« 【オペラ】力強いけど繊細な表現力に欠けるかな/キエフ・オペラ『マノン・レスコー』(2008年11月19日) | トップページ | 【副作用】便秘薬の酸化マグネシウムの副作用で死亡例も!? »

2008/11/28

【オペラ】荒川静香の記憶と重なって思わず涙/キエフ・オペラ『トゥーランドット』(2008年11月23日)

 先日『マノン・レスコー』を観たキエフ・オペラですが、次に『トゥーランドット』を観てきました。『トゥーランドット』といえば、オペラ初心者のぽん太には、なんといっても荒川静香のイナバウワーのイメージです。おそらくほかの聴衆の多くもそうでありましょう。2006年トリノ・オリンピックの荒川静香のYoutubeの動画はこちら。ぽん太も久々に見ましたが、柔らかくてしなやかですばらしい演技ですね。でもイナバウワーって、意外と一瞬だったんですね。
 今回は某デパートのカード会員の特別企画で、「見どころ講座」と「リハーサル見学」つき。「見どころ講座」、楽しみにしていたのですが、何の手違いか講師の先生の到着が遅れて、話しを聞く時間が短くなってしまったのが残念でした。あらすじを追いながら、聞き所を解説していただきました。到着が遅れたあいだ、光藍社の偉い人が公演にまつわる舞台裏などを話して下さり、それもまた面白かったです。手違いのお詫びとして公演プログラムもいただき、ありがたいかぎりです。リハーサル見学では、合唱の歌手たちが、私服で発声練習をするという、普通ではけっして見られぬ場面を見ることができました。学校の音楽の時間のように、少しずつ音程をあげて行きながら、声慣らしをしてました。そのあとオケも加わって、出だしの部分のリハーサルをしていました。私服のおじさん・おばさんたちが、本番では見事な衣裳を着て化粧もばっちり決めて出てきたときには、そのギャップが面白かったです。
 さて感想ですが、先日観た『マノン・レスコー』より、格段とよかったです。その理由が、プッチーニの遺作の『トゥーランドット』が出世作の『マノン・レスコー』より音楽や脚本が優れているからなのか、歌手がよかったためなのか、それとも事前に「見どころ講座」を聞いたおかげなのか、オペラ初心者のぽん太にはさっぱりわかりませんでした。
 しかし、音楽的に『トゥーランドット』が『マノン・レスコー』よりはるかに優れているのは確かなようで、和声や構成もより複雑ですし、ドラマとしてもよくできてますし、また「誰も寝てはならぬ」のようなすばらしいメロディもあります。Wikipediaの「トゥーランドット」の項目によれば、ドビュッシーの『ペレアスとメリザンド』の影響をうけたりもしているそうですが、ほかにもストラヴィンスキーっぽいところとかもあったような気がします。とはいえ決して難解で高尚にはならず、あくまでも通俗レベルの上をキープしているところがプッチーニっぽいです。
 あらすじは簡単に言えば、ツンデレ姫トゥーランドットのお話しです。興味がある方は上にリンクしたWikipediaをご覧下さい。
 歌手では、カラフのオレクシィ・レプチンスキーが、とても伸びやかで明るい声で朗々と歌い、イタリアっぽくてすばらしかったです。トゥーランドットのザクラスニャーナは、容姿は貫禄があって気が強そうでトゥーランドットに合っていますが、声の質は意外と軽やかでかわいらしく、ツンデレのデレになってからの方が似合っていると思いました。それからすばらしかったのが、リューのアッラ・ロジーナ。美人で細身。カラフへの身分を超えた愛のために自らの命を捧げる女奴隷の役を、見事に歌い上げました。もう少し声に細かな表情があるといいのですが。
 演出は伝統的で奇をてらったところはありません。セットも重厚で、それなりに豪華でした。コンヴィチュニーのような新解釈もいいけど、古典的・伝統的な演出の「グランド・オペラ」も悪くないですね。

 ところで『トゥーランドット』の元になる物語に関しては、いろいろと説があるようで、上述のWikipediaからもリンクされていますが、香川大学教授の最上英明氏の論文がとても面白いので、ぽん太もリンクを張っておきます(「トゥーランドット物語の変遷」(1997)、「トゥーランドット物語の起源」(1998))。
 日本の昔話『竹取物語』も、「謎掛け姫」物語のひとつと考えていいのでしょうか?また、「名前当て」という点では、グリム童話の『ルンペルシュティルツヒェン』が思い出されます。青空文庫に邦訳のテキストがあります。
 

『トゥーランドット』
作曲:ジャコモ・プッチーニ
ウクライナ国立歌劇場
2008年11月23日・調布ドリームホール

トゥーランドット:ジャンナ・ザクラスニャーナ
カラフ:オレクシィ・レプチンスキー
皇帝アルトウム:ステパン・フィツィチ
ティムール:セルヒィ・マヘラ
リュー:アッラ・ロジーナ
ピン:ペトロ・プリイマク
パン:セルヒィ・パシューク
ポン:パブロ・プリイマク
役人:ミハイロ・キリシェウ

指揮:ヴォロディミル・コジュハル
管弦楽:ウクライナ国立歌劇場管弦楽団
合唱:ウクライナ国立歌劇場オペラ合唱団
バレエ:ウクライナ国立歌劇場バレエ団

|

« 【オペラ】力強いけど繊細な表現力に欠けるかな/キエフ・オペラ『マノン・レスコー』(2008年11月19日) | トップページ | 【副作用】便秘薬の酸化マグネシウムの副作用で死亡例も!? »

芸能・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74997/43202610

この記事へのトラックバック一覧です: 【オペラ】荒川静香の記憶と重なって思わず涙/キエフ・オペラ『トゥーランドット』(2008年11月23日):

» 荒川静香+トリノ-でつながるブログリング [blogring.org]
荒川静香+トリノに関するブログをまとめています。 [続きを読む]

受信: 2008/12/10 05:13

« 【オペラ】力強いけど繊細な表現力に欠けるかな/キエフ・オペラ『マノン・レスコー』(2008年11月19日) | トップページ | 【副作用】便秘薬の酸化マグネシウムの副作用で死亡例も!? »