« 【バレエ】マリインスキー・バレエの『白鳥の湖』はおっとりしていていいな♪ | トップページ | 【新国立オペラ】カルロ・ヴェントレの美声に酔いしれました『トスカ』 »

2009/12/05

【山形紅葉行(3)】鳴子峡・封人の家・金山町・小杉の大杉

 銀山温泉を後にしたぽん太とにゃん子は、紅葉を求めて宮城県の鳴子峡に向かいました。経路は下図の通りで、尾花沢から北東に向かって走り、山刀伐峠(なたぎりとうげ)を越え、赤倉温泉に出ます。そこから国道47号線を東に進み、鳴子峡に着きました。

大きな地図で見る
 実はこの道は、『奥の細道』で芭蕉が辿った道なのでした。もちろん芭蕉は、ぽん太とにゃん子とは逆に、鳴子から尾花沢に向かったのです。『奥の細道』のこの部分の原文を読みたい方は、たとえば こちらのサイトをどうぞ。写真や地図、関連する図譜なども充実しております。
 芭蕉一行は、元禄2年5月15日(1689年7月1日)、岩出山( 地図)に泊まりました。当初はここから、現在の国道347号線を通って尾花沢に行く予定でしたが、遠い上に難所が多いという理由で、鳴子経由の道に変更しました。急なことなので通行手形がなく、尿前の関(しとまえのせき)(地図)を越えるのに苦労したようです。芭蕉一行が泊まったのが「封人の家」(ほうじんのいえ:関所の番人の家、(地図))で、そこで芭蕉は「蚤虱 馬の尿する枕もと」という有名な句を詠んでいます。
Pa220065 実はこの封人の家は現在も残っております。写真がその「旧有路家住宅」で、解体復元工事が行われ、国指定の重要文化財となっております。「蚤虱……」の句からすると、もっとうらぶれた民家を想像しますが、けっこう立派な家だったのですね。
 その後芭蕉一行は、山刀伐峠(なたぎりとうげ)を越えて尾花沢に向かいました。ただでさえ険しい山道、山賊に襲われる心配もあり、芭蕉は漢詩を上手に引用しながら、緊迫した旅の様子を描き出しています。

Pa220090 さて、ぽん太とにゃん子の旅にもどりますが、鳴子峡の紅葉はとても見事でした。写真は、鳴子峡レストハウスからの眺めです。こちらの 鳴子温泉郷観光協会のサイトに、案内図や紅葉情報があります(今年の紅葉はとっくに終わってますが……)。渓谷沿いの遊歩道が一部通行止めになっていたのが残念でした。
Pa220075_2 大深沢新遊歩道を歩いてみましたが、こちらはちょっと時期が遅すぎた感じです。でも、ところどころ燃えるような紅葉がありました。
Pa220069 近くの中山平駅前に、C58蒸気機関車のの保存車両を発見! こちらのサイトにある、「レイル・マガジン」2008年9月号付録「機関車表」沖田佑作氏編からの引用によると、この蒸気機関車(C58356)の履歴は以下の通りです。1944-1 川崎重工兵庫工場 製番2929、当初配属不明。1945-8現在 王寺。1947-7-22現在 王寺。1954-10-8 宮古。1964-4-1現在 盛岡。移動時期不明 八戸。1972-6-26 小牛田。1973-6-16廃車 小牛田。お疲れさまでした。

Pa220091 次にぽん太とにゃん子が訪れたのは、金山町(地図)です。金山杉の産地として有名ですが、街のそこここに水路があり、切妻屋根に白壁と黒い梁の住宅が並び、とても美しい街です。金山町の歴史は古いようですが、近世は羽州街道の宿場町として栄えたそうです。金山町公式サイトのなかの観光案内のページは こちらです。写真は大堰で、黒塀が続く石畳の小道に沿って流れる農業用水が美しいです。
Pa220095 長屋門です。昭和13年の大火を免れたもので、17世紀前半に金山城の大手門が移築されたのだそうで、金山町では最も古い建物のひとつです。
Pa220098 旧金山郵便局です。昭和14年に造られたそうで、洋風でかわいらしい建物です。現在は「交流サロンぽすと」として使われているそうです。

Pa220105 今日の宿泊先は山形県西川町の出羽屋です。途中、山形県最上郡鮭川村の「小杉の大杉」に寄りました。こちらが地図です。「写真」を選択すると、小さく杉の木も写っています。とんがった二つの耳。でっぷりと太ったお腹。なにかに似ていませんか?そう、別名「トトロの木」と呼ばれています。道はちょっとわかりにくいですが、近くまで行くと分岐点に案内板があるので、行き着けると思います。

|

« 【バレエ】マリインスキー・バレエの『白鳥の湖』はおっとりしていていいな♪ | トップページ | 【新国立オペラ】カルロ・ヴェントレの美声に酔いしれました『トスカ』 »

旅・宿・温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【山形紅葉行(3)】鳴子峡・封人の家・金山町・小杉の大杉:

« 【バレエ】マリインスキー・バレエの『白鳥の湖』はおっとりしていていいな♪ | トップページ | 【新国立オペラ】カルロ・ヴェントレの美声に酔いしれました『トスカ』 »