« 【蕎麦】細打にあくまでこだわる松本の「野麦」(★★★★)(付:浮世絵博物館) | トップページ | 【グルメ】松茸小屋という風俗を初体験して満足満足・上田「城山園」 »

2009/10/03

【多摩動物公園】とってもやんちゃなユキヒョウの赤ちゃん

P9220015 シルバーウィークはどこへ行っても混みそうだったので、遠出を避けて多摩動物園にユキヒョウの赤ちゃんを見に行ったのですが、ここも子供連れの家族で大混雑でした。ユキヒョウといえば、ぽん太とにゃん子は先日円山動物公園でユキヒョウの赤ちゃん公開の初日を見たばかりです。とてもかわいかったのに味をしめて、多摩動物公園にも行ってみることにしました。こちらが多摩動物公園の公式サイトです。
 円山動物公園の双子のユキヒョウが生まれたのが2009年5月2日、見に行ったのが7月3日ですから、約2ヶ月のときに見たことになります。多摩動物公園のユキヒョウが生まれたのは2009年7月2日で、見に行ったのが9月22日ですから、2ヶ月と20日ぐらいとなり、前回よりちょっと年長ということになります。
P9220004 名前は「ユキチ」君だそうです。円山動物公園のユキヒョウよりも1ヶ月ほどたっていることもあって、やんちゃな感じがします。おかあちゃんが寝ている台になんとか登ろうとするのですが、うまくいかずに落っこちてしまいます。
P9220009 こんどは崖を登ろうとしています。真剣な顔がりりしいです。
P9220006 ところが足を滑らして転がり落ちてしまいました。「ギャーッ」と叫ぶユキチ君。「まったくお前はなにやってるのよ」とお母さん。
P9220034 お母さんに見守られながら、真剣な表情でじゃれついているユキチ君です。ホントにキカンボウで、匍匐前進から狙いを定めてお母さんに飛びかかったりします。飛びかかられたお母さんは、無視したりしないで、ひらりを身をかわして逃げます。高いところに逃げたお母さんを、ユキチ君が一生懸命追いかけようとします。遊びのなかで、野生動物として生きるための英才教育が始まっているようです。
P9220047 さて、多摩動物公園の見所はユキヒョウだけではありません。こちらはぽん太の仲間のタヌキさん。集団で健やかに寝ています。タヌキとしての英才教育が始まっているようです。
P9220043 こちらはコアラ君。もしも〜し。ちょっと暗い感じです。
P9220052 ライオンの雄は、「の」の字になって寝ています。すでに英才教育が始まっているようです。
P9220051 ロバですって?失敬な。「モンゴルノウマ」です。ちなみに「モンゴルの馬」ではなく、「モンゴル野馬」だそうです。ぽん太とにゃん子も、うっかり通り過ぎそうになりましたが、ボランティアのおじさんの解説によると、人の手が入っていない純粋な野生の馬で、とても珍しいそうです。動物園の「通」は、これを目当てに多摩動物公園を訪れるそうです。やはり少しのことにも先達はあらまはしけれ。

|

« 【蕎麦】細打にあくまでこだわる松本の「野麦」(★★★★)(付:浮世絵博物館) | トップページ | 【グルメ】松茸小屋という風俗を初体験して満足満足・上田「城山園」 »

旅・宿・温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【多摩動物公園】とってもやんちゃなユキヒョウの赤ちゃん:

« 【蕎麦】細打にあくまでこだわる松本の「野麦」(★★★★)(付:浮世絵博物館) | トップページ | 【グルメ】松茸小屋という風俗を初体験して満足満足・上田「城山園」 »