« 【オペラ】だんだんよくなる新国立劇場の『ワルキューレ』 | トップページ | 【バレエ】やっぱりノイマイヤーはすごいの・東京バレエ団「エチュード」「月に寄せる七つの俳句」「タムタム」 »

2009/04/23

【バレエ】引退公演で初めて観た草刈民代(付:「忘れえぬロシア 国立トレチャコフ美術館展」

 バレエ鑑賞歴の短いぽん太は、草刈民代を『Shall we ダンス?』でしか見たことがなかったので、ナマで一度は見ておきたいと思い、渋谷まで出かけてきました。それにしても初めて見るのが引退公演とは……。今宵の公演は、大人のためのオシャレなショーという感じで、とてもいい気分になれました。ちなみに光藍社のサイトはこちら。早々にリンク切れになるかもしれませんが、イープラスの情報(こちら)が詳しいです。ちなみに草刈民代の公式サイトはこちらです。
 草刈民代はとてもスタイルがよくて、美人だし、雰囲気のあるダンサーでした。ただ引退公演ということで、やはり身体は動かないようで、ジャンプやスピンもほとんどなく、胴体が動かず手足だけで踊っている感じでした。う〜ん、全盛期を観てみたかった。
 タマラ・ロホも初めて観たのですが、小娘には出せないしっとりした大人の雰囲気で、それでいて柔らかく美しく、とても気に入りました。1月にレニングラード国立バレエで観たイーゴリ・コルプは、何気ない体の動きがとても魅力的ですばらしかったです。特に「切り裂きジャック」では、エキセントリックな役を鬼気迫るダンスで表現しておりました。リエンツ・チャンは、名前は中国っぽいけどキューバ出身なんでしょうか?同じくキューバ出身のホセ・カレーニョのように骨太でガタイがいいですが、若くて勢いのあるダンサーでした。特に「ノートルダム・ド・パリ」のカジモドは、美女と踊る醜いせむし男を、悲哀とかわいらしさをもって踊ってくれました。ルイジ・ボニーノは、人形と踊ったり、椅子と踊ったり、草刈民代と踊ったり、手にトウシューズをはめてバレリーナを足をまねたりと、コミカルでディナー・ショーのようなステージでしたが、よく見ると動きも素早くてテクニックがあるようです。マッシモ・ムッルは、この個性的なメンバーのなかではちょっと目立たず。しかし白鳥(雄)はよかったです。
 ローラン・プティの振付けはたぶん初めて……かと思ったら、クマテツで『若者と死』を観ているではないか。ドラマチックでショウ的な雰囲気のある振付けですね。昔はハリウッド映画に出たり、テレビやミュージックホールで活躍したこともあるそうで、そんなキャリアが影響しているのでしょうか。男も白鳥(?)の「白鳥の湖」も初めて観ましたし、「失われた時を求めて」のモレルとサン=ルー侯爵のパ・ド・ドゥも禁断の世界が美しく表現されていてよかったです。

エスプリ 〜ローラン・プティの世界〜
2009年4月22日、Bunkamura オーチャードホール

●アルルの女 「アルルの女」より
音楽:ジュルジュ・ビゼー 
草刈民代/マッシモ・ムッル
●ヴァントゥイユの小楽節
「プルースト 失われた時を求めて」より
音楽:セザール・フランク
タマラ・ロホ/イーゴリ・コルプ
● コッペリウスと人形「コッペリア」より
音楽:レオ・ドリープ
ルイジ・ボニーノ
●タイス パ・ド・ドゥ「マ・パヴロヴァ」より
音楽:ジュール・マスネ
タマラ・ロホ/リエンツ・チャン
● 「オットー・ディックス」より~切り裂きジャック~ 
音楽:アルバン・ベルク 「ルル組曲」より
草刈民代/イーゴリ・コルプ
● 「白鳥の湖」 第2幕より 男性のソロ/パ・ド・ドゥ
音楽:P.I.チャイコフスキー
草刈民代/マッシモ・ムッル
●エスメラルダとカジモドのパ・ド・ドゥ「ノートルダム・ド・パリ」より
音楽:モーリス・ジャール
タマラ・ロホ/リエンツ・チャン
● ティティナを探して「ダンシング・チャップリン」より
 小さなバレリーナ「ダンシング・チャップリン」より
音楽:チャーリー・チャップリン
ルイジ・ボニーノ
● ジムノペディ「マ・パヴロヴァ」より
音楽:エリック・サティ
草刈民代/リエンツ・チャン
● モレルとサン=ルー侯爵 パ・ド・ドゥ「プルースト 失われた時を求めて」より
音楽:ガブリエル・フォーレ
マッシモ・ムッル/イーゴリ・コルプ
● チーク・トゥ・チーク
音楽:アーヴィング・バーリン
草刈民代/ルイジ・ボニーノ

振付:ローランプティ

 バレエの前に、Bunkamuraザ・ミュージアムで「国立トレチャコフ美術館展 忘れえぬロシア」を見に行きました。公式サイトはこちら。19世紀後半から20世紀初頭の、リアリズムから印象派に向かうロシア絵画を集めたもので、知っている画家が一人もいませんでしたが、チャイコフスキーなどが生きた時代の雰囲気がわかって、とてもおもしろかったです。印象に残ったのは、ロマン主義的な緊迫感のあるフョードル・ワシーリエフの「雨が振る前」、絵の具が不思議な光をたたえるアルヒープ・クインジの「エルブルース山ー月夜」、今回の展覧会のポスターにもなっているイワン・クラムスコイの「忘れえぬ女」などです。実はぽん太は、このゴールデンウィークにロシアに行ってきます。

|

« 【オペラ】だんだんよくなる新国立劇場の『ワルキューレ』 | トップページ | 【バレエ】やっぱりノイマイヤーはすごいの・東京バレエ団「エチュード」「月に寄せる七つの俳句」「タムタム」 »

芸能・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74997/44752206

この記事へのトラックバック一覧です: 【バレエ】引退公演で初めて観た草刈民代(付:「忘れえぬロシア 国立トレチャコフ美術館展」:

« 【オペラ】だんだんよくなる新国立劇場の『ワルキューレ』 | トップページ | 【バレエ】やっぱりノイマイヤーはすごいの・東京バレエ団「エチュード」「月に寄せる七つの俳句」「タムタム」 »