« 【歌舞伎】吉右衛門の碇知盛に泣いたぜ・2009年10月歌舞伎座夜の部 | トップページ | 【慶良間ダイビング(1)】阿嘉島で水の大切さを知る(付:国際通り居酒屋「じんじん」) »

2009/11/01

【オペラ】パミーナ役のカミラ・ティリングと松位浩のザラストロがよかった・新国立劇場「魔笛」

 パミーナ役のカミラ・ティリングが、声は透明で柔らかく、容姿も端麗で、とても愛らしかったです。またパパゲーノのマルクス・ブッターも、芸達者で歌も上手でよかったです。タミーノのステファノ・フェラーリはやや不満。ハンサムでしたが、声にツヤがないように思えました。日本勢では松位浩が、声量のある迫力あるバスを聴かせ、外人勢を向こうに張って、堂々とした風格のあるザラストロでした。夜の女王の安井陽子は、コロラトウーラの最高音でも伸びのある声を聴かせてくれましたが、ちょっと速度を落として慎重に音を取っている感じになったのが残念。声が少し細いので「女王」の貫禄にはちと欠けました。
 演出は、冒頭の大蛇の頭が四つに割れていて気持ち悪く、銀の鈴につられて踊りだす動物たちの造形も面白かったですが、全体としては奇をてらわないわかりやすい演出で、楽しめました。
 指揮と演奏の善し悪しはぽん太にはわかりません。
 公式サイトはこちらです。予告編ムービーもあります。


新国立劇場オペラ「魔笛」
ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト
2009年10月29日 新国立劇場オペラパレス

【指揮】アルフレート・エシュヴェ 
【演出】ミヒャエル・ハンペ
【美術・衣裳】ヘニング・フォン・ギールケ 
【照明】高沢立生
【再演演出】三浦安浩 
【舞台監督】斉藤美穂 
【合唱指揮】三澤洋史
【企画】若杉弘 
【主催】新国立劇場

§キャスト§
ザラストロ…松位浩
タミーノ…ステファノ・フェラーリ
弁者…萩原潤
僧侶…大槻孝志
夜の女王…安井陽子
パミーナ…カミラ・ティリング
侍女I…安藤赴美子
侍女II…池田香織
侍女III…清水華澄
パパゲーナ…鵜木絵里
パパゲーノ…マルクス・ブッター
モノスタトス…高橋淳
武士I…成田勝美
武士II…長谷川顯

合唱…新国立劇場合唱団
管弦楽…東京交響楽団

|

« 【歌舞伎】吉右衛門の碇知盛に泣いたぜ・2009年10月歌舞伎座夜の部 | トップページ | 【慶良間ダイビング(1)】阿嘉島で水の大切さを知る(付:国際通り居酒屋「じんじん」) »

芸能・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74997/46624981

この記事へのトラックバック一覧です: 【オペラ】パミーナ役のカミラ・ティリングと松位浩のザラストロがよかった・新国立劇場「魔笛」:

« 【歌舞伎】吉右衛門の碇知盛に泣いたぜ・2009年10月歌舞伎座夜の部 | トップページ | 【慶良間ダイビング(1)】阿嘉島で水の大切さを知る(付:国際通り居酒屋「じんじん」) »