« 【温泉・観光】峯雲閣の温泉の滝(★★★★)、吹上温泉間欠泉、鳴子ダム、尿前関 | トップページ | 【蕎麦】腰が強くて美味しいにゃ〜・康正庵@仙台(★★★★★) »

2008/11/18

【バレエ】なんじゃこりゃ?夏休み子供ミュージカルか?新国立劇場バレエ『アラジン』

 新国立劇場にバレエの『アラジン』を観に行って来ました。新国立劇場のバレエを観るのは実は初めてです。これまでなんとなく敬遠していたのですが、よく考えてみたら、ぽん太が棲息する多摩地区から近いし、「国立」ということは莫大な赤字を出しながら運営しているはずですから「お買い得」に違いなく、観ない手はありません。
 『アラジン』は新作で、これが世界初演とのこと。またダンサーはすべて日本人で、外人ダンサーの「フィーチャリング」はありません。
 初台の駅を降りると、いつもと雰囲気がちょっと違います。いかにもバレエを習っているようなスタイルのいい女の子や、家族連れがいっぱいです。中高年夫婦のぽん太とにゃん子はちょっと浮いた存在です。
 新国立劇場の『アラジン』のページはこちらです。公演が終了したらリンク切れになるのでしょうか?

 さて、感想ですが、「新作の初演」というので、なにか芸術的に新しいものなのかと思っていましたが、踊りも音楽も目新しいものはなく、ちょっとがっかりしました。まあ、題名とポスターから、薄々予想はしておりましたが。まず音楽からして、アメリカの子供向き映画やミュージカルのよう。実際に作曲したカール・ディヴィスは、映画音楽やミュージカルで活躍している人のようです。踊りもそれなりに観ていて楽しいのですが、「ををっ」と言わせるようなテクニックの見せ場や、おじさんを恍惚とさせるような味わいはありません。代わりにあるのは、空飛ぶ絨毯などのイリュージョンや、ゴージャスなセットです。さすが税金を大量投入しているだけあります。セットを東京バレエ団に貸してあげたいくらいです。総じて夏休み子供ミュージカルといった感じで、中高年が観に行くものではありませんでした。この公演のポスターや公告のあおり文句に「新たな領域に挑む」という言葉がありますが、芸術的に新しい表現やアイディアは見当たりませんでした。
 バレエ初心者のうえ、舞台から遠い席だったこともあり、個々のダンサーの個性や良し悪しまではわかりませんでした。プリンセスの小野絢子はとってもかわいらしかったですが、「思わず魅了される」ような場面はありませんでした。アラジンの八幡顕光は少年らしくハツラツとしていましたが、小野絢子よりも背が低いのが残念。ぽん太は男ですが、やはりバレエには「長身の王子様」を期待したいところ。ランプの精の中村誠も健闘していましたが、もうひとつジャンプとか回転とか技の見せ場があるといいのですが。全体として、観客の気持ちをぐっとつかむ雰囲気を持ったダンサーがいないような気がしました。
 作・振付のデヴィッド・ビントレーは、現在は英国バーミンガム・ロイヤル・バレエ団の芸術監督ですが、平成22年9月から3年間、新国立劇場の舞踏部門の芸術監督を務めるとのこと。まさか、こんなバレエばっかりになるんじゃないでしょうな。嫌な予感がします。
 それはさておき、しばらく新国立劇場のバレエとオペラを追いかけてみるつもりです。

 ところで、「アラジン」ってもともとはどんな話しだったっけ。思い出そうとすると、ぽん太の頭の中には「ハクション大魔王」が浮かんで来てしまいます。Wikipediaを見ると、『千夜一夜物語』(アラビアン・ナイト)の物語のひとつとされていますが、アラビア語原典には含まれておらず、あとから加えられた物語の可能性が高いそうです。青空文庫に、菊池寛の訳がアップされています。短いので簡単に読むことがでいます。ランプの精の主人がロック鳥(フェニックス)だったとは、初めて知りました。あれれ?「開けゴマ」の呪文が出てないぞ。そりゃ「アリババと40人の盗賊」か。


新制作/世界初演
デヴィッド・ビントレーのアラジン

2008年11月16日、新国立劇場オペラ劇場

【振付】デヴィッド・ビントレー
【作曲】カール・デイヴィス
【指 揮】ポール・マーフィー
【舞台装置】ディック・バード
【衣 装】スー・ブレイン

【アラジン】八幡顕光
【プリンセス】小野絢子
【魔術師マグリブ人】冨川裕樹
【ランプの精ジーン】中村誠
【アラジンの母】難波美保
【サルタン(プリンセスの父)】イルギス・ガリムーリン
【オニキスとパール】大和雅美、伊東真央、寺田亜沙子、福田圭吾、泊 陽平、陳 秀介
【ゴールドとシルバー】川村真樹、西川貴子、貝川鐵夫、市川 透
【サファイア】湯川麻美子
【ルビー】寺島ひろみ、マイレン・トレウバエフ
【エメラルド】高橋有里、さいとう美帆、古川和則
【ダイアモンド】西山裕子
新国立劇場バレエ団

|

« 【温泉・観光】峯雲閣の温泉の滝(★★★★)、吹上温泉間欠泉、鳴子ダム、尿前関 | トップページ | 【蕎麦】腰が強くて美味しいにゃ〜・康正庵@仙台(★★★★★) »

芸能・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74997/43135333

この記事へのトラックバック一覧です: 【バレエ】なんじゃこりゃ?夏休み子供ミュージカルか?新国立劇場バレエ『アラジン』:

« 【温泉・観光】峯雲閣の温泉の滝(★★★★)、吹上温泉間欠泉、鳴子ダム、尿前関 | トップページ | 【蕎麦】腰が強くて美味しいにゃ〜・康正庵@仙台(★★★★★) »