« 【歌舞伎】『義経千本桜』「すし屋」の深い仏教理解に感動する(2008年6月歌舞伎座夜の部) | トップページ | 【歌舞伎】映画のようなスピーディーな展開『夏祭浪速鑑』(2008年6月コクーン歌舞伎) »

2008/06/26

【歌舞伎】「三人笑」の芸に感動(2008年6月歌舞伎座昼の部)

 歌舞伎座昼の部を観て参りました。歌舞伎初心者のぽん太は、『新薄雪物語』は初めて観る演目ですが、とても感動いたしました。
 序幕はどこかで観たような。先月に観た『白波五人男』の序幕が、この『新薄雪物語』のパロディでした。歌舞伎らしく華やかで豪華な舞台です。
 この狂言の見所は、なんといっても最後の「三人笑」。三人がそれぞれ笑うだけのシーンで、これだけの時間(計ってないけど10分近くか)を持たせ、観客を引きつけるのは、芸そのものです。特に芝翫の名演技に思わず涙がこぼれました。久々にいいものを観たという感じで、ぽん太とにゃん子は大満足でした。
 不満があるのが幸四郎。陰腹を切って、痛そうな苦しそうな表情をしたら、すべてが台無しです。ここは痛みを押し殺し、決意を秘めた表情をして欲しいところ。
 本日は女子高生とおぼしき団体が観に来てましたが、一幕目の華やかな舞台と男女のやりとり、染五郎の立ち回りなどは楽しんでいただけたと思うのですが、三幕目の「三人笑」の演技や、子供を思う親の気持ちは、どれほと伝わったでしょうか。ぜひ、歌舞伎ファンになってほしいです。歌舞伎教室というとよく『勧進帳』をやりますが、あれは松羽目物の渋い演目で、問答なども何を言っているのかわからず、ぽん太はちっとも初心者向きとは思いません。『新薄雪物語』のような、お姫様も出て、立ち回りもあり、美しい舞台の方がいいと思うのですが。
 また「三人笑」では、「虎渓の三笑とも名高き、唐土の大笑い」という義太夫が入りますが、中国の故事「虎渓三笑」に関しては、以前の記事で書いたことがあります。
 芝雀、錦之助かわいらしく、富十郎は堂々たる風格。

 最後は福助と染五郎の所作ごと。染五郎、よかったです。もうひとつ色気と愛嬌が出て来たら最高です。

平成20年6月歌舞伎座、昼の部
一、新薄雪物語(しんうすゆきものがたり)
  序 幕 新清水花見の場
  二幕目 幸崎邸詮議の場
  三幕目 園部邸広間の場
      同 奥書院合腹の場
             梅の方  芝 翫
            園部兵衛  幸四郎
             薄雪姫  芝 雀
             腰元籬  福 助
           園部左衛門  錦之助
             奴妻平  染五郎
            腰元呉羽  高麗蔵
           花山艶之丞  由次郎
            役僧雲念  錦 吾
            渋川藤馬  桂 三
             来国行  家 橘
             奴袖平  友右衛門
            刎川兵蔵  歌 昇
             団九郎  段四郎
             松ヶ枝  魁 春
            秋月大学  彦三郎
           幸崎伊賀守  吉右衛門
       葛城民部/秋月大膳  富十郎
二、俄獅子(にわかじし)
              芸者  福 助
              鳶頭  染五郎

|

« 【歌舞伎】『義経千本桜』「すし屋」の深い仏教理解に感動する(2008年6月歌舞伎座夜の部) | トップページ | 【歌舞伎】映画のようなスピーディーな展開『夏祭浪速鑑』(2008年6月コクーン歌舞伎) »

芸能・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74997/41646487

この記事へのトラックバック一覧です: 【歌舞伎】「三人笑」の芸に感動(2008年6月歌舞伎座昼の部):

« 【歌舞伎】『義経千本桜』「すし屋」の深い仏教理解に感動する(2008年6月歌舞伎座夜の部) | トップページ | 【歌舞伎】映画のようなスピーディーな展開『夏祭浪速鑑』(2008年6月コクーン歌舞伎) »