« 【サーカス】派手な演出より実力で勝負だぜ(2008国立ボリショイサーカス横浜公園) | トップページ | 【宿・観光】平取町の民宿チセに泊まってアイヌに思いをはせる »

2008/08/06

【バレエ】熊川降板は残念だけれど都ちゃんが観れて感動(Kバレエカンパニー「海賊」)

 先日ブログに書いたように、熊川哲也が半月板損傷で「海賊」を降板。ひょっとして1年前の記事ではないかと思いましたが、何度確認しても今回の公演とのこと。とっても残念です。このさい無理せず、しっかりと膝を治して欲しいです。
 で、今回のアリ役は遅沢佑介。あまりよく知らないダンサーですが、過去に「白鳥」のスペインで観ているようです。そしてメドーラには吉田都ちゃんが登場です。前回Kバレエの海賊を見たときも吉田都がメドーラでしたが、今回も楽しみです。

 Kバレエの「海賊」の特徴は(というよりKバレエの演目全般の特徴かもしれませんが)、ドラマティックなストーリー展開にあります。メドーラとグルナーラを姉妹とし(どっちがお姉さん?)、海賊船の難破は最初に持ってきて、最後はアリが殺されて終わります。「白鳥の湖」ではハリウッドばりのストーリー展開を見せたアメリカン・バレエ・シアターでも、「海賊」ではストーリーが破綻していました。がしかし、歌舞伎でもそうですが、古典的な舞台は現代人からみると、矛盾していたりバランスを欠いたりしている場合が多く、それが逆に古典の魅力になっています。確かに勘三郎のコクーン歌舞伎は現代人にとってとても面白くて興奮するのですが、江戸時代の観客はまったく別の観点で歌舞伎を楽しんでいたように思えるのです。そういう意味で、Kバレエの「海賊」も、ドラマチックでスピーディーな展開で面白くて興奮するのですが、一方で筋が破綻した昔ながらの「海賊」もぽん太は好きなのです。

 熊川哲也に代わってアリを踊った遅沢佑介は、普通の小柄なアリと違って、長身で手足も長く、踊りが大きくてダイナミックです。さらに存在感というか、観客を引きつける魅力が出てくるといいのですが。一方コンラッドがスチュアート・キャシディで、ノーブルというよりは男らしい海賊風でしたが、これはこれで遅沢のアリとバランスが取れているのかもしれません。メドーラの吉田都ちゃんのすばらしさは言うまでもなし。動きが柔らかく、正確で安定しています。普通のダンサーだと、「うんしょ、どうだ、すんごいだろ、がんばってるよ」というところを、力まず軽々と簡単に踊ります。質量がないかのようです。格というかレベルが一段階違う気がします。
 荒井祐子はウェストが細い。パ・ド・トロワの 東野泰・樋口ゆり・副智美はそれぞれに持ち味があって魅力的。宮尾俊太郎が海賊軍団の一人というのがごちそうで、ジャンプや回転が集団のなかで光り輝いていました。
 シアターオーケストラトーキョーの演奏は悪くなく、鈴木晶先生のブログによれば、指揮の福田一雄氏の尽力で珍しい曲が多く使われていたそうです。
 夏休みの日曜日だったためか、熊川哲也の降板によって払い戻されたチケットを関係者にばらまいたせいか(推測)、マナーの悪い観客が多かったのは残念です。隣りの二人連れが、吉田都が登場した場面で、ヒソヒソ声ではなく普通の声で会話をし始めたときは、さすがのぽん太も注意させていただきました。ついにモンスター・オーディエンスというものも出始めたようです。

Tetsuya Kumakawa K-BALLET COMPANY
2008 Summer
「海賊」Le Corsaire
2008年8月3日(日)18:30 文京シビックホール

