« 【歌舞伎】菊五郎の勘平に感服・2009年11月歌舞伎座夜の部 | トップページ | 【オペラ】気分が滅入るけど面白い・新国立劇場の『ヴォツェック』 »

2009/11/21

【歌舞伎】イヤなじじいなのに憎めない富十郎の高師直・2009年11月歌舞伎座昼の部

 大序・三段目は富十郎が光っていました。大序で顔を伏せている時は、なんだか眠っているみたいでしたが、三味線の音に合わせてカクカクと面を上げる動作からして音楽的で、表情は文楽人形のようでありながら、なんとも明るく愛嬌があります。高師直は、若狭之助や塩冶判官をいじめまくるイヤなじじいですが、芝居が陰湿に暗くならず、どこか愛嬌があるのは、富十郎の人徳でしょうか?階段を降りる時も一段いちだん慎重で、膝の調子はよくなさそうですが、大序の最後、下手で切り掛かろうとする若狭之助を塩冶判官が押しとどめ、中央で師直が見得を切る場面では、勢い良く右足を踏み降ろして大きな見得!膝はだいじょうぶでしたか。
 勘三郎は、表情豊かに塩冶判官の心理の動きを描写しておりました。やりすぎるとあざとく感じられることもあるのですが、今回はとてもよかったです。判官切腹の場も、持ち前の明るさのせいで暗くなりすぎませんでした。魁春の顔世御前は安心して観ることができました。仁左衛門の石堂右馬之丞は、思い詰めた表情のなかに塩冶判官に対する深い同情が漂っていました。
 今回は一階席だったので、花道の出がよく見えたのですが、三段目などでは揚幕ではなくて襖(ふすま)になっていることに初めて気がつきました。ほかの演目でもあるのでしょうか?
 菊五郎と時蔵の道行きは、まことに粋で情愛を漂わせながらも、忠臣蔵に伴う「影」を感じさせて絶品でした。

 ところで顔世御前が高師直におくった古歌は「さなきだに、重きが上の小夜衣、わがつまならぬ、つまな重ねそ」というものでした。『新古今和歌集』の歌だとのことですが、 こちらのサイトにあるように、もともとの初句は「さらぬだに」で、寂然法師の歌だそうです。


歌舞伎座さよなら公演
吉例顔見世大歌舞伎
通し狂言 仮名手本忠臣蔵
平成21年11月・昼の部

大 序 鶴ヶ岡社頭兜改めの場

三段目 足利館門前進物の場
    同 松の間刃傷の場

四段目 扇ヶ谷塩冶判官切腹の場
    同 表門城明渡しの場

浄瑠璃 道行旅路の花聟

【大序・三段目】
             高師直  富十郎
            塩冶判官  勘三郎
            足利直義  七之助
            顔世御前  魁 春
          桃井若狭之助  梅 玉

【四段目】
            塩冶判官  勘三郎
          石堂右馬之丞  仁左衛門
            顔世御前  魁 春
            大星力弥  孝太郎
            赤垣源蔵  松 江
          富森助右衛門  男女蔵
           佐藤与茂七  萬太郎
           矢間重太郎  宗之助
            斧九太夫  錦 吾
          木村岡右衛門  由次郎
            大鷲文吾  秀 調
           原郷右衛門  友右衛門
        薬師寺次郎左衛門  段四郎
          大星由良之助  幸四郎

【道行】
            早野勘平  菊五郎
            鷺坂伴内  團 蔵
            腰元お軽  時 蔵

|

« 【歌舞伎】菊五郎の勘平に感服・2009年11月歌舞伎座夜の部 | トップページ | 【オペラ】気分が滅入るけど面白い・新国立劇場の『ヴォツェック』 »

芸能・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74997/46803784

この記事へのトラックバック一覧です: 【歌舞伎】イヤなじじいなのに憎めない富十郎の高師直・2009年11月歌舞伎座昼の部:

« 【歌舞伎】菊五郎の勘平に感服・2009年11月歌舞伎座夜の部 | トップページ | 【オペラ】気分が滅入るけど面白い・新国立劇場の『ヴォツェック』 »