« 【歌舞伎】團十郎の弁慶を初めてみる 2010年1月歌舞伎座昼の部 | トップページ | 【紅葉の和歌山旅行(5)】龍神温泉「上御殿」・牛馬童子・熊野本宮大社・熊野古道中辺路(水呑王子〜熊野本宮大社) »

2010/01/22

【歌舞伎】芝翫・富十郎が初役の「車引」 2010年1月歌舞伎座夜の部

 今月の歌舞伎座夜の部はなかなか充実しており、今回は体調もよく、大満足でした。
 まずは『春の寿』。なんといっても雀右衛門が休演となったのが残念でした。初めてみる演目ですが、雀右衛門のために創られたもののようです。初春らしい雅やかな舞で、梅玉が適役なのはもちろんのこと、福助もきれいで美しかったです。
 続く「車引」は、なんと芝翫の桜丸と富十郎の時平が初役とのこと。芝翫なんか若い頃何度もやってそうですが、こんなこともあるんですね〜。なんか恐ろしいことになるのではないかと不安でしたが、小さくてきれいで可愛らしく見えたのは、3階から見てたせいでしょうか?吉右衛門の梅王丸は、大きくて力強かったです。荒事もいいですね。藤原時平は、普通は妖怪みたいな姿で、口を開けてまっかな舌を見せたりするのですが、富十郎は隈取りもなく、あくまでも時平の威厳でもって威圧するという設定。始めてみたパターンですが、富十郎の貫禄あらばこその演出で、富十郎の曇りのない朗々としたキャラに合っている気がしました。
 「道成寺」は、道行きから押戻しまで付いたノーカット完全版。ぽん太は 先日道成寺を訪れたばかりなので、新たな気持ちで観ることができました。勘三郎の白拍子花子は、鐘を狙う恐ろしさと気魄には少し欠けましたが、やわからで可愛らしくて美人ですばらしかったです。最後は團十郎の押戻しで、豪快に終わります。同時に息子の海老蔵が、新橋演舞場の花形歌舞伎で同じ押戻しをやってますが、面白い趣向ですね。
 最後は染五郎の「切られ与三」。染五郎、色気とやわらかさが出て、いい二枚目になってきました。かっこよかったです。福助のお富も、また変な地声を入れないかとびくびくして見てましたが、錦吾の番頭藤八におしろいを塗る場面で、小声で「洗顔が大切よ」とか言った程度で、芸者としての色っぽさとともに、身投げをする一途な雰囲気もあり、よかったです。


歌舞伎座さよなら公演
壽初春大歌舞伎
平成22年1月 歌舞伎座 夜の部

一、春の寿(はるのことぶき)
                  梅 玉
                  福 助
                  雀右衛門

二、菅原伝授手習鑑(すがわらでんじゅてならいかがみ)
  車引
              桜丸  芝 翫
             梅王丸  吉右衛門
             杉王丸  錦之助
           金棒引藤内  錦 吾
             松王丸  幸四郎
            藤原時平  富十郎

三、京鹿子娘道成寺(きょうかのこむすめどうじょうじ)
  道行より押戻しまで

           白拍子花子  勘三郎
              所化  高麗蔵
               同  松 江
               同  種太郎
               同  新 悟
               同  種之助
               同  宗之助
          大館左馬五郎  團十郎

四、与話情浮名横櫛(よわなさけうきなよこぐし)
  木更津海岸見染の場
  源氏店妾宅の場
          切られ与三郎  染五郎
              お富  福 助
           鳶頭金五郎  錦之助
            番頭藤八  錦 吾
             蝙蝠安  彌十郎
         和泉屋多左衛門  歌 六

|

« 【歌舞伎】團十郎の弁慶を初めてみる 2010年1月歌舞伎座昼の部 | トップページ | 【紅葉の和歌山旅行(5)】龍神温泉「上御殿」・牛馬童子・熊野本宮大社・熊野古道中辺路(水呑王子〜熊野本宮大社) »

芸能・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74997/47351844

この記事へのトラックバック一覧です: 【歌舞伎】芝翫・富十郎が初役の「車引」 2010年1月歌舞伎座夜の部:

« 【歌舞伎】團十郎の弁慶を初めてみる 2010年1月歌舞伎座昼の部 | トップページ | 【紅葉の和歌山旅行(5)】龍神温泉「上御殿」・牛馬童子・熊野本宮大社・熊野古道中辺路(水呑王子〜熊野本宮大社) »