« 【オペラ】荒川静香の記憶と重なって思わず涙/キエフ・オペラ『トゥーランドット』(2008年11月23日) | トップページ | 【温泉】風情ある木造三階建てと松葉ガニづくし・城崎温泉三木屋 »

2008/11/29

【副作用】便秘薬の酸化マグネシウムの副作用で死亡例も!?

 本日の朝刊に、便秘薬としてよく使われる酸化マグネシウムの副作用に関する記事が掲載されていました。例えば毎日新聞の記事はこちらで、「酸化マグネシウム:便秘薬など副作用15件、うち2人死亡」というタイトルになっております。
 タイトルだけ読むと、命を失いかねない恐ろしい薬のようですが、記事をよく読んでみると、「『酸化マグネシウム』の服用が原因とみられる副作用報告が05年4月~今年8月に15件あり、うち2人が死亡していた」とのこと。3年4ヶ月で15件、死亡が2名ということです。その記事によれば、酸化マグネシウムの推計使用者は、年間延べ約4500万人とのこと。それが3年4ヶ月分ですから、リスクは高いとはいえません。使用を控える必要はないと思いますが、副作用を常に念頭に起きながら診療をすることと、定期的な血液検査は行う必要がありそうです。
 今回の情報は、厚労省が月1回出している「医薬品・医療機器等安全性情報」に掲載されたものですが、なぜかそれは厚労省のホームページにはアップされておらず、「独立行政法人医薬品医療機器総合機構」が運営する医薬品医療機器情報提供ホームページというサイトのこのページで読むことができます(きっと天下り先ではないでしょう)。平成20年11月27日(No,252)で、そのpdfファイルはこちらで読むことができます。
 そこに死亡例2例の概略が出ておりますが、おのおの80歳代、90歳代と高齢ですので、若い人に用いる場合にはリスクは高くなさそうですが、それでも十分な注意が必要と思われます。
 酸化マグネシウムの販売名の一覧も、上記のpdfファイルに書いてあります。
 高マグネシウム血症の症状もまた、上記のpdfファイルにも出てますが、またこちらのメルクマニュアル家庭版でも見ることができます。初期症状としては、悪心・嘔吐、口渇、血圧低下、徐脈、皮膚潮紅、筋力低下、傾眠などがみられ、重篤になると、呼吸抑制や意識障害、不整脈などが現れ、心停止にいたることがあるようです。治療としては、カルシウム製剤や利尿剤、透析などが行われるようですが、クリニックレベルでここまで行ってしまってはダメで、そうなる前に発見して薬の投与を中止する必要があると考えられます。

|

« 【オペラ】荒川静香の記憶と重なって思わず涙/キエフ・オペラ『トゥーランドット』(2008年11月23日) | トップページ | 【温泉】風情ある木造三階建てと松葉ガニづくし・城崎温泉三木屋 »

精神医療・福祉」カテゴリの記事

コメント

ALFA ROMEOさん、コメントありがとうございます。お礼が遅くなってもうしわけありません。
マグネシウムの血中濃度、仕方ないのでしこしこ測っておりますが、いまだかつて異常があった患者さんはいません。いったい厚労省は、医療費を増やしたいのか減らしたいのか。
ただ、塩化ナトリウムとは一緒にできませんが。例の 世界で一番危険な物質「一酸化二水素」のようになってしまいます。

投稿: ぽん太 | 2009/04/14 18:55

酸化マグネシウムによる死亡例が3年4ヶ月で2例ですか。
じゃあ、塩化ナトリウム(食塩)の方がよっぽどたくさんの人を高血圧で死なせているんじゃないでしょうか?

投稿: ALFA ROMEO | 2009/03/28 21:33

K.Yokotaさん、コメントありがとうございます。
まあ、厚労省の安全情報は、「電子レンジで猫を乾燥させないでください」という但し書きのように、政府と企業の責任逃れのような部分がありますからね。以後、高マグネシウム血症で事故が起きれば、医師の責任ということになります。したがって医師は、「アリバイ作り」のために定期的に血液検査をすることになります。

投稿: ぽん太 | 2008/12/18 17:03

“便秘薬の副作用報道”は極めて多くの医療従事者から疑問の声が上がる一方、患者さんには不要な不安を煽る結果となりました。酸化マグネシウム(MgO)は日本では50年以上前から(昭和25年からは日本医薬品に認定)、制酸剤、便秘薬等として、現在では約4500万人の患者さんに処方され、しかも食品添加物としても古くから利用されています。臨床では用量を適正に守ればこれほど安全で有用な薬はないでしょう。但し、慢性腎不全患者に多量に長期投与した場合は高マグネネシム血症を来たしますが、認知症や意識障害がなければ、事前にそれを疑わせる食思不振、嘔気、意識レベル低下、深部腱反射消失等の症状が必ずでます。また、仮に血中Mg濃度が10mg/dl程度になってもそれだけでショックに陥ることもありません。今回の厚労省の発表と報道に関しては検証が必要で、“MAG21研究会”では、限りある資料を基に検証した結果、死亡例(2例)に一貫性が無く、死因との因果関係も明確ではない事が判明しましたのでホームページ上で詳細を述べコメントを致しました。“MAG21研究会”を検索戴くか、http://mag21.jugem.jp/ でご覧戴けます。

投稿: K.Yokota | 2008/12/10 22:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74997/43253620

この記事へのトラックバック一覧です: 【副作用】便秘薬の酸化マグネシウムの副作用で死亡例も!?:

« 【オペラ】荒川静香の記憶と重なって思わず涙/キエフ・オペラ『トゥーランドット』(2008年11月23日) | トップページ | 【温泉】風情ある木造三階建てと松葉ガニづくし・城崎温泉三木屋 »