« 【佐渡】補遺(佐渡金山、トキ保護センター) | トップページ | 【音楽】山下洋輔の『ラプソディ・イン・ブルー』はあいかわらずの迫力だのう(Symphonic NEW YORK) »

2008/09/09

【歌舞伎】子役(と京珠)がかわいかったわいの(2008年9月歌舞伎座夜の部)

 今月は早々に歌舞伎座夜の部を観てきました。
 吉右衛門が時代物の『盛綱陣屋』と世話物の『河内山』を演じ、あいだに富十郎親子の『鳥羽絵』が入るというプログラムでした。
 『盛綱陣屋』は初めて観る演目。武士の面目を忘れて奪われた子を取り返そうとする高綱夫婦、高綱の迷いを断つために孫を殺そうとするが可愛さに躊躇する微妙が、入り乱れてグズグズになるところが、ぽん太は一番気に入りました。後半の、実はすべては高綱が我が子を犠牲にしてまで仕組んだ謀略だった、というところは、ちょっとできすぎていて感情移入できません。作者の近松半二は複雑な展開を得意としたとのことですが、ちとやり過ぎのような気が……。
 吉右衛門は、いつもながら時代物は大きさと風格と色気があって絶品。福助、芝翫、お見事でした。玉三郎はあまり活躍しなかったのが残念。宜生くん、玉太郎くん、かわいい。
 『河内山』も悪くはなかったですが、吉右衛門が演ずると、うますぎるというか、写実的すぎて、河内山宗俊がイヤなヤツに感じられてしまいました。だって河内山宗俊って、リアルに考えたらイヤなヤツですよね。二年前に歌舞伎座で観た團十郎の宗俊の方が、現実離れしたヒーローのような感じで、ぽん太の好みでした。染五郎は「悪人」という大きさがなく、アブナい人という感じ。腰元衆では芝のぶのかわいさはもちろんのこと、ぽん太は京珠の初々しさに惚れました。
 『鳥羽絵』は滑稽な舞踏。富十郎さん、膝はよくなったのでしょうか? 鷹之資くん、ネズミの着ぐるみかわいかったです。

秀山祭九月大歌舞伎
平成20年9月:歌舞伎座
夜の部

一、近江源氏先陣館(おうみげんじせんじんやかた)
  盛綱陣屋
           佐々木盛綱  吉右衛門
             妻早瀬  玉三郎
           高綱妻篝火  福 助
            信楽太郎  松 緑
         高綱一子小四郎  宜 生
         盛綱一子小三郎  玉太郎
            竹下孫八  桂 三
          古郡新左衛門  由次郎
            伊吹藤太  歌 昇
            北條時政  歌 六
          和田兵衛秀盛  左團次
           盛綱母微妙  芝 翫

二、干支に因みし戯れ絵の趣親子鷹
  鳥羽絵(とばえ)
            下男升六  富十郎
             ねずみ  鷹之資

三、天衣紛上野初花 河内山(こうちやま)
  上州屋質見世の場より
  松江邸玄関先の場まで
           河内山宗俊  吉右衛門
           松江出雲守  染五郎
            腰元浪路  芝 雀
            宮崎数馬  錦之助
          近習大橋伊織  桂 三
            同黒沢要  宗之助
           同米村伴吾  種太郎
           同堀江新六  吉之助
           後家おまき  吉之丞
            北村大膳  由次郎
          和泉屋清兵衛  歌 六
          高木小左衛門  左團次

|

« 【佐渡】補遺(佐渡金山、トキ保護センター) | トップページ | 【音楽】山下洋輔の『ラプソディ・イン・ブルー』はあいかわらずの迫力だのう(Symphonic NEW YORK) »

芸能・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74997/42428078

この記事へのトラックバック一覧です: 【歌舞伎】子役(と京珠)がかわいかったわいの(2008年9月歌舞伎座夜の部):

« 【佐渡】補遺(佐渡金山、トキ保護センター) | トップページ | 【音楽】山下洋輔の『ラプソディ・イン・ブルー』はあいかわらずの迫力だのう(Symphonic NEW YORK) »