« 【バレエ】後藤晴雄、入魂の由良之助「ザ・カブキ」東京バレエ団 | トップページ | 【東北秘湯紀行(2)】レトロな温泉街が魅力 温湯温泉飯塚旅館(★★★★) »

2010/05/01

【東北秘湯紀行(1)】温泉街の裏手に隠れた秘湯/塩原温泉元湯ゑびすや(★★★★★)

Img_0098 3月下旬、ぽん太とにゃん子は、東北の秘湯を訪ねて旅に出ました。初日に泊まったのは、栃木県は塩原温泉の「元湯ゑびすや」です。こちらが公式サイトです。秘湯好きのぽん太とにゃん子、関東地方の秘湯はだいたい行き尽くしたんじゃないかと思っていたのですが、こんなすばらしい秘湯が残っておりました。う〜ん、温泉の世界はまだまだ奥深い。
 走り慣れた塩原の温泉街を通り過ぎ、日塩もみじラインに入らずにさらに国道400号を直進します。左に折れてうねうねした山道を登って行くと、やがて小さな温泉街が見えて来ます。えびすやの建物はひなびた雰囲気で、やけに多い看板が妖しげな雰囲気を醸し出しています。
 開湯は平安初期。江戸時代にはたくさんの宿が軒を連ねてにぎわっていたそうですが、万治2年(1659年)の地震で埋まってしまったそうです。
Img_0077 温泉は、混浴と、女性専用の二つの浴室があります。写真は混浴風呂。秘湯ムード満点です。二つの浴槽には別々の泉質のお湯がそそがれています。向かって左は「梶原の湯」。泉温39.7度とややぬるめで、白濁して白い湯の花が舞い、硫黄臭があって、炭酸味がします。泉質は含硫黄-ナトリウム・カルシウム-炭酸水素塩・塩化物温泉。なんでも塩原温泉最古の源泉なのだそうです。「梶原の湯」という名前の由来ですが、宿の公式サイトによれば、文治2年(1186年)に梶原景時・影季が那須与一の兄たちを討とうとしたおり、受けた傷を癒すために入浴したのだそうです。
 ただこの戦い、ググッてみたのですが見つかりません。那須与一が平家の掲げた扇を矢で射抜き、義経が平家を滅亡させた 壇ノ浦の戦いが元暦2年/寿永4年(1185年)で、その後頼朝に追われた義経が奥州平泉に潜伏。義経をかくまった奥州藤原氏を、頼朝が成敗に乗り出した 奥州合戦は文治5年(1189年)で、この戦に梶原景時・景季は加わったようですが、その間に何があったかよくわかりません。それに那須与一って、源氏方ではなかったっけ?
 もちっとググッてみたらありました。 こちらの「高館城 埋もれた古城」をご覧下さい。塩原温泉の西の大田原市に、かつて高館城(たかだてじょう)というお城がありました。この城は、那須与一のお父さんの資隆が築いたと言われているそうです。源平合戦では、那須与一は源氏方に付きましたが、兄弟11人のうち9人は平氏の味方をしたそうです。そこで文治2年(1186年)2月、頼朝の命を受けて梶原景時らが高館城に攻め寄せ、5月に落城したのだそうです。ただし、この話しの出所は定かではありません。地元に伝わる伝承のひとつかもしれません。
Img_0081 ゴホン、話しが脇道にそれました。さて、こちらは向かって右の浴槽の「弘法の湯」。こちらは源泉温度52度とちょっと熱め。白濁していて硫黄臭があり、苦いです。泉質は含硫黄-ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩温泉。注ぎ口の下の温泉成分の結晶が見事です。そんなことより、この源泉は間欠泉になっており、数分おきにお湯が噴き出します。間欠泉については以前にちとみちくさしたことがあり( 【読書】田山花袋の『温泉めぐり』を読む(2007/08/08))、また 宮城県鬼首の吹上温泉の間欠泉や、 諏訪湖間欠泉を訪れたことはあります。しかし、こんなところに間欠泉があったとは知りませんでした。いいものが見れてよかった。
P3220016 こちらはにゃん子撮影の女性専用風呂。こちらも古風で趣きがあります。
Img_0089 浴室の前には、真新しい飲泉所があります。梶原の湯は胃腸にいいそうです。
Img_0091 こちらは夕食。正しい山里のお料理で、豪華さはありませんが、品数も多く、地元の素材が生かされ、まごころがこもっています。山菜もおいしく、猪鍋もくさみがありません。湯葉料理が多いのは、日光が近いせいか。栃木産コシヒカリの御飯も、ふっくらしてとてもおいしかったです。
P3220014 朝食です。温泉粥が疲れた胃袋にうれしいです。朝食も品数が多く、ひとつひとつ味わい深いです。
 大温泉街塩原の裏手に、こんなすばらしい宿が隠れていたなんて!秘湯の味わいがすばらしく、ぽん太の評価は文句なしの5点満点です。

|

« 【バレエ】後藤晴雄、入魂の由良之助「ザ・カブキ」東京バレエ団 | トップページ | 【東北秘湯紀行(2)】レトロな温泉街が魅力 温湯温泉飯塚旅館(★★★★) »

旅・宿・温泉」カテゴリの記事

コメント

ちびさくらさん、コメントありがとうございます。
ぽん太は、つげ義春的な秘湯が大好きです。ゑびすやさんには、ホントに感動しました。婦人風呂はリニューアルしてあるんですか。ぽん太は直接見てないので……
また遊びに来て下さい。

投稿: ぽん太 | 2010/05/12 14:18

はしめまして、ちびさくらと申します。
えびすやのお風呂、素晴らしいですよね。
一度、宿泊したいのですが我が家はいつもペット連れなので日帰りで何度か伺っております。
婦人風呂は確か数年前リニューアルしてると思いますよ・・・

ぽん太さんとは温泉の趣味がかなり近く思います。
またお邪魔させて頂きます。

投稿: ちびさくら | 2010/05/10 22:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【東北秘湯紀行(1)】温泉街の裏手に隠れた秘湯/塩原温泉元湯ゑびすや(★★★★★):

« 【バレエ】後藤晴雄、入魂の由良之助「ザ・カブキ」東京バレエ団 | トップページ | 【東北秘湯紀行(2)】レトロな温泉街が魅力 温湯温泉飯塚旅館(★★★★) »