« 【歌舞伎】今回の「海神別荘」は笑わずに感動できました・歌舞伎座2009年7月昼の部 | トップページ | 【オペラ】質の高い楽しいメルヘン・小澤征爾音楽塾・フンパーディンク「ヘンゼルとグレーテル」 »

2009/07/26

【バレエ】ルジマトフとシヴァコフの「シェヘラザード」に感激・ルジマトフ&レニングラード国立バレエのソリストと サンクト・ペテルブルグのダンサーたち

 なんといっても圧巻はルジマトフとコシェレワの「シェヘラザード」でした。ルジマトフは、水色のアラビア風の衣装がよく似合います。海賊のアリと同じ衣装でしょうか?Wikipediaを見てみたら、ウズベキスタンのタシケント生まれとのこと。そ、そうだったのか……。ぽん太は昨年のゴールデンウィークにウズベキスタンに行きました。イスラム寺院のタイルの美しい水色は、今でも記憶に残っています。コシェレワは、「ジゼル」のミルタを見たことがあって、そのときは気高くも冷徹な精霊の女王を見事に踊っていましたが、こんかいのねっとりした踊りも魅力的でした。リムスキー=コルサコフの音楽もよし、フォーキンの振付けもよし、ほんとうに感動しました。
 もうひとつルジマトフが踊った演目は「阿修羅」。邦楽(横笛と鼓だったかな〜?)を伴奏に、空手の演武を思わせるような動きで、直立して両手を広げた姿は、細身の体といい、気迫といい、まさに阿修羅像のようでした。筋肉質の薄くしい身体、体の隅々にまで神経が行き届いた動き、精神性、表現力。ルジマトフだからこそできるすばらしいパフォーマンスでした。しかし、振付けそのものは、ぽん太は不満足でした。外国人から見ると、日本風でエキゾチックに見えるかもしれませんが、日本人のぽん太からすると、日本的な動きやポーズをふまえた上で、さらに舞踏としての面白さが欲しかったです。振付けは岩田守弘とのこと。どこかで聞いたような……。ボリショイ・バレエ団で活躍する日本人ダンサーでした。そういえば、テレビで見たぞ!こちらが公式ブログです。わ〜!偉そうなことを言ってごめんなさい!
 西島千博は、真矢みきの旦那さんであることや、へんなバレエ風ラジオ体操のDVD(「西島千博 バレエ・ストレッチ [DVD]」動画あり)を出したことは知っておりましたが、実際に見るのは初めてで、どんな踊りを見せてくれるのか楽しみでした。まずは「海賊」のアリ。表現力というか、観客へのアピールが上手で、回転がするどかったです。ただ、がんばってキリキリ回っているという感じで、柔らかさや優雅さには欠けたような気がします。
 もうひとつは「NEO BALLET〜牧神の午後〜」。「牧神の午後」といえば、ニジンスキーの振付けから始まって、いくつものすばらしい振付けがある演目ですが、そこに自分の振付けを臆面もなく披露するところが彼らしさなのでしょうか?マンションに住む現代のセレブな若者風で、窓のブラインドから入るオレンジ色の光が美しかったです。部分部分でいいところもあったのですが、全体としてのコンセプトが不明でした(パンフレットを買わなかったのがいけないのか?)。暗転が効果的でなかったし、天井から下がってくる鉄骨も意味不明でした。表現力、観客へのアピール、サービス精神はあるのですが。西島千博の評価はぽん太は保留です。
 クテポワは細くて顔も小さくて清楚でスタイルがよかったです。一方ガピエンコは、色気たっぷりのマッダームという感じ。シェスタコワが「ドンキ」を踊りましたが、よくある溌剌元気娘ではなく、優しくていいとこのお嬢さんっぽいキトリでした。


ルジマトフ&レニングラード国立バレエのソリストと サンクト・ペテルブルグのダンサーたち
特別ゲスト:西島 千博
2009年 7月22日(水) 19:00 ゆうぽうとホール

〈プログラム〉
第1部
「白鳥の湖」よりグラン・アダージョ ヴィクトリア・クテポワ
音楽:P.チャイコフスキー ミハイル・ヴェンシコフ
振付:M.プティパ、L.イワノフ サンクト・ペテルブルグ・コンセルヴァトワール・バレエ

「くるみ割り人形」よりパ・ド・ドゥ オレーシア・ガピエンコ
音楽:P.チャイコフスキー アンドレイ・ベーソフ
振付:M.プティパ

「海賊」よりパ・ド・トロワ イリーナ・コシェレワ
音楽:R.ドリゴ 西島 千博
振付:M.プティパ/V.チャブキアーニ ミハイル・ヴェンシコフ

「阿修羅」 ファルフ・ルジマトフ
音楽:藤舎名生
振付:岩田守弘

「ドン・キホーテ」より グラン・パ・ド・ドゥ オクサーナ・シェスタコワ
音楽:L.ミンクス ミハイル・シヴァコフ
振付:M.プティパ ヴァリエーション:ナデジダ・ドヴレチェンスカヤ (7/22)
ナタリア・マキナ (7/23)
サンクト・ペテルブルグ・コンセルヴァトワール・バレエ

第2部
「ディアナとアクティオン」 オレーシア・ガピエンコ
音楽:C.プーニ アンドレイ・ベーソフ
振付:A.ワガノワ サンクト・ペテルブルグ・コンセルヴァトワール・バレエ

「眠りの森の美女」よりグラン・パ・ド・ドゥ ヴィクトリア・クテポワ
音楽:P.チャイコフスキー ドミトリー・シャドルーヒン
振付:M.プティパ

「ラ・シルフィード」よりパ・ド・ドゥ ユリア・ルンキナ
音楽:H.ロヴェンショルド ミハイル・シヴァコフ
振付:A.ブルノンヴィル

「NEO BALLET~牧神の午後~」 西島 千博
音楽:C.ドビュッシー
振付:西島千博

「シェヘラザード」よりアダージョ ファルフ・ルジマトフ
音楽:N.リムスキー=コルサコフ イリーナ・コシェレワ
振付:M.フォーキン

|

« 【歌舞伎】今回の「海神別荘」は笑わずに感動できました・歌舞伎座2009年7月昼の部 | トップページ | 【オペラ】質の高い楽しいメルヘン・小澤征爾音楽塾・フンパーディンク「ヘンゼルとグレーテル」 »

芸能・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74997/45717738

この記事へのトラックバック一覧です: 【バレエ】ルジマトフとシヴァコフの「シェヘラザード」に感激・ルジマトフ&レニングラード国立バレエのソリストと サンクト・ペテルブルグのダンサーたち:

« 【歌舞伎】今回の「海神別荘」は笑わずに感動できました・歌舞伎座2009年7月昼の部 | トップページ | 【オペラ】質の高い楽しいメルヘン・小澤征爾音楽塾・フンパーディンク「ヘンゼルとグレーテル」 »