« 【新穂高温泉から槍ヶ岳(1/3)】山小屋で寝過ごしたのは生まれて初めてだぜ・新穂高〜双六小屋 | トップページ | 【新穂高温泉から槍ヶ岳(3/3)】下山前にもう一度山頂から360度の展望を眺める »

2009/09/23

【新穂高温泉から槍ヶ岳(2/3)】彼方に聳えていた槍ヶ岳をついに踏みしめる

P9100114 新穂高から槍ヶ岳への山行の2日目です。
 山小屋で寝過ごすという大失態を犯したぽん太とにゃん子は、ゆっくりと双六小屋を出発しました。本日は槍ヶ岳山荘までと行程が短いので、あわてる必要はありません。
P9100062 一面にかかったいたガスも次第にはれてきて、樅沢岳山頂に立つと、逆光に浮かび上がる槍ヶ岳が目に飛び込んできます。今日はあそこまで行って、槍の頂上に立つのだ!次第に大きくなっていく槍ヶ岳に魅了されながら、西鎌尾根を一歩一歩たどっていきます。
P9100084 向かって左、北側を眺めると、鷲羽岳(写真左端)から先日登った野口五郎岳(写真やや右)に連なる裏銀座コース(喜作新道と東鎌尾根)が見えます。くそう、野口五郎岳に行った時もこういう景観を見たかった。
P9100441 双六小屋のお弁当です。豪華でおいしゅうございました。
P9100096 槍ヶ岳山荘前にザックをデポして、槍の穂先に登ります。メタボなぽん太は、身軽なにゃん子に、あっという間においてかれてしまいました。
P9100104 時間があったので、山頂に1時間ほど留まり、360度の展望を楽しみました。写真はそのうちの一枚。常念岳(写真右の三角のピーク)から大天井岳に続く稜線と、大天井岳から槍ヶ岳へと続く表銀座コースです。槍ヶ岳山頂では携帯電話がつながります。歌舞伎の切符の発売日だったことを思い出し、槍ヶ岳山頂で10月歌舞伎座の切符を取ってみました。
P9110150 今宵の宿は槍ヶ岳山荘。大きな山小屋です。外人さんのお姉さんがアルバイトをしていました。お客さんにも外人さんが多かったです。
P9100479P9110503 槍ヶ岳山荘の夕食と朝食です。頂上直下の山小屋としては十二分のメニューです。おいしゅうございました。
 美しい夕暮れの景色は冒頭の写真をご覧下さい。明日は寝過ごさないように自分にいい聞かせながら床に入ると、疲れと満足からまたたくまに眠りにつきました。

|

« 【新穂高温泉から槍ヶ岳(1/3)】山小屋で寝過ごしたのは生まれて初めてだぜ・新穂高〜双六小屋 | トップページ | 【新穂高温泉から槍ヶ岳(3/3)】下山前にもう一度山頂から360度の展望を眺める »

登山・ダイビング・アウトドア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74997/46271270

この記事へのトラックバック一覧です: 【新穂高温泉から槍ヶ岳(2/3)】彼方に聳えていた槍ヶ岳をついに踏みしめる:

« 【新穂高温泉から槍ヶ岳(1/3)】山小屋で寝過ごしたのは生まれて初めてだぜ・新穂高〜双六小屋 | トップページ | 【新穂高温泉から槍ヶ岳(3/3)】下山前にもう一度山頂から360度の展望を眺める »