« 【温泉】伊達政宗も泊まった歴史ある宿・青根温泉湯元不忘閣(★★★★★) | トップページ | 『おくりびと』ロケ地巡り、NKエージェント・鶴の湯(付:鶴川市立加茂水族館) »

2009/03/17

【オペラ】ヴォータンっていい性格してるよね『ラインの黄金』新国立劇場オペラ

 新国立の『ラインの黄金』を観てきました。こちらが新国立劇場の公式サイトです。
 「ニーベルングの指輪」は、『ワルキューレ』だけは観たことありましたが、『ラインの黄金』は初めてです。上演時間は2時間40分、休憩なしとのこと。ぽん太はお昼前から水を控えて備えましたが、上演の途中で退席する人を何人か見かけました。
 指揮者は最初から指揮台にいて、ホール全体が暗転したのち、まず指揮者にスポットライトが当たって序曲が始まり、次第にオーケストラビット全体が照らし出されて行きました。開始の拍手はありません。歌舞伎でいえば「仮名手本忠臣蔵」の「大序」のようなものか?『ラインの黄金』は伝統的にこのように開始するものなのか、それとも今回の演出だけなのか、初めてのぽん太にはわからなかったのですが、あとでググってみると、どうやらバイロイト方式のよう。
 冒頭に出てくるラインの3人の乙女。タヌキのぽん太は他人のことは言えませんが、やや体型に難あり。ミニスカートや水着姿がちょっと痛々しかったです。ラジライネンのヴォータンは歌はすばらしいですが、なんかひょうひょうとして、そらっとぼけたおじさんで、神様の風格がありません。ツィトコーワのフリッカも、美人で細身でスーツに身をつつんだ姿はキャリアウーマンみたいで、全体としてなんだかホームコメディの雰囲気でした。二人の巨人はアルフレッド・ヒッチコックかと思いましたが、ぽん太お気に入りの長谷川顯はユーモラスで声量もあってよかったです。ユルゲン・リンのアルベリヒもなかなかよく、特に第四場は迫力がありました。その他の日本人勢も悪くなかった気がします。
 演出や舞台美術にはちょっと不満が残りました。新国立劇場はこちらの図にあるように4面の舞台を持っていて、スピーディーな場面転換が可能です。『ラインの黄金』ではそれを駆使しており、観客の目の前で舞台が左右に動いて入れ替わったり、第3場の主舞台が下に沈んで後ろから第4場の奥舞台がせり出してきたりするのですが、新国立劇場の設備のすごさには目を見張りましたが、劇的な演出効果はたいしたことありませんでした。第1場でアルベリヒがライン川に飛び込んで金を奪うところをスクリーンの映像で表現したのも、アメリカの子ども向きアニメみたいでした。ジグソーパズルのピースの形をした指輪というアイディアも面白くありません。
 オケや指揮の良し悪しはぽん太にはわかりません。オケピの正面の舞台の下になるところに、ハープが6台並んでいるのが、さながらギリシャ建築のエンタシスのようで、ワグナーの豪華さを感じました。
 『ラインの黄金』でのヴォータンの言動は、神様とは思えない自分勝手でむちゃくちゃなものですが、神様といってもキリストや仏陀のような紙ではなく、古代ゲルマン的な神、ギリシア神話や『古事記』のような神なのでしょう。今回の演出では神々しさや崇高さがないので、ヴォータンが単なるへんなおじさんに見えてしまいました。新国立ではこのあと『ワルキューレ』があり、さらに来年は『ジークフリート』と『神々の黄昏』をやるので観たいと思っているのですが、こんな演出だとちょっとヤだな。

楽劇「ニーべルングの指環」序夜
ラインの黄金
2009年3月15日、新国立劇場オペラ劇場

【作曲/台本】リヒャルト・ワーグナー
【指 揮】ダン・エッティンガー
《初演スタッフ》
  【演 出】キース・ウォーナー
  【装置・衣裳】デヴィッド・フィールディング
  【照 明】ヴォルフガング・ゲッベル
【芸術監督】若杉 弘
(指 揮)ダン・エッティンガー
(演 出)キース・ウォーナー

【ヴォータン】ユッカ・ラジライネン
【ドンナー】稲垣俊也
【フロー】永田峰雄
【ローゲ】トーマス・ズンネガルド
【ファーゾルト】長谷川顯
【ファフナー】妻屋秀和
【アルベリヒ】ユルゲン・リン
【ミーメ】高橋 淳
【フリッカ】エレナ・ツィトコーワ
【フライア】蔵野蘭子
【エルダ】シモーネ・シュレーダー
【ヴォークリンデ】平井香織
【ヴェルグンデ】池田香織
【フロスヒルデ】大林智子
【管弦楽】東京フィルハーモニー交響楽団

|

« 【温泉】伊達政宗も泊まった歴史ある宿・青根温泉湯元不忘閣(★★★★★) | トップページ | 『おくりびと』ロケ地巡り、NKエージェント・鶴の湯(付:鶴川市立加茂水族館) »

芸能・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74997/44358451

この記事へのトラックバック一覧です: 【オペラ】ヴォータンっていい性格してるよね『ラインの黄金』新国立劇場オペラ:

» 790- エッティンガー ラインの黄金 オペラパレス2009.3.15 [河童メソッド]
オペラパレスでの2009年ラインゴールドの上演ですが、初日にいったのですが、また [続きを読む]

受信: 2009/03/17 14:18

» 復話§新国立劇場『ラインの黄金』再演[上] [ひだまりのお話]
2001年のプレミエ公演から8年も経ってようやく再演が実現するとい う、新国が生きた劇場としての態を為していないことに呆れる。が、 貴重なワーグナー上演なので当然ながら足を運ぶことになる。... [続きを読む]

受信: 2009/03/17 23:15

» ワーグナー「ラインの黄金」 [オペラの夜]
<楽劇「ニーべルングの指環」序夜> 2009年3月18日(水)18:30/新国立劇場 指揮/ダン・エッティンガー 東京フィルハーモニー交響楽団 演出/キース・ウォーナー 美術・衣裳/デヴィッド・フィールディング 照明/ヴォルフガング・ゲッベル ヴォータン/ユッカ・ラジライネン アルベリヒ/ユルゲン・リン ローゲ/トーマス・ズンネガルド ファゾルト/長谷川顯 ファフナー/妻屋秀和 フリッカ/エレナ・ツィトコーワ フライア/蔵野蘭子 ドンナー/稲垣俊也 フロー/永田峰雄 エルダ/シモーネ・シュロー... [続きを読む]

受信: 2009/03/23 22:54

« 【温泉】伊達政宗も泊まった歴史ある宿・青根温泉湯元不忘閣(★★★★★) | トップページ | 『おくりびと』ロケ地巡り、NKエージェント・鶴の湯(付:鶴川市立加茂水族館) »