« 【歴史ある街並と宿を訪ねて(2)】金剛輪寺の紅葉、瀬戸の唐橋、三井寺 | トップページ | 【バレエ】ルグリとギエムの15年ぶりの競演に感動《マニュエル・ルグリの新しき世界》Bプロ »

2010/02/09

【バレエ】思わず引き込まれるルグリの「ザ・ピクチャー・オブ」《マニュエル・ルグリの新しき世界》Aプロ

 ルグリ先生が来るというので、観に行って来ました♪こちらがNBSの公式サイトです。
 今宵はAプロ。パトリック・ド・バナ振付けの作品からなるプログラムです。パトリック・ド・バナ……知りません!NBS公式サイトによれば、モーリス・ベジャール・バレエ団で活躍したこともあるダンサーで、振付けも定評がある様子です。
 まずは「クリアチュア」。売り出し中のフォーゲルとベテランのデュポンの取り合わせでしたが、二人の体の動きは、完璧で美しいのはもちろんのこと、表情豊かでまるで会話を交わしているかのようでした。フォーゲルは首をいためているとのことでしたが、それを感じさせない踊りでした。東京バレエ団も健闘しておりましたが、黒人ダンス風の部分はちょっと切れがなかったです。ド・バナの振付けは、斬新すぎず穏当すぎず、古典的な動きを基本にして新しいアイディアもあり、おもしろかったです。
 次はルグリのソロで「ザ・ピクチャー・オブ・・・」。2008年に東京の新高輪プリンスで行われたクリスマス・ガラで初演され(チケットが高くて当然見てない)、昨年の世界バレエフェスティバルのガラでも再演されたそうですが(切符取れませんでした)、ぽん太は初めて観ました。まさにルグリ・ワールド全開。冒頭のクジラの鳴き声に合わせての息づくような体の動き、そしてパーセルのオペラに乗せた踊りは詩情と哀愁が漂いました。ダンスへ没入する集中力、内面的なエネルギーがすごい。ひとつひとつの動きがすべてすばらしかったです。あゝ感動……。
 最後は「ホワイト・シャドウ」 。これは、ぽん太ごときには「いい」作品かどうかはわかりませんが、「好み」ではありませんでした。ドラマチックな要素がいっぱいありながらも、全体としてのプロットはなく、どうも「思わせぶり」な印象を受けてしまいました。狂言回しのように登場する吉岡美佳も、壊れちゃってるというかいっちゃってる感じで、気持ちの込め過ぎというか、バレエなんだから踊るべきところはしっかり踊った方がいいのではないかと思いました。「世界初演」ということで、動きがこなれてなかったり、そろってない部分も多かったです。この演目はルグリよりもド・バナのダンスの方が、自分で振り付けただけあって、おもしろく感じられました。西村真由美は悪くはなかったけど、さすがにルグリの相手は荷が重かったか。上野水香はもともと体の動きが黒人っぽいところがあり、ド・バナとのコンビがよく合ってました。男5人組の踊りも、迫力があってなかなかよかったです。
 衣装もちょっと変でした。特に三人の女性の、安物のドレスのような衣装。彼女たちが踊る周りで、袖長族が袖をひらひらさせて踊っているのを見ていると、温泉ホテルかなんかの安っぽいショーを見ている気分になりました。
 とはいえ、全体としては満足。次はBプロじゃ!


《マニュエル・ルグリの新しき世界》Aプロ
ルグリ×ド・バナ×東京バレエ団 スーパーコラボレーション
2010年2月4日、ゆうぽうと
振付:パトリック・ド・バナ

■「クリアチュア」 (日本初演)
音楽:デム・トリオ(トルコの伝統音楽)、マジード・ハラジ、ダファー・ヨーゼフ

オレリー・デュポン、フリーデマン・フォーゲル
奈良春夏、矢島まい、渡辺理恵、川島麻実子、河谷まりあ
長瀬直義、井上良太、柄本弾、杉山優一、森川茉央

■「ザ・ピクチャー・オブ・・・」
音楽:ヘンリー・パーセル

マニュエル・ルグリ

■「ホワイト・シャドウ」 (世界初演)
音楽:アルマン・アマー
照明:高沢立生
装置:野村真紀
衣裳:髙井秀樹(stödja)

マニュエル・ルグリ、パトリック・ド・バナ
吉岡美佳、上野水香、西村真由美
松下裕次、氷室友、小笠原亮、宮本祐宜、岡崎隼也
高木綾、奈良春夏、川島麻実子
梅澤紘貴、青木淳一、井上良太、杉山優一、中村祐司
吉川留衣、河合眞里、矢島まい、渡辺理恵、河谷まりあ

|

« 【歴史ある街並と宿を訪ねて(2)】金剛輪寺の紅葉、瀬戸の唐橋、三井寺 | トップページ | 【バレエ】ルグリとギエムの15年ぶりの競演に感動《マニュエル・ルグリの新しき世界》Bプロ »

芸能・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74997/47479614

この記事へのトラックバック一覧です: 【バレエ】思わず引き込まれるルグリの「ザ・ピクチャー・オブ」《マニュエル・ルグリの新しき世界》Aプロ:

« 【歴史ある街並と宿を訪ねて(2)】金剛輪寺の紅葉、瀬戸の唐橋、三井寺 | トップページ | 【バレエ】ルグリとギエムの15年ぶりの競演に感動《マニュエル・ルグリの新しき世界》Bプロ »