« 【歌舞伎】『元禄忠臣蔵』は理屈っぽくて嫌い!2009年3月歌舞伎座夜の部 | トップページ | 江戸から明治への監獄の歴史・安丸良夫『一揆・監獄・コスモロジー 周縁性の歴史学』 »

2009/04/04

【歌舞伎】仁左衛門と染五郎の『御浜御殿綱豊卿』は見事な心理劇・2009年3月歌舞伎座昼の部

 『元禄忠臣蔵』が嫌いであるということは、すでに書きました。でも「御浜御殿綱豊卿」は面白かったです。2006年11月の国立劇場、2007年6月の歌舞伎座に続き3回目ですが、ようやくぽん太も『元禄忠臣蔵』の楽しみ方がわかってきたのかもしれません。
 徳川綱豊卿を演じるぽん太ごひいきの仁左衛門は、例によってきっちりとした心理表現が魅力。染五郎の富森助右衛門も、真面目で一本気な性格が好ましく、二人の言葉のやり取りにおける論理的な駆け引きや、細かい心理の変化が見事に表現されており、ようやく意味がわかりました。これまでの2回はいったい何を見ていたのでしょう。しかも前回も、仁左衛門と染五郎のコンビだったというのに。
  「江戸城の刃傷」では、彌十郎の多門伝八郎が、武士の情けと正義とを体現して好演。「最後の大評定」では、魁春のいつもながらの格式ある演技と、ぽん太が好きな東蔵の奥野将監がよかったです。

歌舞伎座さよなら公演・三月大歌舞伎
平成21年3月・歌舞伎座
元禄忠臣蔵(げんろくちゅうしんぐら)
昼の部

江戸城の刃傷(えどじょうのにんじょう)
           浅野内匠頭  梅 玉
           多門伝八郎  彌十郎
           戸沢下野守  進之介
         片岡源五右衛門  松 江
           稲垣対馬守  男女蔵
           平川録太郎  亀 鶴
         大久保権右衛門  桂 三
           庄田下総守  由次郎
           加藤越中守  萬次郎
          田村右京太夫  我 當

最後の大評定(さいごのだいひょうじょう)
           大石内蔵助  幸四郎
           井関徳兵衛  歌 六
         岡島八十右衛門  家 橘
         磯貝十郎左衛門  高麗蔵
         片岡源五右衛門  松 江
          井関紋左衛門  種太郎
         大石長男松之丞  巳之助
          戸田権左衛門  錦 吾
           堀部安兵衛  市 蔵
            武林唯七  右之助
            奥野将監  東 蔵
          大石妻おりく  魁 春

御浜御殿綱豊卿(おはまごてんつなとよきょう)
           徳川綱豊卿  仁左衛門
           中臈お喜世  芝 雀
          富森助右衛門  染五郎
           中臈お古宇  宗之助
            上臈浦尾  萬次郎
           御祐筆江島  秀太郎
           新井勘解由  富十郎

|

« 【歌舞伎】『元禄忠臣蔵』は理屈っぽくて嫌い!2009年3月歌舞伎座夜の部 | トップページ | 江戸から明治への監獄の歴史・安丸良夫『一揆・監獄・コスモロジー 周縁性の歴史学』 »

芸能・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74997/44475646

この記事へのトラックバック一覧です: 【歌舞伎】仁左衛門と染五郎の『御浜御殿綱豊卿』は見事な心理劇・2009年3月歌舞伎座昼の部:

« 【歌舞伎】『元禄忠臣蔵』は理屈っぽくて嫌い!2009年3月歌舞伎座夜の部 | トップページ | 江戸から明治への監獄の歴史・安丸良夫『一揆・監獄・コスモロジー 周縁性の歴史学』 »