« 【歌舞伎】正直恐すぎます!海老蔵のいがみの権太(花形歌舞伎昼の部、2009年1月新橋演舞場) | トップページ | 【オペラ】大感動!演出よし歌よし音楽よし・『蝶々夫人』新国立劇場 »

【バレエ】マツァークにびっくり、コルプもいいぞ、レニングラード国立バレエ『海賊』

 皆さん、神様は存在します!
 前回の「白鳥」で、真ん前に髪型アップの首降りオバサンがいて、ほとんど舞台が見えなかったぽん太ですが、今回の「海賊」ではナント前が空席!ありがたや、ありがたや、神様ありがとう!ぽん太の苦しみを見ていてくれたのですネ。でも、とってもすばらしい舞台だったので、空席が目立ったのはちょっと残念でした。
 それほど本日の「海賊」はとてもすばらしかったです。まずびっくりしたのが、メドーラのナタリヤ・マツァーク。初めて見るダンサーですが、鍛え抜かれた身体は腹筋が割れており、身体能力もさることながら、独特のライン美しく、存在感があります。キエフ・バレエ(ウクライナ国立バレエ)に所属しているとのことですが、ちょっと東洋の血が混ざっている感じで(これって差別発言?)、『海賊』の設定にマッチしていました。ぽんたは一目で彼女の大ファンになりました。そしてコルプも、『ジゼル』ではキャラが合っていない感じでしたが、『海賊』のアリは予想通りのハマリ役。髪型は相変わらず自転車のヘルメットみたいで変でしたが、すばらしい踊りでした。目の周りが黒いメイクも、タヌキのぽん太は親近感を覚えます。
 二人以外にも、シェミウノフのコンラッドは、長身で踊りも大きく、ノーブルで包容力があって文句無し。奴隷商人ランケデムを踊ったアントン・プロームも、1幕のダンスなど、ここでこんなにすばらしく踊ってしまって、2幕のアリの踊りは大丈夫なの?という感じでした。裏切り者のビルバンドのアンドレイ・カシャネンコも、踊りにキレがあり、カミソリのようなキャラクターがよかったです。『ジゼル』ですばらしいミルタを踊ったコシェレワが、クラシック・トリオの一人という贅沢。その他もすべてのダンサーが、のびのびと目一杯実力を発揮しているという感じでした。
 ただ演出に関しては、序曲の最中に風の音がスピーカーで流れ、演奏が聞こえません。冒頭からしばらくのあいだ、ネットのような幕が降りたままで舞台が進行するのですが、見にくいだけで理由がわかりません。ビルバンドの傷をメドーラが見つけて裏切り者と気づく下りがないので、メドーラがビルバンドに斬りつけるシーンが無意味になってしまいました。一般にはパシャの夢とされている花輪を持った踊りが、突然出て来るので、前後のつながりがわからない、などの点に疑問を感じました。
 ぽん太にとっては、マツァーク、コルプを初めとして、すべてのダンサーが最高のパフォーマンスを見せてくれて、「白鳥」の鬱積がはれた至福の一夜でした。

「海賊」
レニングラード国立バレエ(ミハイロフスキー劇場)
2009年1月15日、Bunkamuraオチャードホール
音楽:A.アダン 他
振付:M.プティパ

コンラッド(海賊の首領):マラト・シェミウノフ
メドーラ:ナタリヤ・マツァーク(ゲスト・ソリスト)
アリ(海賊):イーゴリ・コルプ(ゲスト・ソリスト)
ギュリナーラ:サビーナ・ヤパーロワ
ランゲデム(奴隷商人):アントン・プローム
セイード・パシャ(トルコの総督):アンドレイ・ブレクバーゼ
ビルバンド(海賊):アンドレイ・カシャネンコ
フォルバン:ヤニーナ・クズネツォーワ、エレーナ・モストヴァーヤ、オリガ・セミョーノワ、ニコライ・アルジャエフ、ロマン・ペトゥホフ
アルジェリアの踊り:エレーナ・モストヴァーヤ
パレスチナの踊り:オリガ・セミョーノワ
クラシック・トリオ:イリーナ・コシェレワ、ダリア・エリマコワ、ヴィクトリア・クテポワ

指揮:ミハイル・パブージン
管弦楽:レニングラード国立歌劇場管弦楽団

|

« 【歌舞伎】正直恐すぎます!海老蔵のいがみの権太(花形歌舞伎昼の部、2009年1月新橋演舞場) | トップページ | 【オペラ】大感動!演出よし歌よし音楽よし・『蝶々夫人』新国立劇場 »

芸能・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74997/43766138

この記事へのトラックバック一覧です: 【バレエ】マツァークにびっくり、コルプもいいぞ、レニングラード国立バレエ『海賊』:

« 【歌舞伎】正直恐すぎます!海老蔵のいがみの権太(花形歌舞伎昼の部、2009年1月新橋演舞場) | トップページ | 【オペラ】大感動!演出よし歌よし音楽よし・『蝶々夫人』新国立劇場 »