« 【バレエの原作を読む(4)】『白鳥の湖』←ムゼーウス『奪われた面紗』?? | トップページ | 【歌舞伎】鹿の子と道明寺を買って帰る・2009年2月歌舞伎座昼の部 »

2009/02/12

【バレエ】ギエム姐さんの『ボレロ』首藤の『中国の不思議な役人』・東京バレエ団<ベジャール・ガラ>

 ギエムと首藤が二人とも出る日を狙って行ってきました。結果、とっても大満足で、いいものを観たなあ!という感じでした。
 まず、ギエムの『ボレロ』が予想通り最高!前回『ボレロ』を観たのは昨年来日したモーリス・ベジャール・バレエ団で(そのときのブログはこちら)、カトリーヌ・ズアナバールのソロでした。黒人系の彼女の『ボレロ』は、アフリカの部族の祝祭をイメージさせるものでした。今回のギエムは、アスリートのような鍛えぬかれた肉体を駆使した正確でキレのいいダイナミックな踊りで、祝祭性やエロスよりも、身体の美しさとパワーをストレートに見せてくれたように思います。ストレートの長髪も非常に効果的に使ってました。踊っている時の集中した表情と、カーテンコールのときのにこやかな笑顔の対照も素敵でした。
 そして首藤の『中国の不思議な役人』。実はぽん太は首藤のバレエを観るのは今回が初めてです。約1年前にマイムの小野寺修二の『空白に落ちた男』に出演しているのを観て(その時のブログはこちら)とても感動し、次は首藤のバレエを観たいと思っていたのですが、こんかい願いがかないました。生で観た須藤の踊りは、なんといっても表現力が優れています。ポーズが美しいとかジャンプが高いとかいう技術的なレベルを越えたところで、観る者の心に訴えかけてる力があります。『空白に落ちた男』などの他流試合の経験が、首藤の演劇性に磨きをかけたのでしょうか?
 全体としては、娘役の宮本祐宜がときどき素の男に戻ってしまったりし、妖艶さや倒錯的なアヤシさにはちと欠けていた気がします。
 『ギリシャの踊り』も悪くなし。後藤晴雄が魅力的でした。


モーリス・ベジャール追悼公演V / 東京バレエ団創立45周年記念公演II
東京バレエ団<ベジャール・ガラ> 
「ギリシャの踊り」「中国の不思議な役人」「ボレロ」

振付:モーリス・ベジャール  振付指導:ジル・ロマン、小林十市

「ギリシャの踊り」 音楽:ミキス・テオドラキス
I.イントロダクション 
II.パ・ド・ドゥ(二人の若者):高橋竜太-小笠原亮
III.娘たちの踊り 
IV.若者の踊り 
V.パ・ド・ドゥ:吉岡美佳-中島周
VI.ハサピコ:井脇幸江-木村和夫
VII.テーマとヴァリエーション 
ソロ:後藤晴雄
パ・ド・セット: 西村真由美、高木綾、佐伯知香、田中結子、福田ゆかり、川島麻実子、阪井麻美
VIII.フィナーレ: 全員

「中国の不思議な役人」 音楽:ベラ・バルトーク
無頼漢の首領:平野玲
第二の無頼漢―娘:宮本祐宜
ジークフリート: 柄本武尊
若い男:西村真由美
中国の役人:首藤康之

「ボレロ」 音楽:モーリス・ラヴェル
シルヴィ・ギエム
平野玲、松下裕次、長瀬直義、横内国弘

|

« 【バレエの原作を読む(4)】『白鳥の湖』←ムゼーウス『奪われた面紗』?? | トップページ | 【歌舞伎】鹿の子と道明寺を買って帰る・2009年2月歌舞伎座昼の部 »

芸能・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74997/44016781

この記事へのトラックバック一覧です: 【バレエ】ギエム姐さんの『ボレロ』首藤の『中国の不思議な役人』・東京バレエ団<ベジャール・ガラ>:

« 【バレエの原作を読む(4)】『白鳥の湖』←ムゼーウス『奪われた面紗』?? | トップページ | 【歌舞伎】鹿の子と道明寺を買って帰る・2009年2月歌舞伎座昼の部 »