« 【歴史ある街並と宿を訪ねて(5)】福井県の今庄宿と板取関所跡 | トップページ | 【バレエ】もっとテクニカルな振付けで見たかった・ポリーナの『シルヴィア』 »

2010/03/05

【バレエ】ついに観れたよ熊川哲也のアリ・Kバレエ『海賊』

 Kバレエの『海賊』を観るのは今回が3回目でした。初回は2007年。アリを踊るはずだった熊川哲也が札幌公演で前十字靭帯を損傷して降板、代役は橋本直樹、メドーラは吉田都でした。2回目は2008年。怪我から復帰した熊川のアリを観に行ったのですが、公演前の練習中に膝に違和感を感じて再度降板し、アリは遅沢佑介、メドーラは吉田都にキャスト変更となりました。そして今回が3度目の正直。どきどきしながら当日を待ちましたが、ついに熊川哲也のアリを観ることができました。よかった、よかった。
 熊哲のアリは、とにかくすばらしかったです。回転のスピートと安定性、技の切れ、どれをとっても抜群でした。さすがにジャンプ力は少し落ちたのかな〜などと観ていたら、見せ所では驚くほど高いジャンプを見せてくれました。膝の調子は良さそうですね。東洋っぽく見せるためにクネクネと体を動かしたりはせずに、きっちりと美しく正確に楷書で踊ってました。観客も熊哲のパフォーマンスに大興奮で、最後の方はジャンプのたびに拍手が起こってました。
 メドーラの浅川紫織は、以前に『ジゼル』のミルタなどを見たことがあり、神々しくも冷酷な踊りが印象に残っています。普通メドーラは、か弱くうるうるした感じが多いと思うのですが、浅川の場合ははきはきしていて、ちょっと気も強そうで、明るい現代っ子という感じでした。それはそれで悪くなかったですが……。そういう意味ではグルナーラの松岡梨絵の方がうるうると踊ってましたが、ぽん太の好みからいうと、ちょっと感情表現をしすぎか。パシャを嫌ってる風の芝居がきつすぎるように思いました。ランケデムの伊坂文月も切れのよい踊りで健闘。
 ちょっと疑問に思ったのは、カーテンコールで指揮者を舞台に呼び出すのが遅かったのと、拍手一回だけで指揮者がカーテンコールから消えてしまったこと。指揮者の体調の問題だったのかもしれませんが、ぽん太は指揮者を軽視してるような印象を受けました。ホントのところはどうなのでしょう?
 『海賊』は、アリのソロ(あるいはパ・ド・トロワ)はすばらしいけれど、全体の物語は面白くないというので有名です。メドーラを奪ったり奪われたりするのが多すぎてしつこいですよね。これまでの演出でも、なんとか面白くしようと、それぞれ苦労しているようです。熊川哲也の『海賊』では、メドーラとグルナーラの女の友情(熊哲版の設定では姉妹でしたっけ?)と、コンラッドとアリの男の友情がテーマとなっており、アリが身を挺してコンラッドをピストルから守るところが見せ場となっております。なるほど熊哲が踊るアリが、主人公というわけですね。この演出は、確かに筋が通っているのですが、ぽん太は実はあんまり好きではありません。
 『海賊』の初演時の演出、あるいはその後の演出の推移は、どうなっていたのでしょうか?ちょっとググってみると、初演時はなんとアリがいなかったとか。その後、アリが登場するようになったのですが、当初は役名がなくて「奴隷」だったとか。ヌレエフの踊りでアリのソロだけが有名になりましたが、初めて『海賊』の全幕を観た観客が、アリが主人公じゃなかったので、びっくり仰天したとか……。う〜ん、これは面白そうです。そのうちみちくさしてみます。
 というわけで、熊川哲也のテクニックは最高でしたが、演出はちょっと疑問というのが、ぽん太の感想でした。
 