メドーラMedora 吉田都Miyako Yoshida
コンラッドConrad スチュアート・キャシディStuart Cassidy
アリAli 遅沢佑介 Yusuke Osozawa
グルナーラGulnara 荒井祐子Yuko Arai
ランケデムLankedem 輪島拓也Takuya Wajima
ビルバントBirbanto ビャンバ・バットボルトByambaa Batbold

サイード パシャSeid Pasha ルーク・ヘイドンLuke Heydon

ギリシャの少女達 Greek Girls
東野泰子Yasuko Higashino/樋口ゆり Yuri Higuchi/神戸里奈 Rina Kambe/小林絹恵Kinue Kobayashi
仙頭由貴Yuki Sento /副智美 Satomi Soi/柴田有紀 Yuki Shibata/白石あゆ美 Ayumi Shiraishi
日向智子 Satoko Hinata/木島彩矢花 Sayaka Kijima/中谷友香 Yuka Nakatani/渡部萌子 Moeko Watanabe

海賊の男達 Male Pirates 杜海 Du Hai ニコライ・ヴィユウジャーニンNikolay Vyuzhanin
橋本直樹 Naoki Hashimoto/宮尾俊太郎 Shuntaro Miyao
小林由明 Yoshiaki Kobayashi/ピョートル・コプカPiotr Kopka
安西健塁 Takeru Anzai/荒井英之 Hideyuki Arai
ピエトロ・ペリッチア Pietro Pelliccia/内村和真 Kazuma Uchimura
石黒善大 Yoshihiro Ishiguro/スティーブン・ウィンザー Steven Windsor
【第1幕2場(市場)Act I Scene 2 (Market)】
物乞い Beggar 小林絹恵Kinue Kobayashi
アレクサンドル・ブーベルAleksandr Buber
【第2幕1場(洞窟)Act II Scene 1 (Cave)】
パ・ド・トロワPas de Trois 第1ヴァリエーション1st Variation 東野泰子Yasuko Higashino
第2ヴァリエーション2nd Variation 樋口ゆりYuri Higuchi
第3ヴァリエーション3rd Variation 副智美Satomi Soi

鉄砲の踊り Gun Dance 中島郁美Ikumi Nakajima
内冨陽子 Yoko Uchitomi/松根花子Hanako Matsune
杜海 Du Hai/ピョートル・コプカPiotr Kopka

パシャの夢の中の娘達/トルコ軍/市場の住人達/女奴隷達/金持ち達
Girls in Pasha’s Dream /Turkish army/Market dwellers/Female Slaves/Rich People
K-BALLET COMPANY ARTISTS

◆芸術監督 Artistic Director 熊川哲也 Tetsuya Kumakawa
◆演出・再振付 Production,Additional Choreography 熊川哲也Tetsuya Kumakawa
◆原振付 Original Choreography マリウス・プティパ Marius Petipa
◆台本改訂 Scenario 熊川哲也 Tetsuya Kumakawa
◆舞台美術・衣裳 Set and Costume Design ヨランダ・ソナベンド Yolanda Sonnabend/レズリー・トラヴァース Leslie Travers
◆音楽 Music アドルフ・アダンほか Adolphe Adam etc. ◆照明 Lighting Design 足立恒Hisashi Adachi
◆指揮 Conductor 福田一雄 Kazuo Fukuda ◆演奏 シアターオーケストラトーキョー THEATER ORCHESTRA TOKYO

|

« 【サーカス】派手な演出より実力で勝負だぜ(2008国立ボリショイサーカス横浜公園) | トップページ | 【宿・観光】平取町の民宿チセに泊まってアイヌに思いをはせる »

芸能・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74997/42063149

この記事へのトラックバック一覧です: 【バレエ】熊川降板は残念だけれど都ちゃんが観れて感動(Kバレエカンパニー「海賊」):

« 【サーカス】派手な演出より実力で勝負だぜ(2008国立ボリショイサーカス横浜公園) | トップページ | 【宿・観光】平取町の民宿チセに泊まってアイヌに思いをはせる »