« 【精神障害者福祉】社会と接点がない患者さんが全国で50万人 | トップページ | 【バレエ】女たらしのアルベルト・レニングラード国立バレエ『ジゼル』(付:20世紀のはじまり ピカソとクレーの生きた時代) »

2009/01/08

【モロッコ旅行(2)】地理と自然(付:なぜか上海)

Pc270001 なぜか上海……。 今回の旅行は、まず上海でトランジット。それに夕食と、車窓からの軽い上海観光が着いていました。写真は「森ビル」で、正式名称は「上海環球金融中心」(上海ワールド・ファイナンシャル・センター)です(公式サイトはこちら)。高さは492メートル。当初は世界一の高さのビルを目指しましたが、建設予定がずれ込むうちに台湾のTAIPEI 101(509メートル)が完成していまい、現在は世界2位だそうです。さらにドバイに建設中のブルジュ・ドバイは既に700メートルを超えており、最終的にどこまで高くなるかは明らかにされていないそうです。今年竣工の予定だそうですが、ドバイは経済危機の深刻な影響を受けているというウワサもあり、いったいどうなることでしょう。
 外灘(バンド)の租界時代の面影の残る歴史的な街並もライトアップされて美しく、そこから眺めた高層建築群もすばらしく、2010年の上海万博に向けて街を整備する上海の勢いを感じました。海鮮料理もおいしかったです。そのうちゆっくり観光してみたいです。

 上海からエミレーツ航空を上述のドバイで乗り継ぎ、一路モロッコのカサブランカへ。ところでモロッコで有名な都市といえば、映画で有名なカサブランカですが、モロッコの首都はカサブランカではありません。ラバトという都市です。
 みなさんはモロッコの位置を知ってますか?ぽん太は良く知りませんでした。下のグーグルマップをご覧下さい。
大きな地図で見る
 アフリカ大陸の北西部に位置し、東はアルジェリア、南は西サハラと接しています。それよりも地政学的に重要なのは、ジブラルタル海峡を挟んでスペインと面していることで、もっとも狭いところでわずか14kmしか離れていないそうです。つまりモロッコは、アフリカとヨーロッパを結びつけると同時に、地中海と大西洋をも結びつけているのです。従ってモロッコは、ジブラルタル海峡よりも東では地中海に面し、西では大西洋に面しております。
 細かく言えば、モロッコはスペインと陸続きです。え?どこでですって?実は北アフリカにはスペインの飛び地があります。それはセウタ(地図)とメリリャ(地図)です。ですからモロッコは、スペインと陸続きということになります。
 面積は44.6万平方キロメートルで、日本の約1.2倍、人口は3,324万人です。
P1020028 地形に関しては、例えばこちらの地図をご覧下さい。モロッコには大きな二つの山脈があります。ひとつは地中海沿いに東西に伸びアルジェリアに連なっていくエルリフで、最高2400m程度です。もうひとつは北東から南西に斜めに走るアトラス山脈で、北から順にモワイアン・アトラス、オート・アトラス、アンチ・アトラスの三つに分かれています。3000〜4000m級の山々が連なり、オート・アトラスにあるモロッコ最高峰のトゥプカル山は4165mあり、富士山よりも遥かに高いです。写真は、ワルザザートからマラケシュに向かう途中に見えた、オート・アトラスの3000m級の山並みです。
 モロッコの気候ですが、ぽん太は、アフリカでサハラ砂漠と聞いて、てっきり暑いと思い込んでいたのですが、1月のカサブランカで最低気温9度、最高気温17度ぐらいで、東京の3月や11月くらいの肌寒さです。
Pc300125 写真は、モワイアン・アトラスの中腹にあるイフレンの近くですが、ご覧の通り雪が降り積もり、観光客がスキーを楽しんでおります。
 アトラス山脈の北西側は主に温暖な地中海性気候で、オリーブの木が目立ちます。
Pc310174 一方、山脈の南東側は砂漠気候となっており、広大なサハラ砂漠が始まります。

|

« 【精神障害者福祉】社会と接点がない患者さんが全国で50万人 | トップページ | 【バレエ】女たらしのアルベルト・レニングラード国立バレエ『ジゼル』(付:20世紀のはじまり ピカソとクレーの生きた時代) »

旅・宿・温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【モロッコ旅行(2)】地理と自然(付:なぜか上海):

« 【精神障害者福祉】社会と接点がない患者さんが全国で50万人 | トップページ | 【バレエ】女たらしのアルベルト・レニングラード国立バレエ『ジゼル』(付:20世紀のはじまり ピカソとクレーの生きた時代) »