« 【バレエ】熊川哲也がまたしても半月板損傷で「海賊」を降板(Kバレエカンパニー) | トップページ | 【オペラ】歌もさることながら演出が見事でした(青ひげ公の城/消えた男の日記・パリ国立オペラ) »

2008/08/01

【テロ?】北海道で洞爺湖サミットを妨害する

 ぽん太とにゃん子は、7月上旬に北海道に登山に行ってきました。ところが、ちょうど洞爺湖サミットと日程がぶつかり、いろいろと大変でした。P7060134 7月6日の夕刻に新千歳空港に到着。レンタカーの送迎の運転手さんが、「あれがブッシュの専用機ですよ」と教えてくれました(写真の左はじ)。
P7060001 空港でレンタカーを借りて、日高方面へ。沿道のあちこちに警察官がいて、物々しい警備体制です。でもぽん太とにゃん子は、「洞爺湖の方には行かないから大丈夫だろ」などとたかをくくっておりました。夕方だったので早く宿に着きたいと、北海道では不要の高速をわざわざ利用したのが間違いのもと。千歳ICから苫小牧東ICまでのわずか11.9km(所要時間8分)の間で悲劇は起こったのです。
 千歳ICから高速に入って、道央自動車道を南下して行くと、うしろにパトカーが一台ぴったりと追走してきます。そこで「いつもの通り」法定速度の時速100kmで走行。
 別に悪いことはしていませんが、ずっとパトカーに追いかけられるのも気分がよくないので、抜いてもらおうと思って、速度を80kmぐらいに落としました。すると、パトカーから拡声器で怒鳴り声が……。
 「スピードを上げなさい!!」
 ぽん太とにゃん子はパニックです。スピードを落とせというのならわかりますが、スピードを上げろと怒られるのは生まれて初めてです。状況が理解できません。

 混乱していると、業を煮やしたのかこんどはパトカーが並走。路肩に停止させられました。
 「何にも聞いてないんですか!? 100キロで着いて来なさい」とのこと。
 ぽん太とにゃん子は何にも聞いてないよ〜。高速入口も普通に入れたし……。

P7060003 パトカーに先導されて、美沢PAに入らされました。
P7060135 先客の車がもう一台停まっています。おまわりさんの話しでは、何でもこれから高速を要人が通過するので、その間ここで車から出ずに待機していなくてはならないとのこと。車一台に警察官一人の監視つきです。ちなみにおまわりさんは京都府警とのこと。ご苦労様です。

 ここから先は撮影禁止。しばらくすると、白バイとパトカーに先導されて、何台かの黒塗りの車がすごいスピードで通過。イタリアのベルルスコーニ首相だそうです。珍しいものを見れてよかった。さあ、民宿へいってビールでも飲もうっと。
 これで解放されると思いきや、次の要人の車が高速に入ったとのこと。さらに軟禁は続きます。誰だか忘れましたがさらに二人の要人が通過し、結局1時間近くパーキングエリアに缶詰にされました。
P7060004 ようやく釈放されて、警備車両だらけのパーキングエリアからおさらばです。

 つまり、要人を通すためにパトカーが先導していたら、前をのろのろと走っているぽん太とにゃん子がいたので、「もっと速く走れ」と指示したのでした。たしかに、後ろからイタリア首相の車が追いついてしまったら大変ですものね。ぽん太もそんなんでワイドショーのネタになりたくないです。
 でもそれなら、高速の入口を閉鎖しておいてくれればいいのに。ぽん太とにゃん子は何も知らずにすんなりと入ってしまいました。
 後で知ったことには、なんでも本来はヘリで移動するはずだったのが、霧のために急きょ車に変更になったそうで、警備も混乱していたのかもしれません。

 滅多に体験できない事件で、おもしろかったです。迷惑かけてすみません。

|

« 【バレエ】熊川哲也がまたしても半月板損傷で「海賊」を降板(Kバレエカンパニー) | トップページ | 【オペラ】歌もさることながら演出が見事でした(青ひげ公の城/消えた男の日記・パリ国立オペラ) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74997/42011394

この記事へのトラックバック一覧です: 【テロ?】北海道で洞爺湖サミットを妨害する:

« 【バレエ】熊川哲也がまたしても半月板損傷で「海賊」を降板(Kバレエカンパニー) | トップページ | 【オペラ】歌もさることながら演出が見事でした(青ひげ公の城/消えた男の日記・パリ国立オペラ) »