Tetsuya Kumakawa K-BALLET COMPANY
2010年2月25日 Bunkamuraオーチャードホール
海賊  Le Corsaire

メドーラ Medora: 浅川紫織 Shiori Asakawa
コンラッド Conrad: スチュアート・キャシディ Stuart Cassidy
アリ Ali: 熊川哲也 Tetsuya Kumakawa
グルナーラ Gulnara: 松岡梨絵 Rie Matsuoka
ランケデム Lankedem: 伊坂文月 Fuzuki Isaka
ビルバント Birbanto: ビャンバ・バットボルド Byambaa Batbold

サイード パシャ Said Pasha: ルーク・ヘイドン Luke Heydon
ギリシャの少女達 Greek Girls :神戸里奈 Rina Kambe / 副智美 Satomi Soi / 浅野真由香 Mayuka Asano / 日向智子 Satoko Hinata / 井上とも美 Tomomi Inoue / 中村春奈 Haruna Nakamura / 松岡恵美 Emi Matsuoka / 中谷友香 Yuka Nakatani
海賊の男達 Male Pirates :西野隼人 Hayato Nishino ニコライ・ヴィユウジャーニン Nikolay Vyuzhanin / 浅田良和 Yoshikazu Asada / 荒井英之 Hideyuki Arai / 内村和真 Kazuma Uchimura / 合屋辰美 Tatsumi Goya / 長島裕輔 Yusuke Nagashima / 奥山真之介 Shinnosuke Okuyama

【第1幕2場(市場)ActⅠ Scene2(Market)】
物乞い Beggar: 湊まり恵 Marie Minato / 荒井英之 Hideyuki Arai

【第2幕1場(洞窟)ActⅡ Scene1 (Cave)】
パ・ド・トロワ Pas de Trois
  第1ヴァリエーション 1st Variation: 東野泰子 Yasuko Higashino
  第2ヴァリエーション 2nd Variation: 樋口ゆり Yuri Higuchi
  第3ヴァリエーション 3rd Variation: 白石あゆ美 Ayumi Shiraishi
鉄砲の踊り Gun Dance: 中島郁美 Ikumi Nakajima
並河会里 Eri Namikawa / 岩渕もも Momo Iwabuchi / 西野隼人 Hayato Nishino / ニコライ・ヴィユウジャーニン Nikolay Vyuzhanin

パシャの夢の中の娘たち / トルコ軍 / 市場の住人達 / 女奴隷達 / 金持ち達
Girls in Dream / Turkish army / Market dwellers / Female Slaves / Rich Peaple
K-BALLET COMPANY ARTISTS

●芸術監督 Artistic Director:熊川哲也 Tetsuya Kumakawa
●演出・再振付 Production / Additional Choreography:熊川哲也 Tetsuya Kumakawa
●原振付 Original Choreography:マリウス・プティパ Marius Petipa
●音楽 Music: アドルフ・アダンほか Adolphe Adam etc.
●台本改訂 Scenario: 熊川哲也 Tetsuya Kumakawa
●舞台美術・衣裳 Set and Costume Design:ヨランダ・ソナベンド Yolanda Sonnabend / レズリー・トラヴァース Leslie Travers
●照明 Lighting Design: 足立恒 Hisashi Adachi
●指揮 Conductor: 福田一雄 Kazuo Fukuda
●演奏:シアター オーケストラ トーキョー THEATER ORCHESTRA TOKYO

|

« 【歴史ある街並と宿を訪ねて(5)】福井県の今庄宿と板取関所跡 | トップページ | 【バレエ】もっとテクニカルな振付けで見たかった・ポリーナの『シルヴィア』 »

芸能・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74997/47669722

この記事へのトラックバック一覧です: 【バレエ】ついに観れたよ熊川哲也のアリ・Kバレエ『海賊』:

« 【歴史ある街並と宿を訪ねて(5)】福井県の今庄宿と板取関所跡 | トップページ | 【バレエ】もっとテクニカルな振付けで見たかった・ポリーナの『シルヴィア』 »