« 【歌舞伎】伸張著しい右近の吃又・澤瀉屋一門の『傾城反魂香』 | トップページ | 【歌舞伎】菊五郎の勘平に感服・2009年11月歌舞伎座夜の部 »

2009/11/17

【慶良間ダイビング(2)】パンダダルマハゼとピペキ(Phyllidiopsis pipeki)に感動

Pa130092 2日目の最初のポイントは、佐久原隠れ根でした。ヨスジフエダイの群れが見事だったのですが、ちょっと天気が悪かったので、暗くていい写真が取れませんでした。写真はアカククリの幼魚。オレンジ色の縁取りがきれいです。
Pa130174 ちなみにこちらが成魚です。今日の3本目の安室魚礁で撮った写真ですが、並べて掲載しておきます。
Pa130113 タツウミヤッコは初めて見ました。ヨウジウオの仲間ですが、体にたくさん皮弁があって、なんか恐竜っぽいです。写真は顔のドアップです。


Pa130126 2本目のポイントは、アダン下です。水深20mの3番目の根で遊びました。写真はおなじみ、通称タテキンことタテジマキンチャクダイの幼魚です。青と水色のぐるぐるがきれいですが、なかなか横向きの写真を撮らしてくれないのですが、これはまあまあでしょうか。
Pa130129 なにやら見たことないウミウシが。家で図鑑を見たところ、ピペキ(Phyllidiopsis pipeki)ではないかと思います。
Pa130134 オビイシヨウジは、先ほどのタツウミヤッコと同じくヨウジウオの仲間。きれいにとれたのでアップしておきます。
Pa130137 マダライロウミウシも初お目見えです。紫色の斑点がきれいです。触覚に細い縦線が入っているのも(反射ではありません)芸が細かいです。
Pa130143 これもおなじみ、ミナミハコフグの幼魚です。カメラを構えるとどんどん逃げて行くので、後ろ姿になりやすいのですが、この写真はまあまあです。
Pa130152 またもご存知、ミヤケテグリです。歌舞伎のお姫様の衣装のように艶やかな色彩です。
Pa130157 きわめてピンぼけの写真ですが、カメンカクレエビは初めてなのでアップしておきます。岩の間に隠れているので、デジカメではなかなかうまくピントがあいません。しかし名前の由来になっている、仮面ライダーのような茶色い眼球が、おぼろげに写っております。

Pa130166 今日の最後のポイントは安室魚礁です。写真はウミヅキチョウチョウウオ。珍しい魚ではありませんが、これもなかなか真横から撮らしてくれません。名前の通り、海と月の模様が風流です。
Pa130170 イソバナにつくちっちゃなカニ、その名もイソバナガニです。しっかり擬態しておりますが、ガイドさんが見つけてくれました。
Pa130180 クロスズメダイの幼魚です。
Pa130181 こちらはマダラハタ。写真に撮って図鑑で調べてみたら、ぽん太が写真に撮るのは初めてでしたが、よく見かけるきがします。
Pa130190 本日のハイライト。白黒の染め分けで、名前は見たまんまのパンダダルマハゼです。カメラがハウジングに入っているのでシャッターの半押しができず、どうしても手前の珊瑚にピントがあってしまうので、シャッターのタイムラグを利用して対象にカメラを近づけながら撮ってみました。何枚かのうち、一番ましだった写真です。
Pa130195 アカフチリュウグウウミウシです。ぽん太は初めて見ました。緑とオレンジの配色がきれいです。
Pa130207 おしまいはクロスジギンポ。イルカっぽい顔ですね。
 3本目をご一緒した大和田さん、常連のお客さんのようでしたが、東京交響楽団のホルン奏者だったんですね。新国立劇場のバレエで何度も聴いているはずです。今度は来年1月の『白鳥の湖』でお会いできるとおもうので、オケピを見に行きます。

【データ】慶良間、10月中旬、2日目
1本目 佐久原隠れ根
ヨスジフエダイの群れ、ハナゴンベ、アカククリ幼魚、オドリハゼ若魚、ハタタテハゼ、チクビイソギンチャクとクマノミ、タツウミヤッコ(初)

2本目 アダン下
ウコンハネガイ、ミナミハコフグ幼魚、タテジマキンチャクダイ幼魚、ピペキ(phyllidiopsis pipeki)?(初)、オビイシヨウジ、マダライロウミウシ(初)、モンハナシャコ、ミヤケテグリ、ゴマモンガラ、カメンカクレエビ(初)、タテヒダイボウミウシ

3本目 安室魚礁
ハナミノカサゴ幼魚、ウミヅキチョウチョウウオ、ツバメウオ、アカククリ、イソバナガニ(初)、クロスズメダイ幼魚、マダラハタ(初)、パンダダルマハゼ(初)、サンゴテッポウエビ(初)、アカフチリュウグウウミウシ(初)、ナデシコカクレエビ、クロスジギンポ

|

« 【歌舞伎】伸張著しい右近の吃又・澤瀉屋一門の『傾城反魂香』 | トップページ | 【歌舞伎】菊五郎の勘平に感服・2009年11月歌舞伎座夜の部 »

登山・ダイビング・アウトドア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74997/46715807

この記事へのトラックバック一覧です: 【慶良間ダイビング(2)】パンダダルマハゼとピペキ(Phyllidiopsis pipeki)に感動:

« 【歌舞伎】伸張著しい右近の吃又・澤瀉屋一門の『傾城反魂香』 | トップページ | 【歌舞伎】菊五郎の勘平に感服・2009年11月歌舞伎座夜の部 »