« 【バレエ】ついに観れたよ熊川哲也のアリ・Kバレエ『海賊』 | トップページ | 【バレエ】ウィリになっても血の通っているアナニアシヴィリの『ジゼル』・グルジア国立バレエ »

2010/03/07

【バレエ】もっとテクニカルな振付けで見たかった・ポリーナの『シルヴィア』

 ポリーナちゃんが踊るというので『シルヴィア』を観てきました。こちらが NBSの公式サイトです。
 背が高くて足はすらりと伸び、引き締まったボディで胸が大きのポリーナが踊るシルヴィアは、まるでワルキューレのようなドリーブの音楽もあいまって、なんとも勇ましいかぎりです。一方で第二幕でオリオンを酔わせようとしておどる踊りは、とても誘惑的で色気がありました。そして三幕では、愛するアミンタと結ばれる喜びにきらきらと輝いていました。いや〜よかったです。でも『シルヴィア』って、思わずをゝっと言うようなジャンプや回転がないですよね。ポリーナの身体能力が十分発揮されておらず、ちょっともったいない気がしました。
 アミンタのマルセロ・ゴメスは、初めて見ました。野性味あふれるダンサーでなかなかよかったですが、アミンタって「若い羊飼い」ですよね。羊飼いにしては筋肉隆々ですね。
 東京バレエ団では、高岸直樹のオリオンは、さすがに大きくて力強い踊りでゴメスに負けておりませんでした。後藤晴雄のエロスは、マントをかぶってのコミカルな動きはおもしろかったですが、ちょっと踊りにキレがないというか、重たい感じがしました。高木綾のディアナとともに、神々しさに少し欠けていた気がします。『シルヴィア』は東京バレエ団では初演とのこと。第三幕の神々の踊りなど、まだちょっと踊りこんでない感じがしました。まあ、ポリーナと比べては気の毒かもしれませんが……。
 ドリーブの音楽は、ホントにいいですね。東京ニューシティー管弦楽団は頑張ってましたが、いかんせんホルンの音程が不安定なのが、『シルヴィア』では気になりました。
 ということでなかなか楽しめた公演でしたが、飛ぶ鳥落とすポリーナには、この振り付けでは力が出し切れなかったか?


東京バレエ団創立45周年記念公演X
東京バレエ団初演
「シルヴィア」(全3幕)
2010年2月28日 東京文化会館

振付:フレデリック・アシュトン
復元:クリストファー・ニュートン
音楽:レオ・ドリーブ
振付指導:クリストファー・ニュートン、アンナ・デリシア・トレヴィエン

シルヴィア(ディアナのニンフ):ポリーナ・セミオノワ
アミンタ(羊飼い):マルセロ・ゴメス
オリオン(邪悪な狩人):高岸直樹
エロス(愛の神): 後藤晴雄 
ディアナ(狩り、純潔の女神):高木綾

【第1幕】
シルヴィアのお付き:乾友子、高木綾、奈良春夏、吉川留衣、矢島まい、渡辺理恵、川島麻実子、加茂雅子

【第2幕】
オリオンの女官:吉川留衣、河谷まりあ
奴隷:高橋竜太、岡崎隼也

【第3幕】
山羊:河合眞里-松下裕次
シルヴィアのお付き:乾友子、奈良春夏、矢島まい、渡辺理恵、川島麻実子、加茂雅子、小川ふみ、二階堂由依
ケレスとイアセイオン:吉川留衣-梅澤紘貴
ペルセフォネとプルート:佐伯知香-平野玲
テレプシコールとアポロ:小出領子-長瀬直義

指揮: ベンジャミン・ポープ
演奏: 東京ニューシティ管弦楽団

|

« 【バレエ】ついに観れたよ熊川哲也のアリ・Kバレエ『海賊』 | トップページ | 【バレエ】ウィリになっても血の通っているアナニアシヴィリの『ジゼル』・グルジア国立バレエ »

芸能・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74997/47688605

この記事へのトラックバック一覧です: 【バレエ】もっとテクニカルな振付けで見たかった・ポリーナの『シルヴィア』:

« 【バレエ】ついに観れたよ熊川哲也のアリ・Kバレエ『海賊』 | トップページ | 【バレエ】ウィリになっても血の通っているアナニアシヴィリの『ジゼル』・グルジア国立バレエ »