« 【オペラ】声量はないけど演技が秀逸!「フィガロの結婚」ワルシャワ室内歌劇場オペラ | トップページ | 【京都】大原三千院・寂光院、比叡山延暦寺 »

2008/12/05

【バレエ】オーシポワとワシーリエフの身体能力に大興奮/ボリショイ・バレエ「ドン・キホーテ」

 いや〜すごかったです。久しぶりにいいものを見ました。
 この日しか予定があいていなかったから決めたのですが、キャストを見てみると、主役のオーシポワとワシーリエフの名前はなんだかチラシの右端のほうに……。「若手かな……まあ、いいか」というぐらいの感じで、あまり期待せずに行ったのですが、すばらしい身体能力で、ホントにびっくりしました。
 キトリのオーシポワは最初のジャンプからして、高さもあり、足がよく開いています。その後もすごいジャンプ力を見せつけます。グランフェッテも、2回転を入れるのはあたりまえ、その上すごいスピードでした。全体として、若くてはつらつとして愛らしくて、元気いっぱいのキトリでした。
 バジルのワシーリエフも見事なジャンプ力でした。回転して足を前後に広げるジャンプ(すみません、バレエ初心者のぽん太は用語を知りません)で登場した時は、その高さと滞空時間にびっくり仰天し、椅子からズレ落ちそうになりました。回転でも軸がぶれません。片手リフトでは、さらに片足を上げて一本足で立ちました。ただ、第3幕の有名なソロ(すみません、呼び名がわかりません)などは「あれっ?」という感じで、技や身体能力はすごいけれど、踊り全体を雰囲気を持ちながら踊り切る表現力はまだ不十分なのかもしれません。
 とにかくこの日は、観客のノリがよかったです。ひとつの踊りが終わるごとに大拍手。興奮のるつぼでした。ただ、ひとつの踊りの途中で、技を出すたびに拍手する人たちもいて、ちょっとやり過ぎというか、鑑賞の邪魔になる感じもしました。まあ「ドンキ」なら許せるか、という感じです。

 クリニチェフ指揮のオーケストラも、速いテンポでぐんぐん押していきます。1幕の群舞など、コールドバレエも、すごいスピードで体を精一杯動かしていて、力強かったです。その他のダンサーも、一人ひとりが個性があってすばらしかったです。全体としてダイナミックでエキサイティングな舞台でした。舞台美術も、背景画がパステル調でおもしろかったです。衣装はとてもきれい。
 や〜、こんなダンサーが二番手、三番手でいるなんて、ボリショイってホントにすごいですね。日曜日には「白鳥」に行く予定ですが、今度は「ドンキ」と一転して、どのようなしっとりとした舞台を見せてくれるのか、いまから楽しみです。
 ちなみにボリショイ・バレエ2008の公式サイトはこちらです。またオシーポワの公式サイトはこちら。探してみたら、Youtubeにオーシポワとワシーリエフのドンキの動画がありました。何度見ても興奮が甦ります。

 あとで調べてみたら、オーシポワもワシーリエフも、去年のマリインスキー・バレエ&ボリショイ・バレエ合同ガラ公演で踊っていたではないか(公式サイトの残骸はこちら)。ぽん太が見たのはBプロですから、オーシポワは「ミドル・デュエット」、ワシーリエフは「ばらの精」を踊ったようです。「ばらの精」は、すごいジャンプ力だけどちょっと上半身ががっちりしているダンサーだった気がしますが、「ミドル・デュエット」の方はまったく記憶がありません。恐るべし狸脳!


「ドン・キホーテ」
2008年12月4日、東京文化会館

    音楽 : ルートヴィヒ・ミンクス
    台本 : マリウス・プティパ
    振付 : マリウス・プティパ,アレクサンドル・ゴールスキー
  振付改訂 : アレクセイ・ファジェーチェフ
ファジェーチェフの助手 : ミハイル・ツィヴィン
    美術 : セルゲイ・バルヒン
  衣裳復元 : タチヤーナ・アルタモノワ,エレーナ・メルクーロワ
  音楽監督 : アレクサンドル・コプィロフ
    照明 : ミハイル・ソコロフ
  美術助手 : アリョーナ・ピカロワ
    指揮 : パーヴェル・クリニチェフ
   管弦楽 : ボリショイ劇場管弦楽団

  キトリ/ドゥルシネア : ナターリヤ・オーシポワ
      バジル(床屋) : イワン・ワシーリエフ
ドン・キホーテ (さすらいの騎士) : アレクセイ・ロパレーヴィチ
サンチョ・パンサ (ドン・キホーテの剣持ち) : アレクサンドル・ペトゥホーフ
ガマーシュ (金持ちの貴族) : デニス・サーヴィン
フアニータ (キトリの友人) : ヴィクトリア・オーシポワ
ピッキリア (キトリの友人) : オリガ・ステブレツォーワ
   エスパーダ (闘牛士) : アルテム・シュピレフスキー
   ルチア (街の踊り子) : アナスタシア・メシコーワ
   メルセデス (踊り子) : マリーヤ・イスプラトフスカヤ
  ロレンソ (キトリの父) : イーゴリ・シマチェフ
ロレンソの妻 (キトリの母) : アナスタシア・ヴィノクール
          公爵 : アレクサンドル・ファジェーチェフ
        公爵夫人 : エカテリーナ・バルィキナ
      居酒屋の主人 : イワン・プラーズニコフ
      森の精の女王 : エカテリーナ・シプーリナ
     3人の森の精 : ユーリヤ・グレベンシチコワ,ネッリ・コバヒーゼ
             オリガ・マルチェンコワ
     4人の森の精 : アレーシャ・ボイコ,スヴェトラーナ・パヴロワ
            チナラ・アリザデ,スヴェトラーナ・グネードワ
      キューピッド : アナスタシア・スタシケーヴィチ
     スペインの踊り : クリスチーナ・カラショーワ
             アンナ・バルコワ,エカテリーナ・バルィキナ
     ジプシーの踊り : アンナ・アントロポーワ
         ボレロ : アンナ・バルコワ,アントン・サーヴィチェフ
グラン・パの第1ヴァリエーション : エカテリーナ・クリサノワ
グラン・パの第2ヴァリエーション : ネッリ・コバヒーゼ

|

« 【オペラ】声量はないけど演技が秀逸!「フィガロの結婚」ワルシャワ室内歌劇場オペラ | トップページ | 【京都】大原三千院・寂光院、比叡山延暦寺 »

芸能・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74997/43326946

この記事へのトラックバック一覧です: 【バレエ】オーシポワとワシーリエフの身体能力に大興奮/ボリショイ・バレエ「ドン・キホーテ」:

« 【オペラ】声量はないけど演技が秀逸!「フィガロの結婚」ワルシャワ室内歌劇場オペラ | トップページ | 【京都】大原三千院・寂光院、比叡山延暦寺 »