« 【歌舞伎】良くも悪くも劇画調・海老蔵の「石川五右衛門」2009年8月新橋演舞場 | トップページ | 【バレエ】ジル・ロマン、ルグリ&イレール、首藤のボレロ!世界バレエフェスティバル特別プロ <オマージュ・ア・ベジャール> 2009/08/17 »

2009/08/15

【医療改革】書類を減らすだけで医者不足は解消できる

 昨年 医者の書く書類が多すぎますという記事を書きましたが、せっかくなので今年は、記録をとってみました。7月中にぽん太が書いた書類は、これだぁ〜。

7月a日
介護保険意見書
診療情報提供書
7月b日(休日出勤)
訪問看護指示書
自立支援医療診断書
自立支援医療診断書
自立支援医療診断書
7月c日
精神障害者手帳診断書
自立支援医療診断書
自立支援医療診断書
生保医療要否意見書
生保医療要否意見書
生保医療要否意見書
7月d日
自立支援医療診断書
自立支援医療診断書
自立支援医療診断書
自立支援医療診断書
7月e日(休日出勤)
障害年金診断書
障害年金診断書
障害年金診断書
自立支援医療診断書
自立支援医療診断書
自立支援医療診断書
7月f日
診療情報提供書
7月g日(休日出勤)
障害年金診断書
障害年金診断書
障害年金診断書
診療情報提供書
7月h日
診療情報提供書
7月i日
診療情報提供書
障害年金診断書
7月j日
ハローワーク主治医意見書
自立支援医療診断書
自立支援医療診断書
精神障害者手帳診断書
診療情報提供書
精神障害者手帳診断書
自立支援医療診断書
自立支援医療診断書
自立支援医療診断書
自立支援医療診断書
自立支援医療診断書
自立支援医療診断書

 以上、書いた順に並べてみました。診察時間内で短時間で書けるような、休業のための診断書や、検査依頼のための診療情報提供書、傷病手当金意見書などは、省略してあります。すべて診療時間とは別の時間に作成した書類です。
 以前のブログにも書いたように、障害基礎年金の診断書は7月に一年分まとめて来るので大変です。また、確か32条が自立支援法に変わったときだったか、全員一斉に10月1日付で切り替えたので、自立支援と手帳は10月1日から更新になるひとが異常に多く、その更新手続きが7月1日から開始されるため、こちらも書類書きが集中します。
 なお障害基礎年金に関しては、お役所(社会保険事務所?)もさすがに問題を感じたらしく、該当する患者さんに対して6月中に、「7月は診断書の提出の月なので、診断書の用紙を送るから、ちゃんと書いてもらって7月中に提出して下さい」みたいな内容の文書を送りつけたようです。これがいかにもお役所仕事で、何人かの患者さんから、「こんな書類が来たけどなんでしょう?」という相談を受けて、よけいに手間がかかりました。ばっかばかしい。それだったら、6月中に診断書の用紙を送ってくれた方がよっぽどいいのに。

 これだけの書類を書くのにどれだけ時間がかかるか計算してみましょう。それぞれの書類を書くのにかかる時間を、短めに見積もって、介護保険意見書(B5表裏)15分、診療情報提供書(A4)20分、訪問看護指示書(A4)20分、自立支援診断書(A3)20分、障害者手帳診断書(A3)20分、生保医療要否意見書(A4)15分、障害年金診断書(A3表裏)30分、ハローワーク主治医意見書(A4)20分としましょう。すると上記のすべての書類を書くのに、14時間50分かかることになります。これはほぼ2日分の診療時間に匹敵します。月に開業している日数が20日前後であることを考えれば、10日に1日が書類書きに費やされたことになります。
 ということは、逆に言えば、書類書きがなければ10日で1日診療日が増やせるわけで、さらに言い換えれば、医者の人数が1割増えたのと同じになります。
 上の7月j日などは、どうしても間に合わないので、初診の患者さんの受け付けを断って、診療時間中も書類書きに没頭せざるをえませんでした。
 ぽん太は書類を書きたくて医者になったのではありません。患者さんの治療をしたくて医者になったのです。それを邪魔するやつは書類の山で、その書類を書かせているのは……。
 もちろん書類を全くなくすことはできないでしょう。しかし自立支援医療診断書や障害年金診断書は、前回と9割近くは同じです。お役所が診断書をフォーマット化してパソコンで打ち出せるようにするだけで、医者が診察以外の無駄な時間を使わなくてすむようになります。レセプト・オンライン化よりも書類フォーマット化の方がよっぽど安上がりで医療費削減に貢献すると思うのですが、いかがでしょう?
 あと、ついでに指摘しておきます、最近出回っている東京都の手帳診断書の用紙の、「4現在までの病状、状態像等」の(5)が「分裂病等残遺状態」になっておりますが、「統合失調症等残遺状態」に修正した方がいいのでは?

|

« 【歌舞伎】良くも悪くも劇画調・海老蔵の「石川五右衛門」2009年8月新橋演舞場 | トップページ | 【バレエ】ジル・ロマン、ルグリ&イレール、首藤のボレロ!世界バレエフェスティバル特別プロ <オマージュ・ア・ベジャール> 2009/08/17 »

精神医療・福祉」カテゴリの記事

コメント

智太郎さん、コメントありがとうございました。
返事が大変遅くなり、申し訳ありません。
交通事故の後遺症との20年間の闘い、さぞかし大変だったと思います。ブログを拝見しました。なかなか楽しい記事が多いですね。
ぽん太のブログにも、またお越し下さい。

投稿: ぽん太 | 2011/08/19 16:36

交通事故で脳挫傷による後遺症と闘い20年を過ぎましたが今回、ハローワーク職員の紹介で、障害者を多数雇用する企業の事や障害者年金と税制優遇制度の事を聞き、日本年金機構へ申請して4ヶ月後に障害者たる高次脳機能障害者に認定されました事をおもしろい写真記事とイラスト記事にしてみました。

投稿: 智太郎 | 2011/07/29 14:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74997/45932702

この記事へのトラックバック一覧です: 【医療改革】書類を減らすだけで医者不足は解消できる:

« 【歌舞伎】良くも悪くも劇画調・海老蔵の「石川五右衛門」2009年8月新橋演舞場 | トップページ | 【バレエ】ジル・ロマン、ルグリ&イレール、首藤のボレロ!世界バレエフェスティバル特別プロ <オマージュ・ア・ベジャール> 2009/08/17 »