74997/17485683

この記事へのトラックバック一覧です: 【蕎麦】「手打蕎麦 車家」の「おせいろ」は細打ちだけど香りが強い(★★★★★):

« 【音楽】年末の渋谷を疾走するシフの『第九』(新日本フィルハーモニー交響楽団2007年『第九』特別演奏会/12月23日、オーチャードホール) | トップページ | 【温泉】忠治温泉「旅籠 忠治館」は上州の雰囲気があふれる宿(★★★★) »