« 【歌舞伎】時蔵の八重垣姫、一巴太夫の常磐津、菊五郎の髪結新三 2010年5月大阪松竹座夜の部 | トップページ | 【サーカス】アクロバットと「変面」がよかったな〜 『雑技王・中国雑技団』 »

2010/05/30

【歌舞伎】菊之助の玉手御前、藤十郎の義経 2010年5月大阪松竹座昼の部

 昨夜は大阪の夜を満喫し、本日は昼の部。公式サイトの公演案内はこちらです。
 まずは「摂州合邦辻」。継母が継子に恋慕するという話しですが、「もどり」のオチがついていて、実は継母玉手御前が継子俊徳丸を守るため、我が身を犠牲にして演じていたはかりごとであった、という結末です。
 継母が継子を愛するという物語は、世の東西を問わず見かけるモチーフで、ぽん太も以前、エウリピデスの『ヒッポリュトス』・セネカの『パエドラ』・ラシーヌの『フェードル』についてはこちら、『今昔物語』については こちらに書いたことがあります。
 さらに日本では、能の『弱法師』、説教節の『しんとく丸』などの系譜があり、「摂州合邦辻」はこれらを踏まえております。そういう意味では、「オチ」の部分が「摂州合邦辻」の目新しさになるのでしょうけれど、ぽん太はこの「オチ」の部分は理屈っぽくて嫌いです。あくまでも前半の、継母の継子に対する狂わしいまでの恋慕、猟奇的な色気を堪能したいところです。
 そういうぽん太の好みからすると、菊之助の玉手御前はとてもよかったです。初め両親は世間への義理から玉手御前と決して会おうとしませんでしたが、子を思う情に堪えきれずについに家に入れます。ああそれなのに玉手御前は、俊徳丸への狂おしい恋心を語るばかりで、両親の言葉を尽くしての説得に耳を貸しません。ぞくっとするような美しさと、ある種の冷酷さを持つ菊之助の玉手御前は、女性の性が持つ一面を、まるで怨霊のような恐ろしさで描き出しました。
 時蔵の俊徳丸、三津五郎の合邦道心、東蔵の女房おとくもよかったです。
 ついで「勧進帳」。團十郎の弁慶、菊五郎の富樫は観たことありますが、義経の藤十郎は初めて。さすがご当地大阪、藤十郎の花道の出では、ひときわ大きな拍手が起りました。いつもながら文楽人形のカシラのように、情動を安易に表情に出さずに内面化した演技で、判官御手なども実に高貴で格調高かったです。
 最後は「河内山」。三津五郎の河内山宗俊でしたが、三津五郎の品の良さ、温厚さ、繊細さが出てしまって、宗春独特の大きさ、豪快さ、バカっぽさが見られず、ちと迫力不足でした。


大阪松竹座
團菊祭五月大歌舞伎
平成22年 5月 昼の部

一、摂州合邦辻(せっしゅうがっぽうがつじ)
  合邦庵室の場
            玉手御前  菊之助
             俊徳丸  時 蔵
             浅香姫  梅 枝
             奴入平  團 蔵
            母おとく  東 蔵
            合邦道心  三津五郎

二、歌舞伎十八番の内 勧進帳(かんじんちょう)
           武蔵坊弁慶  團十郎
           富樫左衛門  菊五郎
            亀井六郎  家 橘
            片岡八郎  権十郎
            駿河次郎  高麗蔵
           常陸坊海尊  秀 調
             源義経  藤十郎
三、天衣紛上野初花
  河内山(こうちやま)
           河内山宗俊  三津五郎
           松江出雲守  錦之助
            宮崎数馬  巳之助
            腰元浪路  右 近
            北村大膳  團 蔵
          高木小左衛門  東 蔵

|

« 【歌舞伎】時蔵の八重垣姫、一巴太夫の常磐津、菊五郎の髪結新三 2010年5月大阪松竹座夜の部 | トップページ | 【サーカス】アクロバットと「変面」がよかったな〜 『雑技王・中国雑技団』 »

芸能・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74997/48480936

この記事へのトラックバック一覧です: 【歌舞伎】菊之助の玉手御前、藤十郎の義経 2010年5月大阪松竹座昼の部:

» [舞台観たり]團菊祭五月大歌舞伎 昼の部@大阪松竹座 [楽園は心の中にある]
「摂州合邦辻」合邦庵室の場:玉手御前/菊之助、俊徳丸/時蔵、浅香姫/梅枝、奴入平/團蔵、母おとく/東蔵、合邦道心/三津五郎 歌舞伎十八番の内「勧進帳」:武蔵坊弁慶/團十郎、富樫左衛門/菊五郎、亀井六郎/家橘、片岡八郎/権十郎、駿河次郎/高麗蔵、常陸坊海尊/秀調、源義... [続きを読む]

受信: 2010/05/30 21:49

« 【歌舞伎】時蔵の八重垣姫、一巴太夫の常磐津、菊五郎の髪結新三 2010年5月大阪松竹座夜の部 | トップページ | 【サーカス】アクロバットと「変面」がよかったな〜 『雑技王・中国雑技団』 »