« 【バレエ】ヌニュスのシルヴィアはおきゃんで可愛いな(英国ロイヤル・バレエ団『シルヴィア』) | トップページ | 【医療】医者の書く書類が多すぎます »

2008/07/15

【バレエ】ロイヤルの『眠れる森の美女』はとっても楽しい舞台でした

 先日『シルヴィア』を観た英国ロイヤル・バレエ団、本日は『眠れる森の美女』を観に行ってきました。こちらがNBSのサイトです。
 今回も前回同様ヌニュスとソアレスが主役なのは、まったくの偶然です。
 『眠れる森の美女』も『シルヴィア』同様「少女が性に目覚める」というストーリーですが、シルヴィアが男勝りのお転婆な女の子だったのに対し、オーロラ姫はセレブの箱入り娘。シルヴィアを見事に踊ったヌニュスが、どんなオーロラ姫を見せてくれるかが楽しみでした。結果としてヌニュスの踊りは期待以上。両親にかわいがられて育てられたかわいらしいお嬢さんという感じで、第1幕で彼女がはち切れんばかりの笑顔で踊っているのを観ていると、おじさんまで笑顔になってきます。ヌニュスはブエノスアイレス生まれとのこと。アルゼンチンに行ってみたくなりました。
 ソアレスは『シルヴィア』ではオリオンという野性的な悪者の役でしたが、今回は王子様。体型や踊りは悪くなかったですが、縮れ毛でニカッと笑われるとルパン三世を思い浮かべてしまい、ノーブルさにはちと欠けます。王子様というより、「若い二人の恋愛を周囲の大人たちが暖かく見守る」という雰囲気でした。
 日本公演だったからか知りませんが、日本人ダンサーが活躍していました。リラの精のお付きの騎士の平野亮一は上手。フロレスタンの蔵健太はスタイルがよく健闘。青い鳥の佐々木陽平はがんばってましたが、いかんせん体型のため、軽々と浮かんでいるというよりびよんびよん跳ねている感じでした。みんな頑張れ!応援してます。
 バレエ初心者のぽん太は、『眠れる森の美女』を観るのは2回目なので、振付けや演出を云々することはできません。メッセルの原典版によるという美術は美しく、幕を何枚も利用して表現した深い森の風景など、すばらしかったです。全体としてロマンティック・バレエ的な雰囲気を感じました。乗り物やネズミも登場して、日曜日ということで会場を埋めていた子供たちも大喜びだったことでしょう。
 でも、思わずみとれてしまったのはヌニュスぐらいで、その他のダンサーは「悪くはない」とい感じでしょうか? 全体としてはとっても満足いく舞台でした。
 東京シティフィルの演奏は手慣れていて安心できました。

英国ロイヤル・バレエ団2008年日本公演
『眠れる森の美女』
2008年7月13日(日) 東京文化会館
演出・振付:マリウス・プティバ/モニカ・メイソン
音楽:ピョートル・I.チャイコフスキー
美術:オリバー・メッセルの原典版による

国王フロレスタン24世: クリストファー・サウンダース
お妃: エリザベス・マクゴリアン
オーロラ姫: マリアネラ・ヌニェス
フロリムント王子: ティアゴ・ソアレス
式典長/カタラビュット: アラステア・マリオット
カラボス: ジェネシア・ロサート
リラの精: イザベル・マクミーカン

プロローグ
澄んだ泉の精: 崔由姫
お付きの騎士: リカルド・セルヴェラ
魔法の庭の精: ローレン・カスバートソン
お付きの騎士: フェルナンド・モンターニョ
森の草地の精: ヘレン・クロウフォード
お付きの騎士: ヨハネス・ステパネク
歌鳥の精: イオーナ・ルーツ
お付きの騎士: ジョゼ・マルティン
黄金のつる草の精: ラウラ・モレーラ
お付きの騎士: エルンスト・マイズナー
リラの精のお付きの騎士: 平野 亮一
妖精のお付きたち、貴族、伝令官、カラボスの手下: 英国ロイヤル・バレエ団
 
第1幕
フランスの王子: デヴィッド・マッカテリ
スペインの王子: マーティン・ハーヴェイ
インドの王子: ジョシュア・トゥイファ
ロシアの王子: トーマス・ホワイトヘッド
オーロラ姫の友人: ヘレン・クロウフォード、セリーサ・デュアナ、
カロリン・ダプロット、ベサニー・キーティング、崔由姫、
イオーナ・ルーツ、エマ・マグワイヤー、サマンサ・レイン
編み物をする女たち、ガーランド、ワルツ、貴族: 英国ロイヤル・バレエ団

第2幕
伯爵夫人: ジリアン・レヴィ
王子の側近: ジョシュア・トゥイファ
王子の随員、狩りの一行、妖精たち: 英国ロイヤル・バレエ団

第3幕
フロレスタンと姉妹たち: 蔵 健太、ヘレン・クロウフォード、サマンサ・レイン
長靴を履いた猫と白い猫: ジョナサン・ハウエルズ、エリザベス・ハロッド
フロリナ王女と青い鳥: ローレン・カスバートソン、佐々木 陽平
赤ずきんと狼: イオーナ・ルーツ、ヘンリー・セント=クレア
グラン・パ・ド・ドゥ: マリアネラ・ヌニェス、ティアゴ・ソアレス
おとぎ話の主人公たち、妖精のお付きたち、小姓たち: 英国ロイヤル・バレエ団

協力: 東京バレエ学校
指揮: ワレリー・オブシャニコフ
演奏: 東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団

|

« 【バレエ】ヌニュスのシルヴィアはおきゃんで可愛いな(英国ロイヤル・バレエ団『シルヴィア』) | トップページ | 【医療】医者の書く書類が多すぎます »

芸能・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74997/41837033

この記事へのトラックバック一覧です: 【バレエ】ロイヤルの『眠れる森の美女』はとっても楽しい舞台でした:

« 【バレエ】ヌニュスのシルヴィアはおきゃんで可愛いな(英国ロイヤル・バレエ団『シルヴィア』) | トップページ | 【医療】医者の書く書類が多すぎます »