« 【山形】出羽屋のきのこ料理・慈恩寺・佐竹家住宅・白鷹ヤナ公園 | トップページ | 【歌舞伎】芝居小屋の雰囲気がいいね!(平成中村座「仮名手本忠臣蔵」2008年10月Dプログラム) »

2008/10/18

【米沢】「次の大河ドラマは直江兼続?知らね〜な〜」ということで予習してみました

Pa020030 米沢で時間が余ってしまったので、「前に観たことあるけれど、仕方ないにゃ〜」と上杉神社を訪問。するとなにやら、妖しげなのぼりがいっぱい立っているではないか。ナント、平成21年のNHK大河ドラマは米沢が舞台とのこと。主人公は直江兼続(なおえかねつぐ)! 知らないにゃ〜。
 ちなみにNHK大河ドラマ『天地人』の直前情報はこちら。楽しみ……だけど、また戦国時代か〜。しかも渋い主人公だにゃ〜。「風林火山」のとき、いつ見ても、山本勘助が女性にひれ伏して「ううううう」と鼻水をたらしながら泣いているシーンばかりで、途中で見る気がなくなったという、いやな記憶が甦ってきます。ぽん太は、南北朝時代のドラマを希望します。
 そしてこちらが「大河ドラマ『天地人』米沢市推進協議会のサイトで、直江兼続の情報や、ゆかりの観光地を知ることができます。
 上杉神社は、上杉謙信を祀った神社だそうです。一角には稽照殿(けいしょうでん)と呼ばれる宝物殿があります。国指定重要文化財を含む刀や甲冑などが展示されておりますが、兜に「愛」という文字のついた直江兼続の甲冑「薄浅葱糸威最上胴具足」が展示してありました。「愛」を掲げながら戦をするとはすごいと思われるかもしれませんが、「愛染明王」を意味するなどと言われています。
Pa020036 上杉神社の隣りにある松岬神社(まつがさきじんじゃ)です。上杉鷹山や上杉景勝、さらに直江兼続などが祀られていますが、直江兼続が合祀されたのは昭和13年とのことです。
Pa020046 林泉寺にある、直江兼続とその妻お船の方のお墓です。
Pa020048 この墓地にあるお墓は、小人の家みたいでちょっと変わっています。ぽん太はこのような墓石は初めて見ました。
Pa020050 こちらは、同じく林泉寺の境内にある甲州夫人菊姫のお墓です。武田信玄の娘ですが、甲越同盟の証しとして、敵であった上杉家の上杉景勝に嫁ぎました。菊姫は、歌舞伎の「本朝廿四孝」の八重垣姫のモデルだそうです。八重垣姫は謙信の娘で、武田勝頼の許嫁という逆の設定になっています。「本朝廿四孝」の「十種香」と「狐火」が今月の歌舞伎座夜の部で上演されます。八重垣姫は玉三郎。楽しみです。
Pa030087 今宵の宿に行く途中にある、龍師火帝の碑(りょうしかていのひ)に立ち寄りました。龍師は水の神、火帝は火の神で、洪水や干ばつがおきないようにとの願いをこめて、直江兼続が置いたものだそうです。
 このくらい予習しておけば、来年の大河ドラマを面白く見れることでしょう。
Pa020055 米沢の北部に広がる水田地帯では、稲穂がたわわに実って、まさに黄金色に輝いていました。とても美しかったです。

|

« 【山形】出羽屋のきのこ料理・慈恩寺・佐竹家住宅・白鷹ヤナ公園 | トップページ | 【歌舞伎】芝居小屋の雰囲気がいいね!(平成中村座「仮名手本忠臣蔵」2008年10月Dプログラム) »

旅・宿・温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【米沢】「次の大河ドラマは直江兼続?知らね〜な〜」ということで予習してみました:

« 【山形】出羽屋のきのこ料理・慈恩寺・佐竹家住宅・白鷹ヤナ公園 | トップページ | 【歌舞伎】芝居小屋の雰囲気がいいね!(平成中村座「仮名手本忠臣蔵」2008年10月Dプログラム) »